TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


京楽焼「五柳」万年青鉢                 No.347
b0034163_128411.jpg

b0034163_1282245.jpg

◆2010年6月、。    京楽焼鉢「五柳寿運鉢」

京楽焼鉢「五柳」花鳥図万年青鉢、。
実物を目にすることも写真で見ることさえも叶わないほど貴重な「五柳、」(五柳寿運)のサイン入り楽焼鉢です、。
万年青雑誌などでよく知られている万年青界に存在する「五柳寿運サイン入り鉢」と共に有名な、東洋蘭界に存在する「五柳寿運サイン入り万年青鉢」です、。
風来記が「ごりゅう」を「五柳」と書くことの根拠になっている鉢であることは、今さら説明の必要もないくらい風来記常連の皆さんはよくご存知のことです、。

この「五柳鉢」をご紹介する流れで、江戸時代から明治期の楽焼鉢の流れの整理をしておきたかったのですが、今しばらくの時間を頂きます、。明治期は「小万年青」の流行と共に楽焼鉢のデザインが激しく変化した時期であり、また、京都・瀬戸尾張・東京での楽焼鉢のデザインに特徴的な変化が起きた時期でもあります、。

風来記では今まで「楽焼鉢の製作年代」に関しては、用心深く、古く言い過ぎないように、と心がけて記事を書いてきましたが、明治期の鉢の見直しの必要が出てきたのと、それに伴って、「京楽焼植木鉢」の時代的な全体像も少しずつ判明して来ましたので、今しばらくの時間を頂いた後に記事を書きたいと思います、。

「楽焼鉢の製作年代」に関してのエビアンが犯した大きな過ちは、「時間の流れの速度が、現代と江戸や明治時代や昭和の初め頃までとは大きく違った」事に考えが及ばなかった点にあります、。
現代は例えばデジカメや携帯電話機が1年に2度もモデルチェンジされるほどにデザインの流行の移り変わりが激しく、今出版される本に載っているデザインは極く最近のモデルなのです、。エビアンは何となく、それと同じように「楽焼鉢のデザイン」も出版物掲載年と製作年との間に大きな時間差は無いような考えを持って見てしまっていた、という過ちを犯してしまっていたようです、。
明治18年出版の本に掲載のデザインは、古くても明治初期(明治元年~明治15年)に一般に使用されていた楽焼鉢だと考えたのですが、どうもそうではなく、江戸後期(1800年~1868年、幕末を含む、)に使用された楽焼鉢も含まれる、という事に極く最近になって気付いたのです、。
そうとなれば、今までエビアンの頭の中にあった「時代による楽焼鉢のデザインの変化地図、」を書き直さなければならなくなります、。そこんとこの変化に頭を合わせて考え直すのには時間が必要、という事になったのです、。証拠の書籍や楽鉢を見直さなければなりません、。

「五柳落款」に関しては、この鉢の場合、「鉢内側に白丸印」があり、「鉢裏側に芳虎斎・五柳寿運のサイン」があり、更に「五」と「柳」の押し印があります、。風来記では、鉢内側の白丸を「マーク」と呼び、五柳寿運の手書き名前を「サイン」と呼び、「五と柳の押し印」を「落款」として来ました、。しかし、これは(この鉢の場合は)例外的に多くの「印」があるからで、普通には(他の一般的な鉢の場合には)どれも全部「落款」と呼ばれるべきものです、。この鉢の場合、3つも印があるので、便宜的に言葉を使い分けただけです、。一応、申し添えます、。
                                      (花岡昭治氏所蔵鉢)

b0034163_1651232.jpg

b0034163_19555287.jpg

by evian_th | 2010-05-30 01:28 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 中国奥地蘭「豆弁蘭兜円弁花」 ... 中国春蘭「桂円梅」      ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.