TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


東洋蘭「手島揫二落款入り六角鉢」①         No.365
b0034163_051192.jpg

b0034163_0511442.jpg

b0034163_0512670.jpg

b0034163_0513824.jpg

◆2010年11月1日、。     東洋蘭「手島揫二落款入り六角鉢」その①
                                            (所蔵:西口郁夫氏)

東京の京楽焼鉢「手島揫二の六角鉢」です、。
楽焼鉢にしては珍しく「落款」があります、。「手島揫二」の落款としては・・・
1、ここにご紹介した「丸の中に”てじま”」の鉢、。
2、丸が無くて「てじま」のみの鉢、。(エビアンは未見)
3、楕円の中に「手島」と漢字落款の鉢、。
・・・があります、。
今回ご紹介した3点の鉢に使用された落款は同一品だと思います、。

現在では、この形の鉢は「富貴蘭鉢」だと考えられているようですが、①と③の鉢に見られる”時代乗り”はどう見ても「土と植物とを入れて施肥潅水」をしないと出ないものなので、大正時代~昭和初期の頃に「何を植えるために作られた鉢なのかは不明です、。「楽焼六角鉢」は手島窯でしか作られなかった様子なので、その頃の東京で流行った園芸植物用だったと思います、。いずれにしても、名器・名鉢です、。
①の足は「鬼面足 」、②と③との足は「猫足」です、。①は心持ち鉢の厚みが薄く軽く、②と③とはずっしりと重みがあります、。絵柄は何れも「波千鳥」なので、一度にご紹介しました、。

現在この「手島六角鉢」は、富貴蘭界と春蘭界とで、ここにご紹介した3点の他に、存在が知られているところで3~4点、その他に知られずに眠っている鉢が2~3点在るとしても、合計10点程度が現存するものと思われます、。(愛媛県に1点、九州に2点あったようですが、現在もあるかは不明)、。「五柳鉢」でさえ50~60点が現存することと比較しても、非常に貴重な鉢だと言えます、。

鉢の釉薬の色目がそれぞれ違うように見えますが、エビアン自身は実物を見た訳ではありませんので、adobeの自動修正のせいです、。。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
①の鉢の落款には「朱肉」が付いているように見えます、。家にある三文印を使ったんだろうか、と思いを巡らしています、^^、。

今秋の展示会情報は、下スレNo.364にあります、。
by evian_th | 2010-10-31 00:52 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 東洋蘭「手島揫二落款入り六角鉢... 中国奥地蘭朶朶香「天平白蘭」 ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.