TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


京楽焼「佐々木松楽窯雲龍図万年青鉢」             No.559
b0034163_22120785.jpg
b0034163_22121592.jpg
b0034163_22122471.jpg
◆2016年4月、。   京楽焼「青海波に雲龍図佐々木松楽窯万年青鉢」


さて、気候温暖な春4月に入りました、。

今月の「万年青鉢」は、先月の「蘭鉢」と同じ所有者さんの鉢です、。
先月の鉢は、こう言うと何だけど、少し見劣りのする鉢でしたが、今月の鉢は絢爛にして豪華な絵付けが施された飾り鉢です、。
つまり、「鉢数寄旦那」であろうとすれば、商人が持って来る鉢を「これは要るがこれは要らない、」と言っていると商人が良い鉢を持って来なくなる、。「そうかそうか」と全部受けてやれるだけの資金力と気持ちの余裕が必要な訳です、。そうすれば、三度に一度くらいは「これは、」という良い鉢も集まろうというものです、。これが、日本中でも鉢数寄者がほんの数えられる程度しか居ない理由です、。半端に鉢が見えると駄目で、何も分からないふりして全部買い受ける度量が必要になるのです、。(だからエビアンには鉢が集まらない、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。)


「京楽焼佐々木松楽窯青海波に雲龍図万年青鉢」、。

「金」(きん)をふんだんに使った豪華な絵付けですね、。このスレッド下方に掲載の鉢も同じ窯元の似た絵付け鉢です、。腰部分に段替わりの横線が入っている所くらいの違い、。
雲は丁寧な縁取りを施した「瑞雲」、青海波の描き方は佐々木窯の特徴を表しています、。龍は右向き、。佐々木窯が「龍の置物の製作」から始まった事を象徴するような見事な「龍図」です、。
言う事無し、。明治時代後期の製作、。口径14cm,高さ16.5cm、。(新倉善秀氏所蔵)




こちらの鉢は、現在の所有者不明です、。
b0034163_22123236.jpg




北関東中国奥地蘭愛好会主催「九華を鑑賞する会」
時:2016年4月29日・10時~15時
所:埼玉県  熊谷市緑化センター展示室





by evian_th | 2016-04-01 00:03 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 京楽長生蘭鉢         ... 春季展示会2016 ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.