TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


◆中国春蘭素心「老文団素」と「富岡素」、。   No.163
b0034163_2352588.jpg

◆2008年4月、。「老文団素」と「富岡素」、。
今回の中国蘭ブームは”中国での人気のコピー”だったので、”濃い品種”が人気で、「素心」は置いてけぼりを食った格好でした、。が、ごく一部の人の中には中国春蘭の本格派も居て、自分好みの「素心」を集めている様子でした、。「富岡素」は判別が難しい品種なのと数が少ないのとで、そういう人たちが探している蘭です、。
「老文団素」の方は、前回よりは偽物が少ないようですが、「老文団素」そのものの売買が少なく、欲しい人が出れば偽物も出てくるのでしょう、。この品種は偽物を売るつもりではなくて、所有者本人に見る目がなくて、自分の「老文団素」こそは本物だ、と信じているのが一般的です、。
-------------------------------
◆両種は非常に似ています、。
葉姿・葉性では見分けは困難です、。中幅、照りのある濃緑の中垂葉またはユッタリとした環垂れ葉、長さの割に幅を引かない部類の蘭です、。強いて違いを探すとすると、「富岡素」の方が襟組み正しく立ち上がり涼しく、「老文団素」は作りによって新木が立つなど多少荒れます、。古木の葉先が傷みますが、他の蘭と比べて特に葉傷みし易いと言うほどではありません、。
根の状態や性質も似ています、。
-------------------------------
◆花は、「老文団素」は(よく言われるように)弁先に剃刀で削いだような鋭さ、角度があるのに比べて、「富岡素」には”副弁上方に、なで肩”のような優しさがあります、。(画像、矢印部分に角張りが有るか無いかの違いです、。花弁下方は両種とも角張ります、)、。ここが一番の違いですが、両種共、お互いに似たような咲き方をすることも多く、一株に5~6花咲いた時の平均値というか、一番元気の良い花でのことです、。
上の画像は、なるべく両種の特徴が出た花を選びました、。老文団素は開花後2週間経過、富岡素の方は開花後3週間程度経過しています、。(咲き上がりを待って撮影しました、)、。
-------------------------------
◆「宋梅」などは色んな花形に咲いても「宋梅」という品種名を見間違うことは無いものですが、この両種は花によっては品種名さえ分からないほど違って咲きます、。
-------------------------------
◆「老文団素」は凛としたところのある男性的な蘭(若武者ではなく古武士の風格を有する蘭)で、それに対して「富岡素」は気品のある優しさを感じる女性的な蘭(モナリザのような)です、。
上画像の2種とも、まだ最上木に咲いた花ではなく(途中粗末にした期間が長く、手間取ってます、)、花弁の幅はもっと広くなります、。
-------------------------------
昨夜はTV見ながら、これ書き始めたので、文章になってなくて、すみません、。まとまってないね、。
◆中国春蘭もここまで来ると、興味のある人は少ないし、理解できる人となると、もっと少ないと思いますが、一度は書いておかないとね、。
by evian_th | 2008-04-16 00:28
<< ◆中国春蘭一花梅弁「西神梅」、... ◆フランス国で出版の風来記東洋... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.