TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


◆「東洋蘭風来記・6」                 No.195
b0034163_0222098.jpg

これは、「自然と野生ラン」誌に2003年11月号から2004年10月号まで連載した「東洋蘭風来記」です、。連続12回掲載します、。挿入画像もなるべく同じ品種のものを使用します、。
-------------------------------------------------------------
◆東洋蘭風来記 6
平成中国春蘭人気の傾向


 東洋蘭は今や日本、中国、韓国、台湾の東アジア圏共通の趣味にまで発展しており、そのための交流も盛んに行われ、共通した園芸文化圏を形成していると言える段階にまで発達しています。
 その事の結果として、中国や韓国で需要のある蘭が日本市場から買い上げられたり、価格が高くなったりすることが当然起こります。最近の傾向として、一茎九花がそうであったように、中国人の欲しがる品種が国内でも人気を呼び、高値をつけるようです。

 昭和30年代から40年代へかけての中国春蘭ブームは、東京オリンピックや万国博覧会の前後の時期で、日本が高度経済成長に入った時期とも重なり、金銭的にも精神的にも余裕が生まれ、東洋蘭界全般に亘って高値と人気を呼びました。
 人気を後押しするように、永野芳夫(ペンネーム・笹山三次)さんや黒崎陽人さんが東洋蘭界にとって画期的とも言える解説書籍を発刊され、これを読んだ読者が東洋蘭、とくに中国春蘭や寒蘭の分野へ自主的に参加し始めたのです。
 また、クレイボールという焼赤玉土が発売されたのも東京オリンピックの頃です。この出現によって春蘭の栽培技術は飛躍的に向上し、作り易い園芸植物になったのです。それ以前は生の赤玉土、鹿沼土、桐生砂の混合土で作っていたのですから、今から思い返せばずいぶん作り難い植物でした。ブームの時にはこのように様々の好材料、好条件が出てくるものだと痛感します。

昭和人気と平成人気
 たいへんなブームではありましたが、書物に教えてもらっただけのブームですから、本に「良い」と書いてある品種だけが高値を呼び、人気が高いという、じつに分かり易いブームでもありました。具体的に記すと「中国春蘭四天王」である「宋梅」、「老十円」、「万字」、「竜字」を中心とし、その周辺と特に素心の分野の「老文団素」、「楊氏素」、「蔡仙素」など、ブームの終盤には正体のはっきりしない「雪蓮」、「月佩素」などが人気を呼びました。この素心の分野の人気が、今回の人気上昇から取り残されているという明確な違いを示しています。
 それはこの数年間、一茎九花を中国が買い入れた時に、赤茎九花のみを欲しがり、ついで緑茎と続き、素心にはまったく興味を示さなかったことの影響が一茎一花にも及んでいるからだと思われます。

今回の人気品
 その随一は「端秀荷」です。前のブームには存在しなかった品種で、私が初めてこの蘭を目にしたのは昭和50年頃、東京世田谷の故・黄業乾氏の棚でした。直径30センチもある大鉢(尺鉢という)に10センチばかりの3本立ちを見ましたが、おそらく現存するのはこの株の増殖品だと思われ、その後、富山県の栽培者のもとで殖えたものが、10年ほど前に東京の大手通販業者の手で20~30株(50本程度)販売されたものです。「寰球荷鼎」ほどの立葉ですが、葉緑はそれよりも薄く、艶がない厚葉。花も似ますが、もっと緑色の梅形荷花弁花です。
「端秀荷」につぐのが「大富荷」でしょう。ゆったりとした美しい半垂れ中型の葉姿に独特の淡緑色の花をつけ、空間が少なく完成度高い悩ましい一品です。現在、商人やマニアの間でとくに人気の高いのがこの2品種ですが、これに続くのは、梅弁では「賀神梅」、「万字」、「緑英」、「天緑」、「翠桃」、「逸品」。水仙弁では「竜字」。荷花弁では「憲荷」。奇種は「素蝶」、「簪蝶」。素心では強いてあげるなら兜のある「蔡仙素」くらいでしょう。
「賀神梅」は昭和60年前後に韓国が中国春蘭を買ったときには韓国人の好みに合わないという理由で見送られた品種ですが、今回、中国と日本国内でたいへんな人気を呼んでいるものです。「万字」、「緑英」、「竜字」は時代と国境を越えて、春蘭愛好家に普遍的に好まれる花。「憲荷」は新芽に紺覆輪をかけ、花にも紫色の覆輪を現わすもの。「天緑」は出回っているものの大部分は「宜春仙」ですが、本物は丈40センチに達する広葉平葉の大葉に翠緑色長円弁の可愛い花を咲かせます。
 今回の人気上昇は、はっきりとした品種面での片寄りが見られますが、国内に多すぎるものや、見飽きたもの、台湾で大量栽培されている品種などは見送られている傾向があります。(2004年4月号)
by evian_th | 2008-07-08 00:27 | 東洋蘭(春蘭)
<< ◆「東洋蘭風来記・7」    ... ◆「東洋蘭風来記・5」    ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.