TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


カテゴリ:東洋蘭(春蘭)( 54 )
金閣宝                              No.582
d0103457_00115770.jpg

◆2017年4月14日、。   東洋蘭界の頂点に君臨し続ける柄物


 いつの時代、どの分野であれ、東洋蘭の大ブームが起こる時には必ず 人気をリードする品種というものがあるものです。

 昭和50年代に起こった日本春蘭紅花ブームの終盤頃、昭和 60年代初めに『玉殿の松』ブームが起き、それに続いて「無名縞物ブー ム」が、更に引っ張られる形で「黄色中透け物ブーム」が起きました。
 日本の春蘭界では歴史上初めての「縞物ブーム」だった訳です。この
縞物ブームを絶えずリードして来た品種が『金閣宝』なのです。言葉を 換えて言うなら、日本春蘭花物ブームをリードしたのが『女雛』『山ノ 端』『秩父錦』であったように、日本での黄中透けブーム・韓国中透け ブームは、結局のところ『金閣宝』ブームであるとも言える訳です。
d0103457_00121396.jpg

出自

 採取は昭和57年頃、採取地は新潟県ということになっています が、来歴には多少の謎の部分があります。山出し当時は棒縞のチョイ柄 だったとか、4本立の1本に見事な黄色を現わしていたとか、ともかく 新潟県の蘭商・石綿一二三氏によって買い出された時には、4鉢だった といいます。内2鉢を四国の蘭商・平見和士氏に売却し、平見氏は九州 宮崎の川田芳雄氏と福井のK氏に納め、石綿氏の手元に残った2鉢は、 東京に納められました。私の手元に残る当時の業界誌の表紙を飾った川 田さんの『金閣宝』と東京のKさんに納まった『金閣宝』の写真とは、 どう見ても別の蘭のように見えます。川田さんの分は、紺覆輪が深い白 黄色中透けで力感あふれる半垂れ葉、他方は斑色は濃い黄色で照り葉の 横広がり半垂れ葉ですが、紺覆輪は浅い物でした。なぜ、棚割り当時に 別々に見える2種類が存在したのかは“謎”です。石綿氏亡き今となっ ては知る人もなく暗の中です。
d0103457_00121396.jpg

命名の由来

 この蘭は当初、石綿さんによって「金閣」と命名されていて、寿楽 園・平見さんの手で宮崎の川田さんに納められ、これを一目見た川田芳 雄氏は非常に気に入って、名前の「金閣」に「宝」を一字足して「金閣 宝」にしたいと思うがどうか、と石綿氏に問い合わせ、了解を得て日本 春蘭『金閣宝』の誕生となったのです。当時は寒蘭の柄物ブーム時でも あり、寒蘭柄物の『国宝』は日本春蘭柄物最高級品だった『国宝』から 名前を借りて命名したので、今回は川田さん命名の寒蘭柄物の『金閣 宝』という名前を春蘭に付けたい、という意向であったようです。
d0103457_00121396.jpg

性質

 信用のおける筋から種木を購入すれば問題はないと思われますが、 『金閣宝』の小さい時には、紺覆は色薄く、浅くかかるし、斑色は白っ ちゃけた白黄色だし、とても銘品に見えない程、貧相なものでありがち です。
 性質は柄物中でも上位クラスの丈夫な蘭ですし、小さな種木からでも 年々スクスクと作上がりに来ますので、大金を出せる人は別にして、 5~10万円で十分に作れる木が入手できます。3~5センチくら いの小さな木の時に、斑色は黄色濃く、紺覆輪が深々と入って、見るか らに銘品ぽく見えるようなら、心配なことです。小さいまま作上がりに 来ないようなら、品種を疑ってみる必要があるかもしれません。
d0103457_00121396.jpg

作る

 種木の作り方の要点は1つだけです。根数に比べて小さめの楽鉢に、 鉢底の目止め上の土は、上部まで山野草用の極細粒土の単品で植える か、水抜けが悪い土なら春蘭用表土小(直径5ミリ)との半々混合土 で、下から上まで植える事です。“コツ”があるとすれば「植え込み」 この一点のみでしょう。1バルブあたりの根数が少なく、新木の根下ろ しが悪いのでこの点を補い、普通に作っても上作するように植込用土で 加減する訳です。上木になり、葉長20センチ、6枚葉を繰り出す ようになれば、多少、大きめの用土を用いて徒長を防ぐ必要も出てきま すが、それまでは思い切って細粒で植込される事をお勧めします。その 際、表土に1層だけ薄く水苔を乗せておけば、細粒土植えによる 過乾燥と表土の暴れを防ぐことができます。
d0103457_00121396.jpg

美術株作りと繁殖

 葉丈10センチを超え、15センチくらいの中上木になると 「奴芽」(双子芽)や後木と前木とに芽が出る「後前」(うしろまえ) に芽を出したがるのも『金閣宝』の特徴です。2つの芽当たりを出し て、作者の欲心を計りに来たり、惑わせたりしますが、前述した通り、 根数の少ない蘭ですから、3~4本立の『金閣宝』に2本の芽を作上が りに育てるスタミナはありません。後前に来た時には当然ながら、迷わ ず後木を欠き、前奴(双子)に来た時には、根拠もありませんが、経験 上、新木に向かって左側の芽を残して右を欠いたほうが良くできます。 これを惜しいからと、芽欠きせず両方伸ばすと、7月中くらいは普通に 育っているように見えても、8月中旬には急に勢いが落ち、無惨な作下 がりになるのは必定です。
 
元気の良い中上木3本立ち以上になと、7月中には今年の新芽に押し 子(秋子)をかなりの確率で出してきます。これは、このままで育て、 翌年3には鉢を空けて、この押し子を外すようにします。この時、下り に根が居れば、別植えとし、押し子に根が無ければ惜しいのですが、切 除し捨ててください。
 これをせずに、押し子を付けたままで次年の作を掛けると、昨年の押 し子は根が無いために作下りになる上に、今年芽も育て難く、鉢全体と しては、みすぼらしい株に成り下がってしまいます。『金閣宝』は1年 に1本の芽だけを育て、繁殖は古木の1~2本を外してのバック吹きの みで行うと心に決めておくのが、前木に絶えず美術株を所有しておれる コツです。
ランも一流一級品ですが、この木は作者の蘭に対する姿勢を 問いかけて来るランでもあります。
d0103457_00121396.jpg

置き場と管理

 ひとバルブあたりの根数が少なく、新木の根下ろしが悪い、という一 点の特徴のほかは、性質そのものは強く、黄中透けの中でも作り易さで は上位に入るランです。陽にも肥料にも強いので、置き場所は作場の中 でも陽光のよく当たる所に置き、肥料も普通に消化します。柄暗みは無 いので、有機・無機質を問わず与えてください。放任作りでも葉が伸び すぎることはありませんが、葉長のわりに葉幅を引かせたほうが見栄え がしますので、栄養剤・活力剤の類は、控えた作りを心がけましょう。
d0103457_00121396.jpg

永遠のラン

 『金閣宝』の柄を言葉で表現すると、「紺帽子深覆輪黄中透け」とい うことになります。葉元から紺縞を押し上げたり、葉先の紺帽子から蹴 込みの縞を通したりもしない、黄色の斑部分と紺覆輪の部分の境目が ハッキリとした完全な中透け芸です。言葉で表わせば単純芸のような印 象を受けますが、斑切れの良さと襟組み(エリグミ)の正しさから、株 全体に気品を漂わせ、見る者を惹きつけます。
今日に至るも「風格ある 気高さ」という点で、黄中透け柄物を100鉢並べられても、この 『金閣宝』は遠目に見ても見分けがつくほどに優れた稀有の銘品です。
d0103457_00121396.jpg
<注>
この原稿は、「園芸ジャパン誌」が「自然と野生ラン誌」であった2007年に掲載されたものですが、エビアンはテッキリ、風来記にも書いてあるものだとばかり思っていました、。今回、「金閣宝」を取り上げるにあたり、「奥部屋」や「風来記」の過去スレを探したのでしたが見当たらず、自然と野生ラン誌の記事がオリジナル原稿であったことに気付きましたので、改めて今、掲載しておきます、。(風来記・エビアン)

画像は大きめサイズで掲載しています、。下の文字が隠れる場合は、画像をクリックし拡大してご覧ください、。










by evian_th | 2017-05-26 00:30 | 東洋蘭(春蘭)
東洋蘭風来記お蔭様で12年                  No.573
b0034163_00290585.jpg

◆2016年11月、。     お蔭様で12年



「東洋蘭風来記」、お蔭様で満12年、。
多くのご訪問に感謝します、。
これからも「東洋蘭」や「植木鉢」の楽しい話題を続けて行こうと思います、。
今後とも、何卒宜しくお願いします、。




<お蔭様で満12年>
b0034163_00310499.jpg












by evian_th | 2016-11-16 00:32 | 東洋蘭(春蘭)
大隈重信侯と蘭1  楽鉢                   No.570
d0103457_00120476.jpg
◆2016年9月4日、。   大隈重信侯と蘭、その1     楽鉢の事など



今読んでいる本に面白い記述があるので抜粋してご紹介しとこ、。

「愛蘭の中興は大隈老侯」
文章は当時大隈重信侯邸に住み込んで蘭の手入れをしていた栗原彦三郎という人の書いたものから抜粋しました、。
(中略)
大隈侯爵はご自分で蘭を愛し、沢山栽培せられた許りで無く、愛蘭家の少なくなり蘭栽培の方法なども後世に伝はらなく成る事を憂ひられて、余に愛蘭家の会を作れと命じたので、当時東京に蘭商を本業として只壹人残って居り、亦栽培にも精通した新井仙之助翁を世話役として大正九年十月明治15・6年頃より31・2年頃までに東京市内に2・3百名の蘭商人があり、現今の組合組織の如き会もあったそうであるが蘭の廃れると共に段々減って大隈侯爵を総裁に、後藤新平伯を副総裁に、私が会長となって大日本蘭蕙会を組織し、全国から5百余名の愛蘭家を集めて、日本橋倶楽部で発会式を挙げ、同時に日本で最初の蘭蕙陳列観賞会を開催したのであった。

「当代の愛蘭家」
この大隈侯の蘭を愛されたのと同じ頃今の岩崎両男爵家の御先代弥太郎弥之助の両氏が素心蘭を好み、上等のものなら値を問はず買ったのが動機となって、明治18年頃から27・8年迄蘭が非常な勢いで日本全国に流行したのである。(注*岩崎弥太郎は三菱財閥の創業者)
(後略)

上掲の写真説明文には「後藤新平伯大日本蘭蕙会副総裁親任式」と書いてあります、。

****************************

長文の極く一部分の抜粋だけど、驚くね、。明治中期に「東京で商う蘭商人だけでも200~300人も居た、」という記述に驚く、。
それと、ここには書いてないのですが、明治時代には既に「春蘭」という概念が確立されていて、それも「日本春蘭花物」の栽培が盛んにされていたという記述も、上記以外の箇所に書いてあります、。「日本春蘭の葉や花の鑑賞の仕方」とかもちろん「栽培法」とかも、。

上記の文章は、できるだけ「原文のまま」に載せました、。どうしても今では存在しない漢字を除いては、。句読点も原文まま、少し読みにくいというか意味不明の部分もありますね、。


b0034163_11402689.jpg
画像の鉢は「五柳寿運絵付けの6寸万年青鉢」、。
15年ほど前にこの鉢を現在の所有者に商ったのは横浜の蘭商故野田谷治男君で、売値はたしか280万だったと記憶しています、。
280万で驚いてちゃいけないのであって、明治時代の「古典楽焼鉢」の価格は、現在の貨幣価値で、数十万から数百万、それも1千万に近い数百万だったといいますから、蘭も鉢も、ごく限られたエリートたちの遊び場だったわけですね、

それにしても、現存する鉢が少なすぎて、鉢市場に活気が出ない、。古典の楽鉢が現在どの程度残っているかと考えると、現在古典園芸界と盆栽界と植物には興味はないけど鉢だけは買っている人の分・蔵の奥にしまってあって所有者さんさえ気付かないで居る鉢も含めても、最大数で現在の2倍程度じゃないかと思いますね、。

いや、違うな、。上に書いたことは正しくないかも知れないな、。
明治時代中頃には東京だけで蘭商が300人も生計を立てていた、。
一方大阪や京都は、大阪不況が起きたり、天皇陛下が東京へ居を移されたりして、明治中期には京大阪は不況だった筈で、お金持ちは東京に集中していた、。
京楽6窯の窯元が最も多くの錦鉢を作ったのは明治中期を中心とした時期である、。それらを買ったのは東京も多かったかも知れない、。
だとすると、東京に現存する古典楽鉢の数が少なすぎる気がする、。まだ多くが東京で隠れている可能性は大いにあるね、。大正12年に関東大震災があり、昭和16年―20年に大東亜戦争があったにしろ、それらの要因を差し引いても、まだ残っている筈だ、。希望はあるね、。





b0034163_12500936.jpg



by evian_th | 2016-09-04 12:49 | 東洋蘭(春蘭)
東洋蘭風来記、お陰様で満11年                 No.549
b0034163_13140078.jpg
◆2015年11月、。   「東洋蘭風来記」満11年



「東洋蘭風来記」、お蔭様で満11年、。
多くのご訪問に感謝します、。
これからも「東洋蘭」や「植木鉢」の楽しい話題を続けて行こうと思います、。
今後とも、何卒宜しくお願いします、。




<お蔭様で満11年>




by evian_th | 2015-11-17 13:16 | 東洋蘭(春蘭)
「東洋蘭風来記」お蔭様で満10年          No.527
b0034163_20302389.jpg

◆2014年11月、。


「東洋蘭風来記」、お蔭様で満10年、。
多くのご訪問に感謝します、。
これからも「東洋蘭」や「植木鉢」の楽しい話題を続けて行こうと思います、。
今後とも、何卒宜しくお願いします、。




<お蔭様で満10年>




by evian_th | 2014-11-16 20:33 | 東洋蘭(春蘭)
平成26年・謹賀新年                  No.501
b0034163_047469.jpg

◆2014年1月1日、。
b0034163_0473212.jpg

by evian_th | 2014-01-01 00:48 | 東洋蘭
東洋蘭風来記満9年                   No.495
b0034163_22245054.jpg

◆2013年11月、。   東洋蘭風来記・満9年


「東洋蘭風来記」、お蔭様で満9年

いつも「東洋蘭風来記」をご訪問下さり、誠にありがとう御座います、。
お蔭様で満9年、。
今後とも、何卒宜しくお願いします、。


この秋のニュースは、日本春蘭「虎斑物」や「蛇皮斑物」が高いことかな、。中国行きでしょうけど、。
by evian_th | 2013-11-19 00:10 | 東洋蘭
東洋蘭「楽焼鉢」                     No.477
b0034163_195510.jpg

◆2013年6月、。   東洋蘭「楽焼鉢」




三香園 富貴蘭展
時:2013年6月29日・30日・7月1日
所:三香園



兵庫春蘭友の会 新芽会
時:2013年6月30日午後1時(会費500円)
所:相生園芸センター

by evian_th | 2013-06-11 19:08 | 東洋蘭
おかげさまで満8年
b0034163_23275252.jpg

多くの皆さんのご訪問のお蔭で、「東洋蘭風来記」が満8年を迎えました、。
これからも楽しい話題づくりに努力して行きますので、何卒よろしくお願いします、。

by evian_th | 2012-11-15 23:30 | 東洋蘭
東洋蘭「自然と野生ラン」誌再発行          No.449
d0103457_13542377.jpg

◆2012年6月6日、。   「自然と野生ラン」再出発号

3~4か月間休刊(てか一度は廃刊になったんだけど)していた「自然と野生ラン」が、出版社を替えて7月号から再出版されます、。
上に掲載画像が7月号表紙、。なんか、えらくアッサリしたというか毒気が抜けた表紙だなぁ~、。

それで、最初の1冊さえ手に入れば、巻末の「年間購読申込み用紙」が付いてるから以後は買えるんだけど、最初の1冊が買えない人のために、「年間購読振込用紙」を各地愛蘭会に配るそうです、。

それも叶わない人には、風来記から振込用紙を送りますので、お申し出ください、。
「東洋蘭風来記」の「余剰苗ページ」上部に書いてあるメアドを踏んでメールを下さってもいいし、電話でもかまいません、。今度は買ってやらないとなぁ~、。

あ、そだ「余剰苗No.1」に掲載しますので、「余剰苗申し込みフォーム」にご住所ご氏名を記入の上お申し込みください、。

◆お近くの書店などへ購読申込みされると、書店と卸業者との手数料300円が引かれ、「自然と野生ラン」へは700円しか入りません、。
「直接の年間購読」をして頂くと、1000円全部が「自然と野生ラン」へ振り込まれます、。
ですので、できれば「振込用紙」を使って「直接の年間購読」をしてあげて頂きたいと思います、。

◆本年3月号までの「自然と野生ラン誌」巻末に付いている「年間購読申込み振込用紙」は、すでに無効ですから、あの振込用紙で振り込まないようにご注意下さい、。


--------------------------------------------------------------------

三香園 富貴蘭展
時:2012年6月30日~7月2日
所:三香園



兵庫春蘭友の会 新芽会
時:2012年7月1日
所:相生園芸センター
by evian_th | 2012-06-06 14:17 | 東洋蘭



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.