TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
◆2月は「有田焼き、」                (No.52)
b0034163_025629.jpg
◆2月のトップ画像は「有田焼き、」・・・
乾いた布で、からぶきしただけなので、汚れが目立ってて、済みません、。
by evian_th | 2006-01-30 00:27
◆今シーズンは・・・                  (No.51)
b0034163_1591192.jpg
春蘭の花シーズンに入りました、。
去年の開花時期には中国春蘭や中国奥地の蘭を深く取り上げるサイトはあまり無かったし、商人サイドも片手間に商う程度だったので、「東洋蘭風来記、」が朶朶香や豆弁蘭、蓮弁蘭に勝手な値段を入れて販売しても、誰にもどこにも迷惑が掛からなかったのですが、それからわずか一年後の今シーズンは商人の参入も多くなり、風来記が独自相場で安値販売をし難い環境になって来ました、。(ある程度、商人相場に合わせなければならなくなった,ということ、)、。

◆風来記には何の思惑も無かったのですが、このサイトは中国人も多く見ているらしく、中国での蘭相場に影響を与えているようです、。風来記は中国人と直接の付き合いはありませんし、旧ソ連のように世界の迷惑国になりつつある現代中国を好きでもないので、今後とも尊敬すべき面は尊敬して(昔の中国には蘭人にとって尊敬する面も多かったので、)、是々非々で付き合っていこうと思います、。
◆出来れば中国に影響されることなく、日本独自に中国春蘭なり奥地蘭なりを楽しみ、売買して行ければよかったのですが、エビアンが日ごろ言う「東アジア・蘭・文化圏、」が鮮明に形成されつつあり、今後はますます他国の相場が日本にも影響を与えるようになるのでしょう、。

◆要するに「豆弁蘭・飛蝶、」ほどの蘭を去年のように芽の2万円で売ってもよい時代は、エビアンの予想を遥かに超えるスピードで過ぎ去った、ということです、。。

◆エビアンは全国日本春蘭連合会の幹部ですから、本来、東洋蘭風来記は日本春蘭主体に運営すべきですが、来訪者(BBSにカキコしてくださる人、)に日本春蘭を展示会出品目的や販売目的で真剣に深く作っている人が居られないので、中国蘭主体サイトのように思われていますが、誤解です、。。日本春蘭界に明るい話題があればご紹介して行きます、。。
by evian_th | 2006-01-27 15:49
◆中国の蘭園2                    (No.50)
b0034163_17341050.jpg

◆同じ蘭園の中・・・
培養場への入り口と、門番の番小屋(プラスチック製らしい、)、。人間て、お金が出来るとどうしてこういう妙な風にお金を使うんだろね?、。
----------------------------------------------------------------
by evian_th | 2006-01-22 17:37
◆中国の蘭園風景                  (No.49)
b0034163_1111090.jpg

中国の蘭園とその植え込み風景・・・

左は中国の蘭園の住居部分、で、右は植え込み風景です、。(見えているのは従業員宿舎、敷地面積36000坪、。従業員はバイクに乗って蘭室間を動いて作業しているそうです、)、。
植え込み材は、バラスや川砂利とバークやベラボンとの混合らしいです、。えらい大雑把な植え込み方ですが、これで出来るのですから、環境条件が余程いいのですねぇ~、、。
植え込み容器は手前と後ろとに見える赤いプラスチックの買い物籠みたいな物、。
---------------------------------------------------------------------------
◆風来記No.47、の所で、日本では、蘭は100本を越えて300本に殖えるまでの所で大相場を演じる・・・と書きましたが、、この100本が中国では5000本~10000本に相当するようですね、。
で、今ちょうど「剣陽蝶、」がその相場の本数に差し掛かったということのようです、。人数が違いすぎて、ピンと来ない話ですが、この人数やスケールの大きさのことは頭に置いて考えると今後を予想するのに役立つと思います、。
日本国内で殖えたら中国へ売れるかもしれない・・・そう考えると、この分野の将来性はいいんじゃないでしょうか、、ものにもよるでしょうけど、ね、。
by evian_th | 2006-01-21 01:19
◆蘭が違う、ということ・・・              (No.48)
b0034163_21263034.jpg

◆「蘭(の格)が違う、」ということ・・・

右は写真ページでもご紹介しているエビアンの師匠が作った「緑茎翠桃、」です、。「本作り、」出来ていますね、。
昭和45年頃、東京渋谷の賛花園の交換会の折、Oという商人がお客から下取りしてきた蘭(何だったか忘れた、)を出品し、セリ台が普通に相場通りの値段で落とそうとした時、荷主のOさんが「それじゃ駄目だ!、。蘭が違う、」、、と言って売らずに引いたのです、。
Oさんは作り屋さんが即売用に栽培した蘭と、趣味家が愛情込めて本作りした蘭とは、同じ銘柄の蘭であっても蘭の格が違うから安く売りたくない、、と言いたかったのでしょう、。
同じ銘柄の蘭でも、作りによって蘭の価格は違うのだ、、と、、以来この事はエビアンの頭に絶えず存在し、蘭作に影響を与え続けています、。。
品種本来の個性を表現した固い作りの蘭を作りたいものだと、エビアンも肥料・用土など昔に返って作ろうと思っています、。
by evian_th | 2006-01-13 21:46
◆「白麗、」(蓮弁蘭)をお持ちの方へ・・・       (No.47)
b0034163_1350155.jpg

蓮弁蘭「白麗、」をお持ちの方へ・・・

BBSページでも御覧のように、奥地蘭の優品が日本へ入り始めました、。
今現時点ではエビアンの感覚が先行し過ぎていて、みなさんにご理解頂けないかも知れませんが、、「白麗、」は昨年までの価格は如何にも安過ぎると思われます、。
①「白麗、」はどうも中国には残っていません、。従って「本数」が読めて安心感があります、。
②「花間、」がズバヌケテ良く、花の調和が良いので、他を寄せ付けない「気品、」があります、。

そういうことがいずれ皆なに知れると共に「白麗、」の価格は上昇するものと判断いたしますので、現時点で所有しておられる方は、黙って5年間、強気で(つまり安売りせずに)、作って頂けませんか、。楽しい思いが出来る時が来ると確信します、。
周囲の雑音(もっと良いものが沢山有るというような、)に耳を貸しちゃ駄目ですよ、。

何百万円も出した訳じゃぁ無いんだから、一度エビアンの目っこに賭けてみて頂けませんか?、。
---------------------------------------------------------------------------------
◆現在、九州で2人、岡山に2人、四国に1人、兵庫大阪近辺に6~8人、東京に2人の持ち主が居られます、。(エビアンが拾い切れてない人があっても2人程度、)、。(東京は重複して数えてました、2人です、)、。
蘭というのは、総数が100本を越えて300本まで位の時に大相場を演じますからね、。。
1本50万の上、になると思います、。。
by evian_th | 2006-01-11 14:23
◆中国最大業者の棚・・・               (No.46)
b0034163_2123757.jpg

中国で最大の業者の棚の一部です、。

日本から買い上げられた一茎九華や一花も台湾で栽培増殖された後ここへ収まり中国国内へ流通して行くそうですし、日本の業者もここから買い入れもするようです、。
沿海州沿いの一花だけでなく中部の九華、奥地の蘭も栽培されていて、規模が桁違いらしいです、。資金力も中国・台湾の一流業者は1000億(日本円で、)規模らしいので、どうにもお話になりませんね、。。
-------------------------------------------------------------------------------
◆今春相場は、まだスタートしたところですが、、一年中で一番蘭が高い季節でもあるのですが、、昨年秋の3~5割高く取引が成立しています、。日本春蘭・花芽着きや中国春蘭一花花芽着きなどが高いようです、。
久々に明るい予感のする春ですね、。。
by evian_th | 2006-01-04 21:32
◆明けましておめでとう御座います・・・        (No.45)
b0034163_1184671.jpg


明けまして、おめでとう御座います、。

お陰様で、「東洋蘭風来記、」も2年目の新春を迎えさせて頂きました、。
今年も蘭界のホットな情報をお知らせして行きますので、引き続きまして、宜しくお願いを致します、。


新年は年初から商人さん達は蘭界の行事が目白押しの状態で、何となく近年にない明るさを感じます、。いろいろな情報をお伝えします、。(トップ画面は、古渡り紫泥六角鉢、鉄画軒製、)、。        風来記・エビアン
by evian_th | 2006-01-01 01:27



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.