TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
◆中国蘭奥地蘭・蓮弁蘭「白麗」           (No.94)
b0034163_1553176.jpg

◆蘭界の動きは・・・
昨年、中国の蘭界でチョットした事件があり、国家中央からの蘭界に対する監視が厳しくなったので、中国の蘭界は昨秋来その動きを停止しています、。
日本・台湾・韓国・からの買い入れがストップしている訳です、。
◆ここ数年の日本の蘭界で活気があった分野・・「中国蘭九華」「一花」「日本春蘭・奇花」などは、中国が買い入れるから価格が値上がった訳です、。
今春を切り抜ければ、また中国の買い入れが始まるだろうと思っていましたが、中国が再び買い入れ始めるには、エビアンの予想よりも少し先送りされ、北京オリンピック後、くらいまで延びるかも知れません、。
◆「中国蘭一花」「九華」「日本春蘭・奇花」などは、中国に頼らず、日本人が愛好家を増やすなど国内の需要を喚起して、日本独自に人気する時期にさしかかったと言えそうです、。
◆「奥地蘭」分野は、元々、中国に買ってもらっていた訳でもなく、逆に日本が買っていたのですから、この話には直接の影響は受けませんが、入荷が少なくなっていますので、国内にある物を回すとかの工夫は必要になるでしょう、。風来記はそれでも見つけてきますが、。
奥地蘭同様に、日本が買い入れる分野は今後も人気は続くように思います、。
◆社会主義国に頼っていては、主体的な活動・人気が出来ないので、日本人自身で動きましょう、。
---------------------------------------------------------------------
◆5月になって、雲南省の大物商人が来日するというので、何の目的で来るのか、を注目していたのですが、何のことは無い、ただ観光に来ただけだったようです、。なーんだ!!,、。大手蘭園を紹介したのに「女雛一鉢」買っただけだた、。日本の愛好家でももっと買うよ、。ま、当面、動く気は無いんだてことが分かっただけだた、。
---------------------------------------------------------------------
◆台湾の業者の中には、この安値の間に「九華」を集めたり、「新中国蘭」を買ったりして、次の用意をしている人も居るらしい、。
韓国は大至急、花物ブームにしなければならない事情があるから、中国の中央部へ顔が向いている様子、。ナショナリズムの強い国だから、中国蘭もそのほとんどは韓国へ入れば韓国産に化けるようです、。
日本の業者・愛好家がどこを向いて進もうとしているのかが見えないね、。ただ漫然として停滞気味の蘭界の流れに身を任せているように見える、。積極的に動けば楽しい方向も見えるのに、意識的に目を逸らしているようにも感じられて不満だ、。
-------------------------------------------------------------------

◆東洋蘭新芽会
主宰:寿楽園友の会
時:2007年5月26日27日
所:上野グリーンクラブ3階


------------------------------------------------------
◆知らなかったけど、中国では株式市場が活発で、動きにくくなった蘭界の投機的な資金は株式市場の方へ行っているそうです、。ま、日本は中国に買ってもらわなくともいいような方向を目指す時期なので、関係ないことですが、。
----------------------------------------------------------------------
◆「東洋蘭風来記・奥部屋」


Yahoo! JAPAN

by evian_th | 2007-05-20 21:45 | 東洋蘭(春蘭)
◆中国蘭奥地蘭・蓮弁蘭六弁奇花「馬龍峰」     (No.93)
b0034163_17555584.jpg

◆中国蘭・奥地蘭・蓮弁蘭・六弁奇花「馬龍峰」(ばりゅうほう)、。
中国ルートと台湾ルートとの両方で日本へ入っている蓮弁蘭、。当初、商人は「素心」だというので買い入れたのですが色が乗ったため全部返却し、昨年春には風来記の画像の鉢以外は日本から姿を消しました、。「たとえ素心でなくても、この花でこの値段なら買える、」というので再度買い戻したものが今春、数箇所のお棚に納まりました、。
1本10万円という小売値段は、「紫宝蓮」の1本5万円とともに、日本での蓮弁蘭価格の評価の基準になる価格設定です、。
奥部屋に今年の開花画像を掲載しました、。同一株が年によりずいぶん雰囲気が変化するものですね、。
----------------------------------------------------------
by evian_th | 2007-05-10 02:12 | 東洋蘭(春蘭)
◆中国蘭・九華・荷花弁「鄭孝荷」(ていこうか)一茎九花    (No.91)
b0034163_17565238.jpg

◆中国蘭・九華(一茎九花)・「鄭孝荷」、。
「中国春蘭には一茎一花と一茎九花とがあり・・」て書いてしまった書籍が昭和30年代末に出たので、当時の愛好家・業者は「九華は春蘭だ、」と信じてしまったのが、40年間も尾を引いた結果となった、。ご承知のように、九華は春蘭ではありません、。
現代中国では「一茎一花」は単に「春蘭」と呼び、「一茎九花」は「九華」と呼びます、。(昔は「蘭」と「蕙」とに呼び分けていた、)、。「一茎・・」という呼び方は、一花と九華とを分けるために日本で製造された言葉のようです、。
◆今春は中国の買い入れが止まっていますので、日本の業者も国内で販売せざるを得ず、価格は安めです、。中国が買い始めたら直ぐに高くなるでしょうから、今春は九華の買い時なのかも知れません、。
-------------------------------------------------------
◆東洋蘭風来記・奥部屋
by evian_th | 2007-05-05 21:00 | 東洋蘭(春蘭)
◆中国鉢                        (No.92)
b0034163_074365.jpg

◆南京花蝶人物絵耳付き八角鉢・一対(花瓶に後穴)、。
。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。ギャハハ!・・ちと邪道ではあるが、この類の鉢も多いので掲載、。画像的には派手でいいから、。
切り高台が無く、鉢底がピッタリと床に着いて隙間の無い鉢は、元は「壷」か「花瓶」であったものに後穴を抜いたか、共皿があった鉢の皿を紛失したものか、のどちらかです、。この鉢は前者で一見して元・花瓶、。ハデハデでいいでしょ?、。いつか蓮弁蘭を入れて展示会に持ち込もうと、。(ヤフオクで拾った、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。)、。花瓶のままで置いときゃいいのに、これに後穴開けよう、て神経が楽しい、。(四隅に着いてる黒いのはリス、。他の凸凹は何を表しているのか不明、。)、。磁器質の鉢の中には、元花瓶、元壷が案外多い、。磁器で植木鉢を作るなどという贅沢は許されなかった時代だろからなぁ、。
一対物は、絵付けが必ず左右対称のものであるのが普通です、。同じものが2個あれば一対と言うのではありません、。(無地物は同じ物2個を対と呼ぶこともある、)、。画像の牡丹も蝶も右から左を向いた物と、左から右を向いた物が描かれています、。
---------------------------------------------------------
by evian_th | 2007-05-01 00:24



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.