TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
京楽焼「霞取り魚の子紋様蘭鉢」           No.403
b0034163_015356.jpg
b0034163_0151342.jpg
b0034163_0152456.jpg

◆2011年6月1日、。   京楽焼植木鉢「霞取り魚の子紋様蘭鉢」

京楽焼蘭鉢、。
明治の初め頃既に、京都に於ける楽焼植木鉢は、「万年青鉢」「蘭鉢」共に形は完成されたものが存在しました、。
よく言われるように、「蘭鉢は万年青鉢を上下に長く引き伸ばしたもの、」という説明に相当する”試行錯誤の途中鉢”、即ち「万年青鉢にしては背が高すぎる、」「蘭鉢にしては短過ぎる、」または「いくら蘭鉢とは言っても長いにも程がある、」というような鉢の大概は「東京楽」に多いものです、。「京都の楽鉢」には見られないものです、。

画像の鉢は、その例外中の例外鉢でしょう、。まぎれもなく「京楽焼き蘭鉢」であるにも拘らず「万年青鉢」であった時の雰囲気を残しています、。絞りが少なくズングリして直線的な胴、胴体から鉢底に至る角が面取りせずに切り取ったように鉢底へ折れ曲がってたどたどしく、資料的にも非常に貴重な一品です、。

胴部分の文様は「霞取り魚の子紋様」(かすみどりななこもんよう)と書きました、。
万年青界の解説文に、この鉢とは逆に、上部から下方へ鍾乳石が垂れ下がるように加茂黒釉薬を塗り残したものを「掛け流し、」と表現した文章がありましたが、日本の古典紋様用語ではないでしょう、。上手く表現しているとは思います、。

楽焼鉢の場合、魚の子紋様を描いた上へ加茂黒釉薬で黒く塗り潰したものではなく、下地の加茂黒釉薬を霞状に塗り残したものです、。
風来記で「霞取り」と書いたのは、古典の日本画や扇絵の風景画に見られる伝統紋様の一つの用語で、画面の中央部分、右や左の方から画像黒色部分を横にしたような模様が描かれ、白く抜いて塗り残すような形がありますが、あれを霞が掛かったように見えるところから「霞取り」や「雲取り」と呼び、伝統紋様用語なので、これを引用しました、。<注>「取り」というのは「切り取ったように見える塗り残し」のことを指す用語、。
「霞取り」や「雲取り」は横方向への模様で、楽焼鉢に見られるのは「上から下へ垂れ下がる」か「下から上方へ盛り上がる」形なので、そこんとこは少し気持ちに引っ掛かる部分を残します、。今後変更するかも知れません、。

「魚の子紋様」は例によって古典の描き方で、風来記をご覧になった人が、「あの魚の子鉢は結構数があるものですね、」と言われましたが、そうではありません、^^、。風来記だからこその画像コレクションで、全国の鉢数寄者のご協力を頂いている賜物であって、そうは簡単に見られる鉢ではありません、。
外径15.5センチ、高さ21センチ、。(青蔭文雄氏所蔵)
by evian_th | 2011-05-31 00:17 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
中国蘭一茎九華「程梅」               No.402
b0034163_1553210.jpg
b0034163_1554361.jpg
b0034163_1555392.jpg

◆2011年5月、。   中国蘭一茎九華赤茎「程梅」
by evian_th | 2011-05-24 01:57 | 九花(九華)中国蘭
奥地蘭「蓮弁しろばな白麗」              No.401
b0034163_152022.jpg
b0034163_152971.jpg
b0034163_1521820.jpg

◆2011年5月、。   中国奥地蘭・蓮弁蘭「蓮弁しろばな白麗」

今春は風来記から出た「蓮弁しろばな白麗」が2鉢、展示会に出品されるというのでエビアンは展示会出品を遠慮して展示会をリラックスして楽しませてもらえました、。
皆さん上出来に咲かせて下さって、安心し肩の荷を下ろしています、。
画像は今春、自分用に咲かせた花です、。展示会出品を目指さなかった作なので、少し甘く咲いてますね、^^、。
by evian_th | 2011-05-13 01:53 | 奥地蘭(中国蘭)
中国蘭一茎九華「3種の南陽梅」           No.400
b0034163_2037581.jpg
b0034163_20371424.jpg

◆2011年5月、。   一茎九華「南陽梅」3種

中国蘭一茎九華「南陽梅」です、。3種とも、。
カラー花画像はモノクロNO.1の花、。

「南陽梅」を注文した時、商人が持ってきたのはバック2本で、2作したけど芽が出ず、次に持って来たのがNo.1の蘭、。これを咲かせると画像のように非常に良い花だったので、翌年更にもう一鉢注文して入棚したのがNo.2の「南陽梅」、。2鉢になってみると両者が違う蘭であることが判明し、腑に落ちないので3鉢目を注文、。やって来たのがNO.3です、。一見してNO.2と似ているように感じたので、「あ~、南陽梅というのはNo.2と3との蘭であったか、」と一旦は思ったのですが、子細に観察すると、この両者も其々違う葉性の蘭であることに気付いた次第、。

NO.1の蘭は、最も大株であるにもかかわらず葉幅8ミリ程度、。残りの2種よりも葉緑は薄いように感じられます、。ユッタリと放物線を描くような半垂れ葉、。花は「南陽梅」の見本のように美しく咲き、舌の紅点は他の2種よりも紅点の面積が大きく紅色が濃いような気がします、。葉長は3種とも60センチ程度、。
NO.2の蘭は、葉幅1センチを超えようかというほどの大葉で肉厚のトイ葉、。直線的に立ち上がり、7割程度行った所から残りの3割ほどはヘニャッと折れるように垂れ曲がる葉性、。この蘭は時々花が上を向いて咲くことがあります、。いわゆる朝天開(ちょうてんかい)という咲き方をすることがあります、。
No.3の蘭は、葉幅1センチを超えるような厚葉で硬た葉でトイ葉、。直線的に立ち上がり、遠目に見ると立ち葉または直線的な半垂れ葉、。舌は他と同じように将棋の駒の先っぽのような執圭舌にも咲きますが、舌先丸く大きく垂れる「大円舌」に咲く花が出ます、。

・・・という訳で、今春、3種3株が現在開花中です、。
No.2と3とは、作を重ねると同じようになる可能性を排除できないような気もしますが、現在の所は別種に見えます、。

はからずも「南陽梅」「端梅」「元字」の3種が揃ったのかも知れませんが、「じゃ、どれが南陽梅なんだ、」というのが判然とせず、よって釈然としない日々なのです、。。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
---------------------------------------------------

黒崎陽人さんの「東洋ラン花物」から、葉性に絞って品種名を当てはめると、
No.1は、中細の半垂れ葉なので「端梅」
No.2は、程梅に似た豪快な葉で中垂れ葉だから「南陽梅」
No.3は、肉厚硬た葉の立ち葉なので「元字」
ということになるのだが、。
b0034163_2184485.jpg

by evian_th | 2011-05-04 20:37 | 九花(九華)中国蘭
東洋蘭京楽焼万年青鉢                 No.399
b0034163_064359.jpg
b0034163_06549.jpg
b0034163_07346.jpg

◆2011年5月1日、。   東洋蘭「京楽焼万年青鉢」

みなさんのパソコンスクリーンではこの鉢の上縁の直径がどのくらいの大きさに見えるのか分かりませんが、多分15センチ~18センチ程度でしょう、。実物の鉢は直径18.5センチあります、。高さ18センチ、。6寸鉢です、。
この大きな画面(鉢の胴部分)に持てる技術を注ぎ込んだ絵師の腕の良さに見惚れてしまいます、。明治初期の頃の作品、。台は短冊屋製、。(飛田邦之氏所蔵)
by evian_th | 2011-05-01 00:07 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.