TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
東京楽焼鉢「福富京楽堂」               No.421
b0034163_15162050.jpg
b0034163_15162966.jpg
b0034163_15163750.jpg
b0034163_15164518.jpg
b0034163_15165338.jpg

◆2011年11月1日、。   東京楽焼鉢「福富京楽堂鉢」

東京楽焼鉢「福富京楽堂蘭鉢」、。
明治時代中期から後期へかけての30年間前後、東京市本郷区上駒込で開窯し、カタログ販売まで手広く楽焼鉢を商っていた「福富京楽堂」の蘭鉢です、。大正時代中ごろに開窯した「錦園堂・手島揫二鉢」に取って代わられるまでの東京での楽焼鉢市場を独占していた模様です、。

「京楽焼」の、特に「短冊屋」から多くを学んだ様子で、その製品は「京楽焼」の特徴をかなり具えます、。この点は、東京で独自デザインを開拓して行った「錦園堂・手島鉢」とは異なるところです、。特に「台となる鉢の造り、」は一見すると京楽焼かと思わせるほどですが、京楽焼にはあって東京楽焼にはない制作上の特徴があります、。(このことは、いずれの機会に、)、。

絵付けは窯元絵付けだけだと(現在の所)思われますが、文様のデザインは多種に及び、京楽焼と共通するデザインも製作しました、。白色や黒色イッチン絵付けの唐草紋鉢などは京楽鉢と混同するほど見分けは困難なものも多いのです、。

「足の形」は特徴的で、長く大きく、シッカリとした作りになっています、。この足だけを見て「京楽焼の短冊屋鉢」と混同される場合も多いのですが、下スレNo.420に画像を掲載して比較しているように、「短冊屋の足の作り、」は案外小さく先が細くなったものが多いのです、。鉢裏側から足を見ると両者の違いはかなり判断が可能です、。

「鉢ヘリ」には短冊屋に見られる「直線的・鋭角的」な切れ味の鋭さはなく、丸味を帯びます、。

画像の鉢は、「雲取り」状に加茂黒釉薬を厚めに掛け流し、白胴には「観世水(または流水)」に「もみじ」や「桜花」を浮かべた上品な文様になっていますが、デザインや色使いの奇抜さは、伝統に縛られた「京都」には存在しない「東京」の自由さを感じるのです、。ま~、窯元絵付けは京都でもかなり奇抜な絵付けも存在しますが・・、。

「福富京楽堂」の鉢は、静岡県東海地方から東、北関東方面まで広くに比較的多く残っています、。

明治中後期の作品、。(飛田邦之氏蔵)
by evian_th | 2011-10-31 15:18 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
京楽焼鉢短冊屋と東京楽焼鉢             No.420
b0034163_156962.jpg

◆2011年11月1日、。   京楽焼短冊屋と東京楽焼鉢
by evian_th | 2011-10-31 15:07 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
中国蘭一茎九華「老染字」              No.419
b0034163_0532817.jpg
b0034163_0533667.jpg
b0034163_0534421.jpg

◆2011年10月、。   中国蘭一茎九華「老染字」

好きな「老染字」なのに、今春開花分を掲載してなかった、。遅れ馳せながら掲載しとこ、。



第30回 春蘭秋季全国展示大会
時:2011年11月5日・6日
所:東京 「芝 弥生会館」大広間、(東京都港区海岸1-10-27)
主催:全春連



蘭遊楽座 柄物展
時:2011年12月3日
所:東京・大森「大林寺」


岡本蘭舎 寒蘭展示即売会
時:2011年10月25日~12月11日
所:岡本蘭舎(三重県名張市つつじヶ丘)
by evian_th | 2011-10-26 00:56 | 九花(九華)中国蘭
奥地蘭「豆弁蘭・黄花A5号」              No.418
b0034163_10142026.jpg
b0034163_10143030.jpg
b0034163_10143959.jpg

◆2011年10月、。   奥地蘭「豆弁蘭黄花A5号」

風来記オリジナル豆弁蘭の「黄花A5号」、。
初めの頃は「豆弁蘭黄花」てことで余剰苗したりしたのだけど、豆弁蘭の大体が分かって来ると、黄花といっても橙色を含む朱金ぽいし、今ハゼ(天冴え)だし、後ハゼが多い豆弁蘭にあって、こういうの結構貴重品じゃないの、て思うようになって来た、。
開花から40日間ほど放置すると、こういうのはどんな風に花色が冴えて来るのかを確かめたいと思うようになってるのだが、今年は豆弁蘭の花着きが悪く確かめられない、。
最近、中国からの輸入品を見ても大部分は後ハゼだから、以前からの品種を見直す必要があると思い始めている、。咲き始めでも画像のように発色するのだから、30~40日間放置するとどういう風なことになるんだろなぁ、と興味は尽きない、。




第24回 全日本東洋蘭秋季美術品評大会
時:2011年10月22日・23日
所:東京・蒲田「プラザ・アペア」2階
主催:全東連



第30回 春蘭秋季全国展示大会
時:2011年11月5日・6日
所:東京 「芝 弥生会館」大広間、(東京都港区海岸1-10-27)
主催:全春連



蘭遊楽座 柄物展
時:2011年12月3日
所:東京・大森「大林寺」


岡本蘭舎 寒蘭展示即売会
時:2011年10月25日~12月11日
所:岡本蘭舎(三重県名張市つつじヶ丘)
by evian_th | 2011-10-20 10:27 | 奥地蘭(中国蘭)
韓国春蘭「四天王」その2               No.417
b0034163_23123074.jpg
b0034163_23123873.jpg
b0034163_23124769.jpg
b0034163_23125637.jpg

◆2011年10月、。   韓国春蘭「四天王」その2

韓国春蘭「四天王」、棚入れ時の画像、。前スレの続き、。

新潟の蘭商・石綿一二三氏が千葉県の秋坂会長に3回に渡って棚入れした時の「四天王」画像、。(本当は4回だったそうだが、最後に買った小さな2本立ちは枯らしたそうだ)、。
石綿の最晩年に秋坂氏を見込んで合計約1000万で売り込んだのが上に掲載の3鉢、。3本立ち・2本立ち・2本立ちだった、。今から見ると初めは随分派手柄だったように見えます、。これが1995年のことです、。

石綿氏が亡くなる前日、平成8年2月7日に秋坂会長は上の写真から1作した「四天王」(当時はまだ無名)の2鉢を携えて病院に石綿氏を見舞ったそうです、。作を掛けられた「四天王」を見た石綿氏は大いに喜んだといいます、。
その時の石綿氏が話したことには「この蘭は芽の500まで持って行きたいのだ、」そして「名前は金玉満堂と命名したいと考えている、」というものでした、。あ~、これで「四天王」が登場当時「あれは金玉満堂だ、」という噂話の出所がわかりました、。石綿氏が周辺に上記の話を漏らしていた所から出た噂だったに違いありません、。
秋坂氏は「金玉満堂」なんてヘンテコリンな名前は嫌だな、と思ったといいます、。直後に石綿氏が亡くなったので、この時点で秋坂氏が「四天王」と命名したものです、。

「四天王」の名は大阪の「四天王寺」から拝借、。秋坂氏は「どういう訳だか関西方面に魅かれる、」と言って、自分の命名蘭には関西地方に縁のある名前を付けたいのだそう、。
「舞子」は京都から、「飛鳥」は奈良からの思い付きで命名したのだそうです、。「俺の先祖は関西かも知れない、」なんて言ってます、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。

秋坂氏が石綿氏から「四天王」全株を買い取ったのを知った暁華園・小石盛和さんが「この蘭は以前から目を付けていた、。登録の権利付きで全株を4000万で譲ってもらえないか、」と言って来たけど、石綿との「芽の500万」の約束が果たせてないので断り、2000年の展示会の時に、上中木2本1000万、小木(エビアンも見たけど、3センチほどの3枚葉)3本600万で上中木は小石さんが、小木は娘さんが其々購入したのです、。秋坂氏も石綿氏の遺志を実現できたわけです、。

銘蘭「四天王」登場時のエピソードを掲載しておきます、。(画像は、ネットや書籍を含めて本邦初公開)




第24回 全日本東洋蘭秋季美術品評大会
時:2011年10月22日・23日
所:東京・蒲田「プラザ・アペア」2階
主催:全東連



第30回 春蘭秋季全国展示大会
時:2011年11月5日・6日
所:東京 「芝 弥生会館」大広間、(東京都港区海岸1-10-27)
主催:全春連

by evian_th | 2011-10-14 23:13 | 韓国春蘭
韓国春蘭「四天王」                  No.416
d0103457_1355211.jpg
d0103457_136460.jpg
d0103457_1361491.jpg
d0103457_1362682.jpg

◆2011年10月、。   四天王  

韓国春蘭「四天王」、。
「四天王」は新潟の蘭商・石綿一二三氏(平成8年2月8日没)が同氏の最晩年に千葉県の大棚、現・全国日本春蘭連合会会長・秋坂信行氏の棚へ3度に渡って全株を納めた銘蘭です、。
当初は、系統から辿った商人たちが「四天王というのは金剛宝と同じ蘭だ、」「金玉満堂と同じ蘭だ、」という噂を流したのですが、1999年(平成11年3月)の東京八王子子安会館で開催された全国日本春蘭連合会展示会に、秋坂さんの手によって作を掛けられた5本上木・3本中木・2本小木の3鉢が展示され、その柄行きの素晴らしさによって「四天王」は実力でそれらの噂を消し去ったのでした、。

この展示会の折り、正面展示棚に参考出品された「四天王・上木5本立ち、」を見たエビアンは、「この蘭は出世する、」と直感したので、同行の者に「いずれ入手したいと思うから、絶対に指さしたりせずに目の前の中透物を見ておくように、」て言ったのです、。素知らぬ振りして見ていたつもりでしたが、この様子を展示棚右手遠くから見ていたらしい当時・全春連理事長の埼玉川越の中村斎さん(平成16年(2004年)2月23日没)が飛んで来て、「エビアンさん四天王要るの?、」と言いつつ展示棚の「四天王」の前木2本の所へ手を差し込んで「そうだなぁ、ここ2本で500万、いやAの事だから600て言うかなぁ、」と言うのです、。「いやいや、とても手が出る蘭じゃないから、」てことで早々に会場を後にし、夜の宴会を楽しみました、。

翌朝、ホテルの部屋から会場へ入ろうとすると、会場入り口の椅子に野田谷君が座っていて、エビアンを見るなり「エビアンさん、四天王を買うって言った?、」と聞くので、「おいおいとんでもないよ、」とエビアン、。「いや、エビアンさんが四天王を買うて噂が走ってるよ、会場の皆な 知ってるよ、」と言うのです、。ま、その場は何とか過ぎたものの、結局、同年11月に「四天王・バック吹き中上木2本」が入棚することになりました、。逃げられないようにされた、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。、これを買う時の下取りに「日本一大きい金閣宝4本」が200万で出て行き、「四天王」は金閣宝と何かもう一鉢に追い銭190万の合計立ち値450万でした、。この「金閣宝」は1週間後に中村斎さんへ350万で入り、直後に盗難に遭うのですが、この話は奥部屋に書いたとおりです、。

翌年、2000年3月の連合会展示会の折り、当時の佐藤力連合会長・会長代行の千葉の渡辺明夫氏とエビアンとの3人で相談し、「四天王の会」を作り管理して行くこと、3人が発起人になることを申し合わせたのでした、。この2000年3月の展示会場では「四天王」2本1000万、小木3本600万で小石盛和氏親娘が買い入れ手打ちされて、以後「四天王」は有名になって行ったのです、。展示会直後には2本1200万、3本1800万という手打ちもあったようです、。2000年(平成12年)というのは紅花「小春」が初展示された年でもあります、。

2000年9月25日には東京・椿山荘中庭別室を借り切って「四天王の会」の会合が開かれ、「四天王」の持ち主が集まったのです、。秋坂氏の他には、佐藤力連合会長、渡辺明夫会長代行、藤田一孝理事長、佐々木幹事長、蘭万園有賀二朗氏、水戸の外岡氏、暁華園小石盛和親娘、月刊東洋蘭田中儀一氏、それとエビアンでした、。


-----------------------------------------------
「四天王の会」、2000年9月25日、。椿山荘、。(中央モザはエビアン)
d0103457_1484688.jpg


連合会の夏季研修会でのスナップ、。左端でVサインしてるのが中村斎さん、。その隣は佐藤連合会長、藤田一孝理事長、。右端のエビアンは消しました、^^、。(何が嫌いと言って、自分の顔を鏡や写真で見るのが一番キライ、)、。石和温泉で、。 
d0103457_14564070.jpg

by evian_th | 2011-10-11 15:02 | 韓国春蘭
楽焼東洋蘭鉢                     No.415
b0034163_0203653.jpg
b0034163_0204668.jpg
b0034163_0205545.jpg

◆2011年10月1日、。   楽焼東洋蘭鉢

京楽焼七宝繋紋蘭鉢、。
今月ご紹介する鉢も、非常に上品な感じを受ける楽焼蘭鉢です、。秋の雰囲気が感じられる気がして、。
「丸模様」をバツ印(X印)方向に重ねて描き、重なり部分に絵付けをするか別な色を乗せる事によって描かれる模様です、。同一の文様が連続して描かれる事によって全体で一つの文様に見えるようにすることを「繋ぎ」と呼びます、。「七宝紋」の「繋ぎ」なので「七宝繋紋」です、。
明治初期~中期の京楽焼、。鉢底画像も無いので、これ以上は判断不能です、。

◆参考スレッド、「楽焼鉢の顔料」、。スレッドNo.378、(クリック)


大阪東洋蘭会秋季展示会
時:2011年10月16日(第3日曜)一日限り
所:山本園芸流通センター(兵庫県宝塚市山本、阪急宝塚線山本駅下車北西徒歩10分)
展示:午前11時~午後2時まで、。午後2時から交換会
広い無料駐車場あり、。



第24回 全日本東洋蘭秋季美術品評大会
時:2011年10月22日・23日
所:東京・蒲田「プラザ・アペア」2階
主催:全東連



第30回 春蘭秋季全国展示大会
時:2011年11月5日・6日
所:東京 「芝 弥生会館」大広間、(東京都港区海岸1-10-27)
主催:全春連

by evian_th | 2011-10-01 00:22 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
東洋蘭「京楽焼蘭鉢」                  No.414
b0034163_0161125.jpg

◆2011年10月1日、。   京楽焼東洋蘭鉢

「植木鉢スレッド」を2つ連続で立てる目的で、top画面画像を使ってまず初めのスレ立て、。全ては新機能のテストのために・・・、。
by evian_th | 2011-10-01 00:18 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.