TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
京楽焼「五柳・菊花散らし紋」万年青鉢              No.547
b0034163_16280670.jpg

b0034163_16281331.jpg

b0034163_16282056.jpg

b0034163_16282738.jpg

b0034163_16283463.jpg

◆2015年11月、。   京楽焼「五柳菊花散らし紋」万年青鉢、。

寒さ厳しい11月の入りになりそうです、。皆さまのご健康を祈念いたしております、。

風来記は「六輝」(六曜)に従って更新しています、。ゲン担ぎにすぎませんが、記事や余剰苗の更新も「大安」「友引」「先勝の午前中」「先負の午後」に更新しています、。今月は「六輝」が上手く合わず、31日の午後更新になりました、。

11月のトップ画面は、京楽焼「五柳・菊花散らし紋・万年青鉢」です、。
横から画像の1の足の先に「繕い」が見られます、。「見好い繕い」だと感じます、。
楽焼鉢が作られ始めた江戸時代明暦年間の製造の鉢は、他の中国渡来の磁器や陶器の「花盆」と同様に分厚い鉢でした、。西暦1600年代後半と1700年代とはそのままの製法で伝わって来たのです、。江戸後期1800年代に入り、趣味者の栽培植物が小型化するに従って楽焼鉢も小型化し始め、明治時代初期の「小万年青」の流行と共に、根が腐りやすい万年青や蕙蘭の植生を考えに取り入れられ、徐々に鉢の肉厚は薄くなって行きます、。

「京楽焼鉢」銘品の大部分は明治時代の製作のもの、。平成と昭和と大正とを合わせて105年、明治元年は150年前の事になります、。
この肉厚の薄い楽焼鉢が今日までとにもかくにも残り伝わって来ているだけでも奇跡的です、。戦争も大地震も時代の変化も乗り越えて伝えられたのです、。「無傷完品」など望むべきもなく、多少の「傷」は古さの証だとエビアンは考えます、。骨董界や盆栽界では、「汚れ」を「時代」と呼び、「見好い傷」を「景色」と呼んで100年以上の風雪に耐えて伝わって来た品物を称えています、。

楽焼鉢の「傷」は「見好い繕い」を施してやって欲しいと願っています、。そして、その繕いを鉢と共に称えてやって欲しいものだと考えています、。「ひび割れや欠けや割れ」を「見なかった事にしよう」「何も無かった事にしよう」という風な「姑息な繕い」はむしろ鉢の価値を下げてしまいます、。
その意味で、今月掲載の鉢の「足の繕い」はこの鉢が大切にされて来た証でもあり、見好いと感じるのです、。

「台の鉢」は京都・短冊家製、。絵付けは「五柳寿運」、。
鉢の腰部分に描かれた雷紋の見事なイッチン裁き、思わず背筋が伸びて正座したくなるような段替わりの金の帯の描き方、。胴部分に散らした菊花紋と唐草紋の描き方、。台の鉢の作りの見事さ、。全て完璧です、。その上に以前の持ち主による愛情の籠った足先の繕いを見て、ホッとするのです、。繕い部分に上から唐草紋などを描き加えてない所を見ても、以前の所有者さんの愛情深さと骨董に対する考え方の正道を行く理解の深さが窺がえるのです、。


「鉢内側の白い丸印し」に関して、古典園芸界には2つの説があります、。
1つは、短冊家当代さんと愛知県陶磁博物館の主任研究員Sさんが言っている「箱詰めするのに20個に1個の割合で焼き色の色見をするために入れた焼き見の丸印」という意見、。
2つは、「五柳寿運」という絵師が居て、自分の絵付けした鉢には鉢の内掛け部分に丸印を入れた「五柳印し」という意見、。

1の意見では、「五柳寿運」は登場せず、萬年青界と蘭界とにそれぞれ1個存在する「五柳寿運」という手描きの署名の説明がつきません、。
風来記では現在までのところ、2つ目の「五柳マークである」という意見を支持する立場を取っています、。
学術的に真実がどうであれ、古典園芸界の商人が過去数十年間に渡って「五柳鉢」として丸印の無い鉢よりも高価に商って来た経緯があります、。今さら「丸印には意味がない」とは言えないでしょう、。


このことに関連して・・・
「ごりゅう」というのは「五柳」か「五龍」かという議論もあります、。
上に記したように、風来記は「五柳寿運」を名乗る絵師が存在した、という立場を取っています、。

ご存知の通り「五柳」というのは、4世紀末の中国重慶市の詩人「陶淵明」の別名または愛称「五柳先生」から取ったものだと思われます、。「五柳先生」を真似た漢詩(韻を踏んでないので陶淵明の漢詩ではないようだが)も描いてあります、。「五柳」だからいいんです、。風流味があっていいんです、。「五柳」を風流だと感じない人にはこれ以上何を言っても無駄でしょう、。

ヤクザの組の名前のような「五龍」という呼び名は、「五龍」と書いてある鉢が見つかったり、書物文献などによる証拠が出て来れば、その時に大いに議論すればいいのです、。
「五龍」をダサイと感じない分には「五柳」に馴染めと言っても無駄かもしれませんが、「南京大虐殺が中国のいうように実際に有ったか無かったかの問題」(当時の南京の総人口が20万人、どうやって30万人を虐殺するんだよ。南京市民が無かったと証言してるじゃないか。)や「従軍慰安婦の日本軍による強制連行があったか無かったかの問題」じゃないんだから、小さい業界の内部の問題なんだから、何時までも意地を張らずに「五柳寿運」に統一しませんか、。

エビアン自身は8年ほど前に書いた通り、歴史の昔に馬鹿が居て「ごりゅう」と耳で聞いて「五龍」と書き記し、それがそのまま伝わったのではないか と今でも思ってます、。


鉢内側の内掛け部分に丸印しのある鉢は、全部「五柳寿運」が描いた鉢なのか?、と問われれば、これは正直に言って「分からない」としか答えようがありません、。今のところ、丸印しがある鉢は全部「五柳鉢」と呼んでいます、。
確実に言える事は、「五柳鉢には30万円から350万円まで値幅がある」という事だけです、。
13cm×h12cm、。(飛田邦之氏所蔵)

<参考画像>「芳虎斎・五柳寿運」のサインのある万年青鉢、。
b0034163_17134581.jpg






by evian_th | 2015-10-31 18:50 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
秋季柄物展示会2015                     No.546
d0103457_00092789.jpg
d0103457_00093444.jpg
d0103457_00094216.jpg
d0103457_00095492.jpg
d0103457_00115964.jpg
d0103457_00102861.jpg
◆2015年10月12日、。   東洋蘭春蘭秋季展示会2015


秋季展示会を開いた、。
画像上から4枚は「古鉢を使った席飾り」、5枚目は入賞品席、。
6枚目は交換会風景、。競り台は相生園芸、チラ検は三香園と京都蘭センター、補助は華幸園、。競り台の左3人は帳場、。


エビアンは昨年の秋季展で手痛い敗北感を味わったから、昨年の秋季展終了直後から今年のための用意に取り掛かり、飾り棚や敷き台を買ったりして敗北感のトラウマからの脱出を図ったのだたが、今年もまたダメだた、。どうにも垢抜けないんだもんなぁ、。他の席を見ると垢抜けていてイヤになるよ、。こういうのはセンスの問題だもんね、どうにもならないと思い知ったね、。エビアンは席飾りした人の中では最も年を食ってるのに、どうにもギトついてる、。駄目だわ、。

個別展示の最高賞の「大阪東洋蘭会会長賞」は「福富京楽堂蘭鉢」に植わった鈴木学氏の「娘子(アガシ)」、二席の「全国日本春蘭連合会会長賞」は吉野章氏の「湖亭」、。

良い展示会だった、。

エビアン自身は来年、再チャレンジする、。



d0103457_14262775.jpg

<展示会席飾り>
画像1枚目:四国有志三名様(山本瑛雄氏・伊藤勝美氏・住田幸弘氏)
画像2枚目:杉野達実様
画像3枚目:某エビアン
画像4枚目:立岩信彦様

出版社取材:園芸ジャパン誌・伝統園芸誌
協賛:ハイポネックスジャパン・愛楽園・伝統園芸・園芸ジャパン

---------------------------------------------------------------
個人名が出て不都合なお方様はご連絡ください、。
プライバシー問題や個人情報問題の関係もあり、風来記では過去10年間は個人名をあまり出さないようにして来ましたが、少し軌道修正します、。


加茂川真黒石(加茂黒)、銘:箕面の大滝
見た目よりは相当重い、。手に持った人が一様に「こんなに重いの、」て驚いてた、。これを粉末にして釉薬と混ぜ、鉢表面へ焼き付けて楽焼の素焼鉢を造る、。
d0103457_21520335.jpg


by evian_th | 2015-10-21 01:49 | 東洋蘭春蘭展示会
秋季展示会2015 No.545
b0034163_15165462.jpg
◆2015年10月、。   秋季展示会案内


◆展示会情報は必ずしも開催日の早い順には並んでいませんのでご注意ください。


大阪東洋蘭会 2015年 秋季展示会
時:2015年10月11日(1日限り)
所:兵庫県宝塚市山本 山本園芸流通センター(駐車場は係員の指示に従ってください。)
◆古典楽焼鉢を使った席飾り。
午前10時~午後1時展示、午後1時~午後4時交換会




全国日本春蘭連合会 春蘭展示大会(全春連)
時:2015年11月7日・8日、。
所:芝 弥生会館(東京都港区海岸1丁目)




全日本東洋蘭 秋季美術品評大会(全東連)
時:2015年10月22日・23日
所:東京蒲田 プラザアペア




花ごよみ 秋の蘭展
時:2015年10月9日~12日
所:花ごよみ(広島市佐伯区薬師が丘)



東洋蘭総合大展示会
時:2015年10月16日17日18日
所:東京上野グリーンクラブ(クリック)



兵庫春蘭友の会 柄物展
時:2015年11月29日(11am~16pm)
所:相生園芸センター





by evian_th | 2015-10-01 15:18 | 東洋蘭春蘭展示会
京楽焼武者絵万年青鉢                    No.544
b0034163_10390460.jpg

b0034163_10391114.jpg

b0034163_10391984.jpg
◆2015年10月、。   京楽焼万年青大鉢



「京楽焼万年青大鉢」、。
10月のトップ画面はこの鉢で行こうと決めて10月フォルダーへ入れてました、。画像を作る段になっていざ画像を詳しく見ると、鉢底画像と上から画像がないのは分っていましたが、横から画像も「1の足画像」しか無いのでした、。3枚とも1の足画像です、。この鉢の裏側にはどんな絵付けが施してあるのかも分かりません、。
横から画像1枚だけから判断できる情報はあまり多くはありません、。


「口径24センチ・高さ25センチ」という8寸の大鉢、。「台の鉢」はこれだけの大鉢となると重さも相当なもので、乾燥した完成品でもかなり重いのに、製作途中の陶土が湿った状態の時はどれほど重かったことか想像を絶します、。それにも拘らず、鉢ヘリが垂れ下がらず、鍔の先端部分の切れ味は鋭く全体の作りもしっかりしています、。足はこれほどの大鉢だとこういう形にならざるを得ず、短冊家の大鉢もこの足型です、。したがって、足の形から窯元を判断することは不可能です、。

「絵付けは大和絵の武者絵」、絵師は相当な腕前の人です、。イッチンで線は引けますが、面を塗りつぶす時はどういう風にしたのかは知りません、。細かく振るった陶土と顔料とを混ぜイッチン袋に入れて描くのですから筆描きよりも随分難しかったことでしょう、。
「浮田楽徳」や「五柳寿運」は狩野派大和絵師ですが、ほかにも浮世絵師・錦絵師など狩野派以外の絵師も多く、この鉢の絵師を特定することはできません、。

顔料の種類の多さなどから、鉢の製昨年は明治中後期の作と見られ、注文絵付けだったと思われます、。それらを総合して考えると、この鉢は「短冊家製の万年青鉢」だろうと思われます、。鉢の作りの上手さから他の窯元はチョッと考えられないのです、。短冊家ならこれくらいの絵付けもできたかも知れないと思います、。絵付けだけなら浮田楽徳も描けたでしょうけど鉢が楽徳鉢ではないし、五柳ならいくら何でも例の五柳マークを撮影したでしょうからね、。
「楽忠鉢」や「楽雅亭鉢」にならありますが、古京楽鉢で8寸の大鉢というのは見たことがありません、。絵付けも上手く、見応えのある鉢だと思います、。実物を見てみたいものです、。野田谷君存命時の上野グリーンクラブ展示品です、。(当時:栗塚光夫氏蔵)

まぁ、この横から画像1枚から分かることはその程度です、。





by evian_th | 2015-10-01 00:03 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.