TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「大阪焼」2つの提案                        No.577
d0103457_23354480.jpg

d0103457_23355547.jpg

◆2016年12月28日、。   「大阪焼」の呼称の提案


早いもので、今年もこのスレッドまでです、。インフルエンザウイルスやノロウイルスや食中毒の菌が繁殖しているようです、。12月の末になってもウイルスや菌の活動が活発だということは、蘭の方もフザリウム菌などが動いていると考えられますので、雨の当たる外棚物は乾き気味に管理するのが重要だと思います、。(昨日、外棚物で葉が黒くなって枯れる株を見付けたのでね)、。


「大阪焼」という呼称の提案、。

1枚目画像は、先日BBSのkumasannが入手の「瑠璃釉飛龍浮彫紋花盆」です、。
この鉢の落款は「楽忠」とあるように「楽忠窯の製品」なのですが、これを「楽焼鉢」と呼べるのかと考えると、少し無理があるように思われます、。古典園芸界では一般的に「楽焼」と言えば「加茂黒釉」を分厚く掛けた鉢を指す用語だからです、。

「楽焼」というのは、豊臣秀吉が「京都寿楽第(邸)」の出来栄えが素晴らしく良かったので、「佐々木家」に対して「寿楽第」の一字を取って「楽の金印」と共に「楽家」という姓(苗字)を与えたもので、以来、「楽家の焼き物」という意味で使われるべき呼称です、。従って、「楽家の焼き物はどんなものであっても楽焼」な訳ですし、楽家以外の人が作る「加茂黒釉の焼き物」は「楽焼」と名乗ってはいけない筈なのです、。

しかし、楽家と血縁の無い「本阿弥光悦」の造った「白楽茶碗・白富士」が国宝に選ばれているのを初め、江戸後期には短冊家も楽焼を名乗り、明治時代には東京の福富京楽堂も「京楽東京本舗」を名乗っているのが実情です、。

ですから、「楽焼は楽家が焼いた製品だけを指す言葉」であるべきところが、「楽焼は加茂黒釉を掛けた焼き物を指す言葉」へと転用されて使われつ続けて来ました、。今となっては動かしがたい既成事実化しています、。

では、紛れも無く楽家3代目道入の弟道楽が開窯した楽窯「楽忠窯」の製品である1枚目画像の「瑠璃釉飛龍浮彫紋花盆」は「楽焼鉢」と呼べるのかというと、詳しい事情を知らない人には違和感を感じられるでしょう、。
楽家の焼き物であっても加茂黒釉薬を掛けてない鉢は「楽鉢」とは認められないのです、。

では、この「楽忠鉢」を何鉢と呼べば良いのかと考えると、当て嵌まるカテゴリーが存在しないのです、。
2枚目画像の2つの万年青鉢には「大阪楽」という呼び名を2016年1月号の「園芸ジャパン誌」で与えて頂きました、。しかし、この大阪で楽家の手で焼かれたのに加茂黒を使ってない鉢は「大阪楽」には含まれないでしょうから、新たな別個の呼び名が必要です、。

そこで、大阪で焼かれ、楽焼とは呼べない鉢には「大阪焼」というカテゴリーを作り「大阪焼」と呼んではいかがでしょうか、というのが風来記の提案です、。(「大阪焼」と聞くと「たこ焼き」か「お好み焼き」のイメージ強くて、何かしら食べ物それも粉もん(こなもん)の感じを受けますが、いくら考えてもこれしか思い浮かばない)、。

強いて別な呼び方というと「浪速(難波・浪花)焼」(いずれも・なにわやき)と呼べないことは無いのですが、。
競技かるた大会(注1)の初めの序歌として詠まれる事が多い、「難波津(なにわず)に、咲くやこの花冬籠り、いまは春べと咲くやこの花」というような歌を平素から耳にしているような粋人なら、「難波焼」も受け入れられるかも知れません、。どうしたものでしょう?

「大阪」は江戸時代には「大坂」と呼ばれていた、。更にそれ以前には「なには」と呼ばれていた事を御存知の方には通用するかも知れませんが、一般には興味も無く、「なには?、なにそれ?」という程度の理解だと思います、。

d0103457_11514058.jpg
もう一つ、画像3枚目は「頂山鉢」です、。
盆栽界では、「頂山鉢」は「京焼」に含まれ「謎の京焼」ということになっています、。
が、この鉢に使われている「チョコレートのような色をした陶土」を見て下さいよ、。京都にこの陶土は出ないでしょう、。「京土」にも存在しないじゃないですか、。(京土は壁土として現在でも各種の土が販売されている)、。
1枚目画像の「楽忠」に使用の陶土を見れば、この手の「チョコレート色陶土」は大坂南の産の陶土だということは一目瞭然、。
風来記では「頂山鉢」というのは、江戸後期1830年ごろに紀州徳川藩の御庭焼「偕楽園」へ呼ばれた陶工が、和歌山からの帰路、大阪の世話になった貝塚市水間寺で窯を開いて焼いた「水間焼」(貝塚焼)(みずまやき)というのが、この「頂山」だろうと思っています、。従って「頂山鉢」も「大阪焼(または難波焼)」に分類すべきではないかと思っています、。いかがなもんでしょうか?
d0103457_01521249.jpg
(注1)競技かるた大会、。
毎年お正月に滋賀県大津市近江神宮で開催される「競技かるたの全国大会」で、クイーン戦と名人戦が行われる、。2016年のかるたクイーン「坪田クイーン」は目元が涼しいなかなかの美人ですよ、。ただし人妻、。
「近江神宮」には「百人一首の第一番目の歌を詠んだとされる天智天皇が祀られており競技かるた人の聖地」とされている、。この時の名人戦やクイーン戦で詠まれる序歌が「難波津に咲くやこの花・・・」なのです、。
d0103457_02235489.jpg

「なにわ(なには)」というのも一定しないんですよねぇ、。PC変換すると「難波」「浪速」「浪花」と3つにも変換される始末、。「浪曲・なにわぶし」の場合は「浪花節」だし、高校野球で名を馳せた「なにわ商業高校」は「浪華商業高校」だし、昔の芸人「なにわ千栄子」は「浪花千栄子」だった、。百人一首の「なにわず」は「難波津」だしなぁ~、。こういうの困るなぁ~、。
d0103457_17263734.jpg
楽家12代目だかが執筆した「楽焼」という本によると・・・
豊臣秀吉から「楽」の金印と「楽の姓」を賜ったのは、2代目常慶ではないかという事です、。初代佐々木長次郎が製作した「お茶碗」は「無落款」らしいです、。2代目常慶のお茶碗には「楽の落款」が有ったり無かったりで、3代目道入以降の作品には全部の作品に「楽の印」が押してあるそうです、。

その事ともう一つ、「楽姓」を賜るきっかけになったと言い伝えられる「瓦職人・佐々木長次郎」が作ったとされる「寿楽第のための鬼瓦」が残り伝わっているそうです、。この瓦には長次郎が書いたと思われる「製作年号」が入っているらしいですが、その年号が寿楽第の作られた年代とは一致しないのだそうです、。
この2つの事から、楽家に伝わる初期の頃の話の信憑性に疑問があると書いてあります、。初代長次郎と2代目常慶とが10歳しか年齢が離れてなかったことから、親子とも思えないとも書いてあります、。

「楽家」に関しては、その誕生の頃の話にあやふやな部分が多く、楽家の人でさえこの状態ですから、他の人が書く文章が一致しないのも当然で、この辺が「楽焼は京焼に含まれない」ということや、「国宝に選ばれた楽焼は本阿弥光悦のお茶碗である」ことなどの原因ではないかと思われます、。
風来記が、楽焼の初めの頃は大阪府堺市で焼かれていた、楽雅亭も大阪堺だったであろう、と書くのには、このように楽家の初期に疑問があるからです、。

また別な本では、楽家の初期に「田中宗慶」という人物が登場して、「田中宗慶」というのは「2代目常慶の父親である」とか、千利休の旧姓が「田中」であることから、「田中宗慶」とは「千利休本人の事である」とか「千利休の息子が2代目常慶である」とか、まぁ言いたい放題、書きたい放題であり、風来記ではその辺の事を無視して伏せて来ました、。今となっては真実は闇の中なのです、。
d0103457_01202418.jpg










by evian_th | 2016-12-30 00:41 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
楽焼鉢の形状の歴史                      No.576
d0103457_01223731.jpg
d0103457_01224335.jpg
d0103457_01225101.jpg
d0103457_01230102.jpg
d0103457_01231100.jpg
d0103457_01231826.jpg
◆2016年12月20日、。   楽鉢の形状からの歴史


12月のトップ画面に使用した「五柳鉢」の件に関してBBSに書き込みがあった、。その時に返信レスを書いた中に「楽焼鉢の形状の大革命を起こしたのは京都・短冊家である。」と書いた、。そこのところ説明スレを一度書いておかねばならないと思う、。

画像は手持ちの写真を古いと思われる順に並べたものです、。エビアンの鉢は3個だけで他の3個は別な所有者さんの鉢です、。
①は1650年過ぎに大阪の堺市で「楽雅亭」や「楽忠」が作り始めた頃の「楽鉢の造り始めのパターン」なので、これを一応1650年型とした、。
②は同じ「楽雅亭」の鉢ですが、少し古典園芸風な形をしているので、これを時代を少し下って1700年型としました、。
③は、「大阪楽」ではあるけれど窯元が違うので比較の対称としては変ですが、縁のつば部分が「黒鍔(くろつば)風な形」なので、これを1700年後半型とします、。
④は、3よりも足やヘリに工夫の痕跡が見られ、ツバも横広がりに完成して来たので、1800年型としました、。

④の画像の時代までは「太鼓胴・段替わり」という形を忠実に引き継ぎ、「段替わりの度に鉢の太さを3段階に細く削って」います、。今まで見た大阪楽鉢はみんな同一パターンのデザインです、。③の右横に引いた線はその事を示しています、。

⑤ところが、楽鉢製造が京都へ移った(というか1820年頃に短冊家が製作を始めると)直後から、楽鉢の形に変化が起こり始めます、。⑤の鉢は一応は大阪楽の太鼓胴・段替わりを引き継いでいるように見えるのですが、よく見ると、胴部分にカーブを付けて、段替わりでも絞り込まれてない、。
⑥は、⑤を作ることで短冊家は「ロクロで下から上まで一気に引き上げる方式」を思い付いたのでしょうね、。⑥の鉢は「総絵付け」ですが、これ以後の作品には「段替わりの名残」として「鉢縁下・下部」と「腰部分・上部」とに「イッチン描きで1本か2本の線を描き、これを段替わりの名残とした」のでしょう、。


このことによって、製造に掛かる時間の短縮が出来る、鉢の肉厚を薄く出来る、自由な絵付けが出来る、などなどの利点が生まれ、これ以後「楽焼鉢」は大きく発展して行く事になりました、。
この「短冊家が作り始めた形状の変化は、楽鉢の世界における大革命」だったと思います、。以降、現在まで200年弱の時間が経過しますが、完璧なデザインでしかも簡単な製造方法であるために、他に工夫の余地も無く、同じデザインが引き継がれています、。「初代短冊家」というのは大したものです、。


d0103457_01232589.jpg
上に掲載の画像は楽忠楽雅亭の小型楽鉢です、。植わっているのは中春梅弁代表花「宋梅」、。これを見ると、随分小さい鉢も作ったんですね、。同じデザインの鉢は「楽忠窯の中盤1800年頃」まで造られたようです、。
画像は50年近く前に大阪府枚方市牧野に住んでいた竹島健太郎氏方で開催の「幽香会」の折に出品された貝塚市の道浦氏の作品、。道浦氏は当時「植木鉢数寄者」として知られ、没後はそのコレクションの多くは静岡の新谷氏経由で高木禮二氏(明光商会会長・msシュレッダー)コレクションに集められた、。撮影はエビアン、カメラはゼンザブロニカ、。







by evian_th | 2016-12-21 15:08 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
五柳菊花紋万年青鉢                     No.574
b0034163_23450079.jpg
b0034163_23450987.jpg
b0034163_23452952.jpg
b0034163_23454072.jpg
b0034163_23454857.jpg
b0034163_23455806.jpg

◆2016年12月、。   五柳・菊花紋万年青鉢


師走!!!,、。
今年も誠にお世話になりました、。東洋蘭風来記も13年目に入っています、。これからも引き続きましてご訪問下さいますようお願いします、。

「五柳・菊花紋万年青鉢」、。
年末に相応しく、背筋がシャキッと伸びるような鉢をご覧頂きます、。

台の鉢は短冊家製、。五柳の持てる技を存分に注ぎ込んだ逸品です、。
残念ながら1の足方向からの画像しかありません、。2の足・3の足の絵付けも是非見てみたいと思わせる鉢です、。
「腰」部分には五柳の青海波紋様、「鉢縁下」(はちべりした)は唐草紋(?)、「胴」には写実的な菊花紋を散らしてあります、。ま、上出来の格調高い「五柳鉢」です、。

このクラスになると価格も跳ね上がるてもんです、。五柳もいろいろだから、。
短冊家の作りもいいですね、。時代乗りもいいけど元々の鉢の造り自体が素晴らしいと感じます、。
万年青鉢のこの形、全体のフォルムを完成させたのは「京都・短冊家」だと思います、。
西暦1800年代初頭の「大阪楽の万年青鉢」からいきなりこの形の「短冊家の京楽鉢」へ飛びます、。短冊家の極く初期の作品は既に大阪楽とは違い完成度が高いのです、。
大阪楽の万年青鉢の最後の方は「園芸ジャパン2016年1月号の16ページ17ページ」に掲載の2個ですが、その後に古典園芸用楽鉢の製造が京都へ移ると、突然完成度の高い短冊家鉢が登場します、。デザイン的にその途中の移行期の作品は見ません、。(今後出て来るかも知れませんが)、。

そう考えると「京都・短冊家」というのは大したものです、。特に初代が凄かったのだと感じています、。
その後に出て来る多くの窯元、浮田楽徳・福富京楽堂・愛知県三河地方の窯元、などなど、みんな「短冊家のフォルム」を継承しています、。他のデザインを工夫させる余地も無い程の完成度の高さを江戸時代・文化文政年には完成していたのですから短冊家というのは大したものです、。それから200年経った今現在も同一のデザインなんですからねぇ、。驚きですよ、。

激動の2016年を終えるに当たって、素晴らしい鉢をご覧下さい、。
口径14センチ高さ14センチ、。(河野祝之氏蔵)






b0034163_00300718.jpg
上画像、1枚目と2枚目とは同じ画像に見えますが、2枚目の方は少し緑色を強調して少しクッキリとさせてあります、。実物の見た目は1枚目画像のようでしょうが、絵付けの説明は2枚目の方が分かり良いと思います、。






大阪東洋蘭会 2017年 春季展示会
時:2017年3月12日。(1日限り)
所:兵庫県宝塚市山本 山本園芸流通センター(広い駐車場の中に展示会場あり)
午前10時~午後1時展示、午後1時~午後4時交換会








by evian_th | 2016-12-01 00:29 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.