TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


タグ:中国春蘭 ( 69 ) タグの人気記事
◆中国春蘭素心「老文団素」と「富岡素」、。   No.163
b0034163_2352588.jpg

◆2008年4月、。「老文団素」と「富岡素」、。
今回の中国蘭ブームは”中国での人気のコピー”だったので、”濃い品種”が人気で、「素心」は置いてけぼりを食った格好でした、。が、ごく一部の人の中には中国春蘭の本格派も居て、自分好みの「素心」を集めている様子でした、。「富岡素」は判別が難しい品種なのと数が少ないのとで、そういう人たちが探している蘭です、。
「老文団素」の方は、前回よりは偽物が少ないようですが、「老文団素」そのものの売買が少なく、欲しい人が出れば偽物も出てくるのでしょう、。この品種は偽物を売るつもりではなくて、所有者本人に見る目がなくて、自分の「老文団素」こそは本物だ、と信じているのが一般的です、。
-------------------------------
◆両種は非常に似ています、。
葉姿・葉性では見分けは困難です、。中幅、照りのある濃緑の中垂葉またはユッタリとした環垂れ葉、長さの割に幅を引かない部類の蘭です、。強いて違いを探すとすると、「富岡素」の方が襟組み正しく立ち上がり涼しく、「老文団素」は作りによって新木が立つなど多少荒れます、。古木の葉先が傷みますが、他の蘭と比べて特に葉傷みし易いと言うほどではありません、。
根の状態や性質も似ています、。
-------------------------------
◆花は、「老文団素」は(よく言われるように)弁先に剃刀で削いだような鋭さ、角度があるのに比べて、「富岡素」には”副弁上方に、なで肩”のような優しさがあります、。(画像、矢印部分に角張りが有るか無いかの違いです、。花弁下方は両種とも角張ります、)、。ここが一番の違いですが、両種共、お互いに似たような咲き方をすることも多く、一株に5~6花咲いた時の平均値というか、一番元気の良い花でのことです、。
上の画像は、なるべく両種の特徴が出た花を選びました、。老文団素は開花後2週間経過、富岡素の方は開花後3週間程度経過しています、。(咲き上がりを待って撮影しました、)、。
-------------------------------
◆「宋梅」などは色んな花形に咲いても「宋梅」という品種名を見間違うことは無いものですが、この両種は花によっては品種名さえ分からないほど違って咲きます、。
-------------------------------
◆「老文団素」は凛としたところのある男性的な蘭(若武者ではなく古武士の風格を有する蘭)で、それに対して「富岡素」は気品のある優しさを感じる女性的な蘭(モナリザのような)です、。
上画像の2種とも、まだ最上木に咲いた花ではなく(途中粗末にした期間が長く、手間取ってます、)、花弁の幅はもっと広くなります、。
-------------------------------
昨夜はTV見ながら、これ書き始めたので、文章になってなくて、すみません、。まとまってないね、。
◆中国春蘭もここまで来ると、興味のある人は少ないし、理解できる人となると、もっと少ないと思いますが、一度は書いておかないとね、。
by evian_th | 2008-04-16 00:28
◆中国奥地蘭「ダダコウ散り斑覆輪奇花」、。    No.160
b0034163_1738255.jpg

◆2008年4月、。奥地蘭「朶朶香散り斑奇花」、。
偶然、蘭室で咲いていた花、。「朶朶香の散り斑」で買ったものに奇花が咲いてました、。一時的な現象だと思いますが、何とも”色気のある花”だったので掲載、。
葉は散り斑で出て時間の経過と共に葉辺部へ覆輪状に集まり、葉先部分に紺縞を現す葉芸品、。よく見ると花弁も覆輪花になってますね、。
by evian_th | 2008-04-06 17:39 | 奥地蘭(中国蘭)
◆黒崎さんからの蘭画、。            No.156
b0034163_12134029.jpg

◆2008年3月、。
3月20日に全国日本春蘭連合会春季展示大会へ行くと、佐々木幹事長の元に顧問の「黒崎陽人」さんからエビアン宛ての封筒が届いていた、。”蘭画”とある、。
中身はご覧の通り、「国香」の書と「春蘭」の絵、それに丁寧な礼状が添えられているものでした、。
◆手紙には「・・・お礼の一端に蘭画の一葉を贈り・・・」と書いてありますので、これはエビアンに対してだけでは無く、「東洋蘭風来記訪問者の皆さん」や「自然と野生ラン・中国蘭花図鑑愛読者の皆さん」に対しての黒崎さんからの感謝の気持ちだと理解しました、。画像を掲載して皆さんと一緒に喜びたいと思います、。
--------------------------------------------------
--------------------------------------------------
◆<訂正>
下スレ、No.153で、今後数年間は「韓国の蘭界事情」に振り回される時代が来るだろう、と予想したのでしたが、どうも、そうはならない様子なので、訂正しておきます、。
一つには、韓国の蘭界が日本以上に不景気なこと、。一つには、円高によって韓国人が日本の蘭を買いにくくなっていること、。韓国蘭界が偽物や実生や加温蘭などを売るような妙な方向へ動き始めたこと、。・・・などが原因です、。
◆したがって、過去数年、中国が日春奇花や中春・九花などを買い入れることによって盛り上がった日本での蘭界事情のような現象は、韓国春蘭や日本春蘭には起こらないだろうと思われるのです、。
◆現時点に於いては、そのような様子です、。残念ながら、過大な期待はできないでしょう、。
by evian_th | 2008-03-22 12:26
◆中国春蘭「富華梅」(ふうかばい)        No.154
b0034163_211763.jpg

◆2008年3月、。中国春蘭、「富華梅」、。
蕾が包皮を食い破って出た頃から既に外三弁の中央にクッキリと”二引き”を現し、開花後も鮮やかに残るので品種判別の目安となり易い蘭です、。硬捧心と言えるほどの硬い兜を付け、ともすると”いかつい感じの中宮”になり勝ちなので、優しい作りが要求されるように思います、。舌は大劉海舌に三引きの鮮やかな紅点を印します、。花弁の緑が美しい大花です、。
by evian_th | 2008-03-12 21:08
◆中国春蘭「老代梅」                No.148
b0034163_19392888.jpg

◆2008年2月、。中国春蘭、「老代梅」(ROTAIBAI)
もう少し花茎が伸長し、2個の花が分かれたら、また撮影して、後日掲載、。
----------------------------------
今春の展示会案内は「スレッド142」にあります、。
by evian_th | 2008-02-27 19:37
◆平成20年春の展示会のご案内           No.142
b0034163_19482589.jpg

◆2008年「春季展示会」060.gifのご案内、。(春蘭展示会・春蘭展)
展示会案内は必ずしも日付順に記載してませんので御注意ください、。終了した展示会分も削除しませんので、この点もご注意ください、。随時、追加することもあります、。
-----------------------------------------------------------

大阪東洋蘭会・春季展示会(大阪の会)
時:2008年3月4日~9日
所:咲くやこの花館フラワーホール(大阪市鶴見区緑地公園)(クリック)
展示品:東洋蘭に属するもの何でも。(お遊びにお出かけ下さい、エビアンとココでお茶しましょ!!,、。)

------------------------------------------------------------

全国日本春蘭連合会・春季展示大会(全春連)
時:2008年3月20日21日
所:芝弥生会館(東京都港区海岸)(クリック)

------------------------------------------------------------

全日本東洋蘭連合会・春季美術品評大会(全東連)
時:2008年3月11日12日
所:プラザ・アペア(東京都大田区西蒲田)(クリック)

------------------------------------------------------------

あいち花フェスタ・名古屋国際蘭展(ナゴヤドーム展)
時:2008年3月14日~19日
所:ナゴヤドーム(クリック)

-------------------------------------------------------------

茨城県愛蘭会春季展示会
時:2008年2月23・24日
所:水戸市民会館(クリック)

-------------------------------------------------------------

蘭遊楽座
時:2008年3月1日(土曜・一日限り)
所:東京・大森・大林寺客殿(クリック)

--------------------------------------------------------------

第五回中国春蘭展示即売会
時:2008年1月26日~2月11日
所:箱根強羅公園(箱根登山鉄道)(クリック)

--------------------------------------------------------------

紀州蘭友の会・春蘭展示会
時:2008年3月15日16日
所:紀の国文化センター(風土記の森・和歌山市岩橋)(クリック)

--------------------------------------------------------------

寄居春蘭研究会・第22回春蘭展示会
時:2008年3月15日16日
所:就業改善センター・桜沢公民館(クリック)

---------------------------------------------------------------

播磨愛蘭会第29回春蘭展示会
時:2008年3月22日23日
所:姫路市花の北市民広場(JR播但線野里駅)(クリック)

--------------------------------------------------------------

東洋蘭・京都愛好会・春蘭展示会
時:2008年3月23日
所:京都・平安会館1階ロビー(クリック)

--------------------------------------------------------------

東洋蘭風来記・奥部屋
by evian_th | 2008-02-27 19:30
◆中国春蘭一花奇花「笑蝶」、。          No.147
b0034163_23205487.jpg

◆2008年2月、。展示会に入る前に少し更新しておこう、。
中国春蘭「笑蝶」、。変な咲き方をした中国春蘭奇花として入手したもの、。今年は正系「笑蝶」に咲きました、。が、今までの経験から言うと、株が立ち木勢が上がると共に、大概は「舞蝶」か「簪蝶」になってしまうのが”オチ”、。
そんな心配は後の事にして、ともかく今は「笑蝶」に咲いている花を愛でています、。
by evian_th | 2008-02-24 23:26
◆中国春蘭「桂円梅」の包皮剥ぎ取り        No.146
b0034163_1210664.jpg

◆2008年2月、。
中国春蘭「桂円梅」の花首を曲げない為の包皮剥ぎ取りタイミング、その2、。
花弁は包皮の中で十分に成長しているので、包皮を剥くと直ぐに花弁はほぐれ始め、翌日には開花します、。
------------------------------------
今春の各地展示会案内は下スレNo.142にあります、。
by evian_th | 2008-02-23 12:11
◆中国春蘭「桂円梅」の包皮むき取りのタイミング。 No.145
b0034163_21193194.jpg

◆2008年2月、。
中国春蘭「桂円梅」の花首を曲げない為の包皮むき取りのタイミング、。
ちょうど今の時期、「桂円梅」が開花時期を迎えますが、人為的に手を添えてやらないと花が曲がって咲いてしまいますので、タイミングと、皮の剥き方を書いておきます・・・
-------------
◆画像は今日2月22日の「桂円梅」です、。左の画像にある「包皮」を被った状態の蕾は、一見まだこれからの開花のように見えます、。
包皮先端の隙間から花弁が少し覗き込むと見える程度ですが、これの包皮をむき取ると、右画像のように、すでに包皮の中で花梗部分(花首部分)がねじ曲がっていました、。(左右の画像は前からと後ろからの撮影で、同じ蕾です、)、。
つまり「桂円梅」の場合、花弁先端が包皮を破って出て来るよりも、ずっと前から包皮の中で花梗が伸びるようです、。
-------------
◆包皮をむき取るのは、花弁の先端部分だけではなく、花首に近い部分、花弁の元部分で強く花弁と包皮とが接着していますので、花首が見えるくらいまで”包皮をむき取る”ことが大切です、。
----------------------------------------------------
今春の各地展示会案内は下スレNo.142にあります、。
by evian_th | 2008-02-22 21:35
◆中国春蘭・一花水仙弁「宜春仙」2題       No.144
b0034163_13445061.jpg

◆2008年2月、。中国春蘭・水仙弁「宜春仙、」、。
最初に誰が言ったか知らないけど、中国春蘭一花の下級品種のような扱いを受けている「宜春仙」です、。見ようで、それほど悪い蘭じゃないとエビアンは考えます、。
濃緑の葉は葉姿は美しい曲線を描くし、咲き始めの花容には愛嬌もそれなりにあると思うのですが、。そういう目で下級品種と言われている蘭を、この春、見つめ直してみませんか?、結構可愛い蘭が隠れているかも知れません、。
by evian_th | 2008-02-21 13:52



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.