TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


タグ:中国春蘭 ( 69 ) タグの人気記事
◆中国蘭奥地蘭・ダダコウのチャボラシャ      No.123
b0034163_2132583.jpg

◆2007年11月、。中国蘭・奥地蘭・朶朶香のチャボラシャ、。
今年作での新木は1本だけだったのが、画像右手前の新木に比べ、更に幅を引いて葉肉の厚みを増し、相当な凄みを現してきた、。日本に30本ほど存在する、。
-------------------------------------------------------
大14回  杭州寒蘭展示会
時:2007年12月8日(9:00~17:00)
            9日(9:00~16:00)
所:メッセウイングみえ(三重県産業振興センター2階大研修室

-------------------------------------------------------
第一回  中国杭州寒蘭大展示会
時:2007年12月14・15・16日
所:上野グリーンクラブ
主催:中国杭州寒蘭大会実行委員会(箱根香蘭亭・(株)サングリーンきむら)

--------------------------------------------------------

第21回  東洋蘭総合展示大会

時:2007年11月23・24・25日
所:博多スターレーン、2階

---------------------------------------------------------

東洋蘭風来記・奥部屋


Yahoo! JAPAN

by evian_th | 2007-11-14 12:16
◆中国奥地の蘭・ダダコウ奇花黄花「黄金鳥」    No122
b0034163_1720481.jpg

◆2007年11月、。
奥部屋で花芽画像を掲載したので、こちらに花画像を掲載しとこ,「黄金鳥」、!!!,、。
by evian_th | 2007-11-01 17:23 | 奥地蘭(中国蘭)
◆中国春蘭・一花荷花弁の新花「天一荷」    No.119
b0034163_19701.jpg

◆2007年10月、。
中国春蘭・(一茎)一花・荷花弁の新花「天一荷」(てんいちか)、。
東京の愛好家が中国から買い入れたもの、。2鉢になり内1鉢が商人さんに渡ったので無理を言って割ってもらったもの、。
花容は、現存する荷花弁花中でも際立つ愛嬌の良さとふくよかな花弁を持ち、大き目の舌には「サイコロの4」のような印象的な紅点を印する、。
葉姿は、翠蓋に似た直線的な葉だが葉先は翠蓋よりも尖り、葉丈20センチ足らず、。
名前がいいよね、「天一荷」、。覚えやすいてのは蘭の出世にとっては大きな要素だから、。
                          (画像撮影、by:夢楽ちゃん、)、。




東洋蘭風来記・奥部屋


Yahoo! JAPAN

by evian_th | 2007-10-31 00:10
◆新オリジナル品「赤富来」           No.120
b0034163_221345.jpg

◆2007年10月、。
新しい「風来記オリジナル品」、「朶朶香・白縞・赤花」の名前は、変に凝ると覚えにくいので、安直単純な命名ですが、「赤富来」(あかふうらい)に決めさせてもらいます、。
葉性は全く違うので見分けはつくのですが、「白縞・色花」の同じカテゴリーに属する朶朶香ですから、これが覚えて頂き易いか、と、。
柄の安定性、出方は「赤富来」が上です、。でもま、似たようなものかも、。紺帽子深く仕上がった最上柄の「赤富来」画像を掲載しときます、。
デビュー時の本数が「富来」の時より少ないので、何点出品できるか不明です、。
(画像は10月28日、エビアン撮影、背景は展示会場のモルタル床、)、。
by evian_th | 2007-10-29 02:10 | 奥地蘭(中国蘭)
◆中国蘭奥地蘭・蓮弁蘭                No.118
b0034163_130612.jpg

◆2007年10月、。チョイ色気の蓮弁蘭、。
ここへ書くのは場所違いなんだけど、「蓮弁蘭画像」が出たので、書いておくと・・・
「蓮弁蘭」栽培には、「赤ぼら」などの「寒蘭用土」は、あまり向かないようです、。「根」は出来るけれども「木」が出来ない、。芽休み(子休み)したりするし、成長も遅く、花着きも劣る、ように思います、。(エビアンが「赤ぼら・赤ぼら」て書くもんだから、真似して失敗されてもいけないので、。何でもかんでも赤ぼら主体で、て風には行かないようです)、。
------------------------------------------------------
展示会案内は、順次下スレ117に追加しています、。
------------------------------------------------------
◆どうも出来秋の相場が柔らかいなぁ、。商人が弱気だと感じる、。売れる時には思いっきり高く売る商人などが弱気になると、こんなものかと思うほど、。手持ち分を現金化したいのだろう、。
背景には、中国での一部の蘭の値下がりと韓国春蘭柄物の値下がりとがあるのですが、日本の愛好家の好みの傾向を掴めてない不安もあるのだろうと思います、。
来春へかけて商人の一部が手持ち蘭を投げ売る状況にみえますので、愛好家はご自分の好みの蘭を見定めてジックリ選ぶと、思わぬ拾い物に出会えるチャンスだと感じます、。
---------------------------------------------------------

東洋蘭風来記・奥部屋


Yahoo! JAPAN

by evian_th | 2007-10-19 01:32 | 奥地蘭(中国蘭)
◆中国蘭鉢・白泥正方ラン鉢、。         No.107
b0034163_1285575.jpg

◆2007年9月のトップ画面は「中国蘭鉢・白泥正方、」です、。
ちょうど2年前2005年9月も「中国蘭鉢・白泥正方・落款長春、」でした、。その長春中国蘭鉢よりも一回り小さく使い頃の鉢です、。上から見た外縁の直径18.3センチ、高さ18.3センチ、。
デザインは長春鉢と同じですが、作りと土目が違って、表面の土が足の所で薄く剥げるので、画像の右の足に「ほつれ」があり、内側にも「ニュウ」があるので、この鉢は「使い鉢」にしています、。展示会には一番よく使っていて、気軽に使用できます、。時代は一応古く、古渡り後期くらい、。落款無し、。東京の個人コレクターから出たもの、。
-------------------------------------------------------------
◆この「風来記ページ」は他ページとは別サーバーで、今年から画像掲載容量無制限の有料版に申し込みましたので、過去遠慮して小さなサイズでしか掲載しなかった蘭や鉢を今後は大きいサイズで掲載して行きます、。
植木鉢も棚上の物は大体ご紹介しましたので、来年から振出へ戻ってリバイバル掲載させて頂きます、。棚下にはまだ少し有るのですが、上のガラクタを取り除かねばならず、デジカメも性能が良くなったので、再掲載させていただきます、。ご了承下さい、。
-------------------------------------------------------------
by evian_th | 2007-08-31 00:29 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
◆東洋蘭・中国春蘭・四喜蝶             No.105
b0034163_11114755.jpg

◆2007年8月22日、更新、。
中国春蘭一花「四喜蝶」、。
不整形奇花咲き種なのに、何故か格式を感じるのだが、一般には理解されにくく貴重品扱いされたのは昔に短期間あっただけ、という地味な存在の蘭、。中国春蘭四喜蝶が好き、と言う人に出会ったことは無いから、多分こちらが変人なのだろう、。


Cym.goeringii (China)
----------------------------------------------------------------------
by evian_th | 2007-08-22 11:23
◆「東洋蘭風来記・奥部屋」へもどうぞ!!,、。     (No.79)
b0034163_321242.jpg

◆「東洋蘭風来記・奥部屋」と称して、エビアンの個人ブログを製作中です、。
個人の日記のようなものですから、蘭関係以外の事も書きますが、よろしければ、お遊びにおいで下さい、。
「東洋蘭風来記・奥部屋」入り口です、。

-------------------------------------
画像をクリックすると拡大、または明確になります、。
-------------------------------------
日本春蘭は1~2の中級人気品があって地味ですが動いていて、来春即売用の花着き株は好調の様子、。韓国春蘭柄物は停滞気味、。中国春蘭一花・中国蘭九華は価格的に落ち着いた状態、一時の過熱振りは消えた物の安定した人気になっています、。「天緑(梅)」だけが異常高、。奥地蘭は入荷無く、愛好家に買い気配あるものの品薄気味、。この季節杭州寒蘭だけが入荷活発・・・というのが蘭界の現状です、。
-------------------------------------
画像は「朶朶香・黄花」、3人の人へ出て行ったけど、今から思えば小型春剣蘭のような幅広肉厚の立ち葉といい、発色の良い極黄花といい、命名しとけばよかったかな?、「風来記・朶朶香・黄1号」とでもしといて下さい、。あとで混乱したらいけないから、。
by evian_th | 2006-12-16 03:32
◆中国蘭の産地                    (No.77)
b0034163_2149147.jpg

中国蘭の産地地図・・・
中国蘭の産地を、簡単に説明しておきます、。
広い中国でも、蘭の産地は南部に限られていて、図中、海沿いの江蘇省中部・安徽省中部・河南省南部・陜西省南部・甘粛省南部・・・に横線を引くと、それが中国蘭の自生地の北限です、。

海沿いの江蘇省・浙江省・安徽省は従前の一茎一花有香種の産地です、。この南部では中国寒蘭・杭州寒蘭も自生しています、。

◆奥の方、雲南省・四川省・貴州省・重慶市は、風来記でもお馴染みの、奥地蘭(朶朶香・豆弁蘭・蓮弁蘭・春剣蘭など有香種)の産地です、。

◆その他の地方は、無香または微香の蘭の自生地で、今回ご紹介した湖北省中部以北・河南省南部には、日本春蘭や韓国春蘭と類似の無香の一茎一花が産します、。
九華の主産地も湖北省近辺です、。
(チベット人民自治区やインド北部にも東洋蘭は産しますが、省略しました、)、。
by evian_th | 2006-11-23 22:04



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.