TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


タグ:東洋蘭鉢・古鉢・植木鉢 ( 156 ) タグの人気記事
京楽焼万年青鉢(明治初期)              No.317
b0034163_036466.jpg

◆2009年12月、。    師走   明治初期の京楽焼万年青鉢

「師走、」、。早いもので、もう12月、。
今年も沢山の御訪問をいただき、1年間「東洋蘭風来記サイト」を運営させて頂けました、。御礼申し上げます、。

一年の締めくくりは「明治初期の楽焼万年青鉢」です、。
京楽焼の茶器(お茶碗)を思わせる加茂黒釉薬の肌、。手に持つとシックリと馴染みます、。エビアンが20歳代に師匠の竹島健太郎から購入したもの、。初めて買った「楽焼き鉢」です、。
資料から判断すると、明治の初めの手描き本に中型の万年青が植わった挿絵が出てきますので、明治初期に使われていた楽焼き鉢の一つの形だと思われます、。江戸末期頃から使用された形かも知れません、。
明治中期の頃には小万年青の流行とともに姿を消します、。
この後、明治10年過ぎには「小万年青」が流行り始め、万年青鉢は、胴部分が細くなり、猫足が大きくなり、ヘリのツバ部分が大きく広がって、現在の万年青鉢に近付きます、。(このことは、必ずしも断言できず、同時進行で同じ時期に胴が細い万年青鉢があった可能性を排除できませんので、今後の資料によって判断したいと思います、)、。幕末から明治初期は万年青の流行の変化に伴って「楽焼き鉢」の形が大きく変化した時期でもあり、旧型と新型とが入り混じった時期でもあります、。画像の鉢は「古典の様式」(デザイン・製法ともに、)を踏襲した形です、。明治中期以降には、この形の鉢は見られなくなります、。

画像撮影と修正には苦労しました、。結果として、エビアンのコンパクトデジカメでは、コールタールを塗ったように黒々テカテカと光り、渋さは消え去り、この鉢の持ち味を写せませんでした、。鉢内側、釉薬が鉢内側へ落ち込む所の辺に実物の光沢が写せているかと思います、。
画像の鉢は、直径17センチ、高さ13センチです、。
-------------------------------------------------------------------------------------
<日本の陶芸史に於ける植木鉢の位置づけ>
◆人間にとっての100年間という時間は大変な時間ですが、焼き物にとっての100年間というのは左程たいした時間でもなく、「楽焼き鉢の歴史」を調べるのに、「楽焼きお茶碗」の方向から調べることの限界を感じ、「日本の焼き物史」の方向から調べようと決め、見てみると・・・

日本三大お茶碗(三大焼き物)は、「一楽、二萩、三唐津、」と言われますが、一方、「日本六古窯」(にほんろっこよう)と呼ばれる「瀬戸、常滑、信楽、越前、丹波、備前、」には、楽も萩も唐津も含まれていません、。
これは「六古窯」を切った時期が時間的に古く、唐津はともかく、楽焼などは新しい焼き物なので「六古窯」には含まれなかったようなのです、。

京都や江戸は、昔から人口が多く、従って消費も多く、消費地ではあっても生産地ではなかったことに依ります、。
「京楽焼」など京都の焼き物が(窯元が)盛んになったのは、今からせいぜい400年前の安土桃山時代以降の事らしいのです、。その「400年間の京都での窯元」の数だけを見ても、雲華焼・頴川焼・木野村焼・道八焼・仁清焼・粟田口焼・・・・・・と、実に50窯を遥かに超え、中には、ある地域全体の窯の総称で呼ばれるものもある始末で、この方向からの調べにも限界があることを痛感しています、。

「京都の焼き物」は総称して「京焼」と呼ばれ、その内を更に、磁器は清水焼と呼ばれ、陶器は粟田(あわた)焼と称されます、。我が「楽焼」は、「粟田焼」の一部に過ぎなかったのです、。(京都大学のある吉田山から粟田口の一帯は、平安京の”刑場”だった場所として知られます)、。

膨大な資料に基づいて、このような「日本陶芸史」を纏めて居られる高名な陶芸家の先生でさえ、読者から「日本の植木鉢の話が出て来ませんが、植木鉢の歴史を書いて頂けませんか、」という投書だかメールだかがあって、植木鉢」の事は全く分からず、「どなたか、植木鉢の事を書いた本やサイトを御存じでしたら教えてください。植木鉢の事を何でも構いませんから教えてください、」と書いておられる始末で、この「日本陶芸史」の方向からの調べも期待出来そうにありません、。

ことほど左様に、「日本での植木鉢、」というのは、歴史の闇に隠された分野なのです、。「楽家」の資料からも、あえて消し去られている様子がうかがえ、脇窯が何を作っていたかという記述は出て来ません、。焼き物の裏街道、というか、植木鉢というのは本来が下手物で、過去には調べられた事も無いようです、。
またまた大きな壁に突き当たりました、。地道に過去の資料から調べて行きます、。今後ともの御支持をお願いします、。(エビアン。。。)
by evian_th | 2009-11-30 02:43 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
明治時代「青海波文様万年青鉢」            No.312
b0034163_012994.jpg

◆2009年11月1日、。    明治時代の「青海波文様万年青鉢」

チョッと見に分かりにくい鉢、。明治時代初期~中期に使用された鉢です、。未使用なので時代乗りが無く、青海波の色が鮮やかなので新しいように見えますが明治中期までのものです、。
「自然と野生ラン・2009年11月号・65ページ」に同じ窯元の小さめの鉢が掲載されていて、そちらは使用されていたので時代乗りがあります、。画像の鉢は4.5号くらいの大きさです、。
「青海波模様」を描いた顔料は、瑠璃釉薬や支那呉須ではなく、江戸末期1830年頃から輸入され始めた「化学合成呉須釉薬」だろうと思います、。当時としては高価な支那呉須や瑠璃釉薬に代わる最新流行の釉薬だったでしょうから、。黒い部分は加茂川真黒石、生地の陶土は京土です、。轆轤跡も綺麗に見え、丁寧に作られています、。デジカメ画像処理上、青海波の色が薄く写っていますので、このページ下に余裕があれば、実物に近い色の画像を掲載します、。


b0034163_0332033.jpg

「青海波模様」は大体この程度の紺色鮮やかな色です、。イッチンとも筆書きとも見えますが、平筆で描いたものだと思います、。
b0034163_2234197.jpg

明治17年出版の手書き本(タイトルを書いた表紙の紙が取れてしまっているのでタイトル不明、)に掲載の挿絵、。このようなデザインの鉢が明治17年までには製造されていた事が分かります、。
by evian_th | 2009-11-01 00:12 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
京楽焼き鉢蘭鉢「實山鉢」                No.309
b0034163_1132681.jpg
b0034163_11322118.jpg

◆2009年10月、。   京楽焼き蘭鉢「實山鉢」

京楽焼き春蘭鉢「實山鉢」、。これがまた分からない鉢なのです、。「一水鉢」と同じルートで手に入れた鉢だと思うのですが、その商人に聞いても知らない、実態が全く不明の絵師による鉢、。
落款は「實山」と読めます、。「桜の絵付け」が多い鉢です、。展示会映えがし、豪華さも兼ね備えた絵付けをする人です、。この鉢について御存じの方は、詳細をお知らせ頂けると、ありがたいと思います、。

------------------------------------------------------------------
展示会情報は必ずしも日付順に並んでいませんので、ご注意下さい、。
-------------------------------------------------------------------
2009東洋蘭総合大展示会
時:2009年10月23日・24日・25日
所:東京上野グリーンクラブ

播磨愛蘭会・第30回記念・寒蘭展示会
時:2009年11月21日・22日
所:兵庫県姫路市花の北市民広場

寒蘭展示会
時:2009年11月3日
所:京都・平安会館(1階・金閣)

蘭遊楽座展示会
時:2009年12月5日午後1時
所:東京大森・大林寺
by evian_th | 2009-10-16 11:33 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
楽焼鉢蘭鉢「一水鉢」                  No.307
b0034163_025113.jpg

◆2009年10月、。    東洋蘭鉢・楽焼蘭鉢「一水鉢」

先月に続いて、近代作家の鉢をご紹介、。
現代の絵師の中で有名なのは、千葉県の布施覚氏ですが、東の「布施鉢」、西の「一水鉢」と呼ばれる鉢があります、。
山口県の万年青業者である「一水園・渡辺孝志」氏の絵付け鉢です、。万年青業者でありながら、京楽焼・蘭鉢・万年青鉢の絵師として有名な人、というか、渡辺孝志氏の名前を知らない人にも、その絵付けをした「鉢」自体はよく知られています、。布施鉢が一分の隙もない絵付けなのに対して、「一水鉢」(渡辺鉢)には少しの隙があり、これが展示会用の蘭を入れると実に映える、という不思議な力を持っているのです、。ご紹介したのは「唐獅子図」の鉢ですが、多くは「緑釉」を鉢全面に塗った上から草木などのイッチン絵付けを施した「静かさ」を感じる鉢です、。20年ほど前から蘭界でも多く目にするようになりましたが、現在もなお製作されているかどうかは不明です、。台として使われる鉢には「楽焼太鼓胴鉢」が多いのも特徴です、。
--------------------------------------------------------------------
by evian_th | 2009-10-04 00:03 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
東洋蘭鉢「龍山鉢」                    No.306
b0034163_1224014.jpg

◆2009年9月、。     京楽焼き東洋蘭鉢春蘭鉢「龍山鉢」初代

初代「龍山鉢」、。加茂黒釉薬を使った愛楽園重平鉢を台にして絵付けした「雲鶴図楽鉢」、。
鉢上部などに古典の図柄を忠実に踏襲した「龍山」初期の頃の鉢、。(胴部分の挟み痕や落款は以前の鉢のスレッドにあります、昭和30年頃の鉢、)、。
by evian_th | 2009-09-30 12:02 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
杉浦重平さんの楽焼鉢                  No.305
b0034163_226982.jpg

◆2009年9月、。   愛楽園先代杉浦重平さんの楽焼鉢波千鳥

楽焼鉢を調べ始めた頃、「手島鉢」の中に、特に波千鳥文様に数種類の描き方があって混乱したものです、。
「手島揫二鉢」の大体は調べ終わっているのですが、「千鳥、」の描き方が普通には手島鉢では「アジの開きの干物、」のような形なのに、「子供が描くカモメ、」のような形の鉢があって、ここの謎が残ったままでした、。

今回、風来記常連さんが「愛楽園」当代から直接、「先代の鉢です、」ていう万年青鉢を入手されて、この謎が解けたので掲載、。あの「波カモメ、」は重平鉢だったのでした、。(鉢所蔵・撮影:杉野さん)
by evian_th | 2009-09-25 02:27 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.