TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


東洋蘭「珍鉢銘鑑」                   No.354
b0034163_112997.jpg

b0034163_234773.jpg

b0034163_11293221.jpg

◆2010年8月、。   東洋蘭鉢「珍鉢銘鑑」なるもの

昭和8年に東京の藤坂四渓という人だか盆栽屋だかが発行した「珍鉢銘鑑」なるもの、。
珍しいのは「鉢」よりも、むしろこの「植木鉢だけの銘鑑」そのものの存在です、。

銘鑑の右半分と左下部は「中国鉢」、日本鉢は銘鑑左の上半分だけです、。昭和初期の盆栽界では「中国鉢」が主流だったことが分かります、。

この銘鑑は「盆栽鉢界」の銘鑑です、。
注目すべきは、2段目にアップ画像を掲載しましたが、「手島揫二窯」が「てしま揫二」として、盆鉢界のそうそうたるビッグネームと肩を並べて掲載されている事です、。現在でさえ、「楽焼き」は盆栽界では軽く見られているのに、昭和初期に「手島揫二」を認めさせていることで、当時の手島揫二が日本の楽焼き鉢市場を独占販売のような形で、金力と権力を身に付けていたことです、。
「京都の楽焼き」は、その左の「東山」に含まれるか、または、全く掲載されていません、。
東京では、明治時代には「福富京楽堂」が、大正中期から昭和戦前までは「手島揫二」が市場を独占していたのであろう、という証になる貴重な資料です、。
                                    (資料提供:華幸園)

(この銘鑑は「落款または通り名」で掲載されています、。)
by evian_th | 2010-08-07 02:34 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 「珍鉢銘鑑」昭和15年    ... 楽焼鉢「東京楽」       ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.