TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


東洋蘭鉢「釘彫り鉢」                  No.358
b0034163_2329776.jpg

b0034163_11205741.jpg

◆2010年8月、。     釘彫りの中国古鉢

今、ネットオークションで起きていること、。東洋蘭用の釘彫りの中国古鉢が大人気なこと、。
従前の日本の東洋蘭界での「中国古鉢」の評価基準が全く役立たない現象がネットオークションで起こっています、。中国の古鉢で釘彫りものが高価に買われています、。
従来の日本の蘭界では「釘彫り鉢」はあまり高くは評価してなかったのですが、ここへ来て中国の買い入れが「釘彫り鉢」に集中して、日本人の「釘彫り蒐集家」も出現し、今や大人気です、。初めは、「蘭鉢の見方を知らない人の一時的な気紛れ、」程度に見ていたのでしたが、どうもそうではなく、本当に「釘彫り鉢」を目掛けて買い入れているらしいのです、。
画像のような「絵」の部分は問題ではなくて、どうも裏側や横に彫られている「漢詩」に注目して買っている様子です、。「有名詩人の漢詩」とか「縁起の良い漢詩」とかというものがあるのでしょう、。この鉢なんか、漢詩部分なんて撮影もしてないものね、。日本人には邪魔な文字も意味があったんですね~、。
ともかく、東洋蘭界も植木鉢分野も、いつ何が起こるか分からない、そういう時代を象徴した出来事です、。
-------------------------------------------------------
過去の日本における「中国古鉢」の価値判断の基準や分類は・・・
◆「泥物」と「泥物釉薬掛け」と「磁器」とに分類し、その他に「南京」や「広東」といった特殊な産地別に分類し、更にその中を・・
◆「古渡物」とか「中渡物」とかの時代別に分け、古い時代に渡来したものほど価値があるとしてきました、。
◆「古渡物」で良い落款の入ったものは高価だと価値付けしてきたのでした、。

言うまでもなく、中国人にとっては「古渡」「中渡」などは意味を持たないし、古ければ良いというのも、ほとんど価値判断にはならないようです、。以前、中国人と話した時、「中国は6000年の歴史があるから、100年前も300年前も同じだ、」と言われた経験があります、。
中国に、自分たちの先祖先輩が価値付けた基準になる本でも残ってれば話は別なのでしょうが、そういう古い文献類は「文化大革命」時に焼き払って残って無いようです、。若い人は知らないかも知れませんが、文化大革命時には町の広場で大きな火が焚かれ、町中の人が個人所蔵の古書を抱えて来ては焚火に投げ入れている画像がテレビで放映されていたので、あの時に「蘭や鉢の古文書」は本当に焼かれ尽くしたのでしょう、。
だから今回、中国人は自分たちの新しい価値観を全ての分野で作ろうとしているのかも知れません、。

ある程度は理解するし認めるけど、今まで庭の隅や家の隅に放っていた「塗り白泥釘彫り鉢」を第一とし、・・・なんていう価値観には日本人は急には切り替えられないでしょう、。日本的価値観と中国の価値観が2極化して行くかも知れないし、今回は第一回で、次は他の鉢へと人気が回って行くのかも知れません、。面白い現象だと思います、。だけど、ヘンテコリンな時代になってしまったね、^^、。
b0034163_1121145.jpg

急遽、文字部分を撮影して追加しました、。
by evian_th | 2010-08-26 23:29 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 楽焼鉢「大阪楽」       ... 日本春蘭「荷花弁青更紗大舌」 ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.