TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


多分「笠間鉢」の初期                  No.398
b0034163_14173748.jpg
b0034163_14174835.jpg
b0034163_14175859.jpg
b0034163_14181441.jpg

◆2011年4月、。   笠間鉢の初期

風来記ご常連のkumasanちゃんが4月24日に入手してきた鉢、。
画像は送られて来たまま、。エビアンが実物を手に取って見た訳ではないので、画像からの印象でしか話せませんが、。
画像からは一見「笠間鉢」に見えますし、岡山の「備前焼」にも見えますし、こういう色の土と肌とは他の窯でも焼けるでしょう、。内側の轆轤引きの痕は笠間か備前のよう、。備前焼にも植木鉢は無いこともないけど何しろ固焼きだから可能性としては笠間焼の方が高く、一応「笠間鉢」として話を進めます、。(鉢外側下部に3本の飾り模様のスジがあり、ここがチョッと笠間鉢らしくないので迷いますが、。)

植木鉢には慣れてないけど職人の仕事であることは明らか、。轆轤で引き揚げ、外側はヘラで仕上げてあります、。面白いのは”鉢底”で、こんな「水はけ溝」は見たことがありません、。「切り高台 」の出来る前段階の工夫という風にみると、資料的には非常に価値ある鉢だと思います、。
恐らく昭和20年代の作品、。ここまで造るなら鉢底をヘリ部分を残して少し削って切り高台 を作ればよさそうなものですが、その概念が無かったのでしょう、。それ以前の磁器の鉢では「後付の足」を付けたものですし、陶器でも楽焼きなどは足を後付でしたから、轆轤引き時に鉢底を厚めに作り、裏返して鉢底を削るという技術は、この後に出て来たものなのかも知れません、。そういう意味で非常に資料的な価値のある鉢です、。
by evian_th | 2011-04-25 14:18 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 東洋蘭京楽焼万年青鉢     ... 中国蘭一茎九華赤茎「老染字」 ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.