TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


楽焼鉢「瑞雲に桐鳳凰紋万年青鉢」         No.407
b0034163_14453719.jpg
b0034163_14454977.jpg
b0034163_1446034.jpg
b0034163_14461052.jpg
b0034163_14461956.jpg
b0034163_14463145.jpg

◆2011年7月1日、。   楽焼鉢「瑞雲に桐鳳凰紋様万年青鉢」

楽焼鉢「瑞雲に桐鳳凰紋様万年青鉢」、。
「自然と野生ラン」誌6月号で、日本萬年青業者組合の出品により分譲された鉢だから見覚えのある人もおられることと思います、。たまたま風来記の知り合いに入棚したので、ご本人に撮影してもらい御紹介、。

この鉢は2つの点で非常に珍しい一品です、。
◆横線で区切らず、鉢の胴部分全体に一つのテーマで絵付けが施された鉢です、。
大概の鉢は少なくとも足の上部分で横線をグルリと一回り描き、その下には「青海波」や「雷紋」を描いたりするものです、。上から下まで前も後ろも線で仕切ることなく絵付けしてある鉢、というのは「イッチン絵付け」のこの時代には非常に珍しい事です、。最近のものでは”筆描き”で水墨画風な絵付けを施した鉢は多いのですが、イッチンで全体にデザイン化された伝統文様ではないテーマを絵付けした鉢は意外に少ないものです、。

◆絵のテーマは「瑞雲文様」に「桐鳳凰文様」の組み合わせというものです、。
「鳳凰は桐に棲む、」という伝説に基づいた画題で、「鳳凰」はご承知の通り「龍」「麒麟」「亀」と共に「四瑞」の一とされ、目出度い時に天の使いとして現れる生き物であり慶事の象徴です、。楽焼鉢の絵付けでは、「龍」は多く目にするのですが、「鳳凰」と「亀」は非常に珍しく、「麒麟」は全く目にしません、。「鳳凰紋様」は現代陶画工の第一人者である布施覚さん全盛時に豪華な鳳凰紋を描かれたのはご存知のとおりですが、明治の古典鉢に描かれることは少なく、描きにくい鳳凰という空想上の鳥を見事なデフォルメで構成された絵付けだと思います、。頭を下にした構図は幕末の浮世絵師・歌川広重の「江戸名所百景」中「深川州崎十万坪」の鷲(鷹?)の絵を彷彿とさせるような構図になっていて迫力があります、。
「桐紋」は古くより皇室や幕府の家紋として使われましたが、昭和20年以後は我が日本国の紋章です、。

それら文様の組み合わせにより、格調高い吉祥紋の絵付け鉢になっています、。高価な金箔を多用している所からも、この鉢が当時としては高価な鉢だったことがうかがえます、。明治中期頃の作品、。台の鉢は祇園短冊屋製と思われますが、手に取った訳ではないので正確には分かりません、。京楽焼であることだけは確実です、。(鳥山伸一氏所蔵)
by evian_th | 2011-06-30 14:48 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 奥地蘭「朶々香黄花特1」   ... 楽焼そもそも         ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.