TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


京楽焼扇散らし紋七々子蘭鉢            No.461
b0034163_1633298.jpg
b0034163_16331242.jpg
b0034163_16332021.jpg
b0034163_163329100.jpg
b0034163_1633417.jpg
b0034163_16334835.jpg
b0034163_1633578.jpg

◆2012年12月、。   京楽焼「扇散らし紋七々子鉢」(タイトルには蘭鉢と書きましたが、後の検索のためです、。)

京楽焼「扇散らし紋七々子鉢」
「うちわ」が中国伝来であるのに対して「扇子」は日本で作り出されたもので、日本の夏の暑さを凌ぐために重宝され進化した道具です、。扇子はその形状から「末広」と呼ばれ、繁栄の吉兆としての縁起物で「文様」にも多用されました、。主として「着物」の文様ですが、画像のように植木鉢の絵付けにも使用されたようです、。扇紋様は写実的に「扇」として描かれるほか、全面に散らし、「窓」として用いられ、扇の中に更に縁起物の絵付けをしたようです、。「松竹梅」や「鶴亀」、「桜・菊・牡丹」などを描くのが一般的ですが、画像の扇には見慣れない形状のものが数個描かれています、。

画像の鉢は7寸鉢と大きく、実際には写真で見るよりも一回りも二回りも大きな鉢でしょう、。ヘリの上側にも丁寧な絵付けが施され、全体にビッシリと手を抜かずに絵付けされています、。買い手からの注文絵付けだったかもしれません、。
台の鉢は「短冊屋製」に見えますが、手に取ったわけではないので、それ以上は分かりません、。明治中期ごろの製作、。絵師も不明です、。                               (飛田邦之氏所蔵) 


蘭花村の蘭展
時:2012年12月16日
所:つくし陶房土筆窯(静岡県伊豆市菅引字上ノ山51-1)
by evian_th | 2012-11-30 16:34 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 今年もお世話になりました 東洋蘭楽焼鉢「三河楽焼鉢」  ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.