TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


東洋蘭鉢「京楽焼・楽徳蘭鉢」             No.478
b0034163_15915.jpg
b0034163_151858.jpg
b0034163_152582.jpg
b0034163_153383.jpg

◆2013年7月1日、。   東洋蘭鉢・楽焼鉢「楽徳蘭鉢」

久々の「京楽焼鉢」、。京都祇園「浮田楽徳鉢」、。
真横画像だけを見ても一目で分かる「楽徳蘭鉢」、。口径15.3センチ、高さ19センチ、この時代にしては珍しく大きい5寸鉢です、。

テールベルトの横線を4本描いて鉢の胴部分を上下5段に分けた「段替わり」、。
ヘリの直下の一段目には雲形、。2段目と4段目には「雷紋」、。中央部3段目には「唐草紋」の地合いに「亀甲花菱紋」と「雪輪紋」の散らし紋、。5段目の足の間は窓の中に「菊花紋」、。
・・・という風に京都の伝統紋様づくしの絵柄、。絵にテーマは無く、伝統紋様を描いただけ、。絵付けのテーマや描き方から見て、かなり初期の頃の作品と思われます、。
真上画像から鉢底を覗き込むアングルでは「楽徳鉢」と「短冊屋鉢」は一見似てます、。手に取って触ると一目瞭然、判別できます、。明治初期~中期の作、。               (飛田邦之氏蔵:撮影)


ヘリの上部に細いニューが1箇所見えますが、それ以外はほぼ無傷、。
「短冊屋」と「楽徳」の大きな違いは「台の鉢」の硬さ、。「短冊屋」は非常に硬く作られているのに比べると、「楽徳鉢」は台の作り自体が柔らかく、ニューやカケの入ったものが多いのです、。
最初の陶土の揉みこみ具合が違うのか、焼成温度が短冊屋は高く、楽徳窯は低温だったかの違いでしょう、。しかし、このことは両窯の見分けに役立ちます、。




華幸園 富貴蘭自慢会
時:2013年7月13日・14日
所:華幸園展示場。(香川県高松市生島町420-150)

by evian_th | 2013-06-30 01:04 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 楽焼鉢を顕微鏡で見る     ... 東洋蘭「楽焼鉢」       ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.