TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


楽焼鉢の歴史                       No.485
d0103457_1527348.jpg

d0103457_15451261.jpg

d0103457_15454826.jpg

◆2013年8月27日、。   楽焼植木鉢の歴史

前の2スレッドの記事中に、「楽焼鉢の形の歴史を30年~50年間遡って考えねばならなくなった、」と書きましたが、現在市中に出回る楽焼錦鉢の全てを50年古く言って売っても構わない、ということではありません、。案外古くから形は完成していた、というだけの話です、。

****************************

「楽焼植木鉢」は、楽本家3代目の「道入(通称:のんこう)」の弟「道楽」や2代目「常慶」の弟「宗味」が開いた「脇窯」に於いて1656年以降に焼かれたものです、。資料的には「1656年以前には楽焼鉢は存在しなかった、」と思います、。
画像1枚目がその頃の楽焼鉢です、。分厚く重く加茂黒の掛かりも厚いものです、、。これを「初期楽焼鉢」とし、「1600年代後期型」とします、。


2枚目画像は、形が少しモダンになっているので、「万年青鉢や蘭鉢の基本形が形成されようとする頃」の鉢で、縦長になり、足が少し持ち上がった風な鉢です、。
これを(根拠は薄いのですが)「楽焼鉢1700年型、」とします、。



西暦1700年代は古典園芸界にとっては闇の時代で、どういう植物が栽培されたのかが資料から完全に消え去ります、。従って、その間の「楽焼植木鉢」の進歩や変化についても全く不明です、。

ただし、エビアン入手の資料、「楽焼秘囊」が1734年に、「五色楽焼秘伝抄」が1779年に出版され、これらの本の中で「楽焼(茶碗)の製法」がフイゴや七輪やヘラやコテやハサミ、はては釉薬の調合法まで図解付きで公開されていますので、「楽家」以外の一般人でも「内窯」を作れるようになったのが西暦1700年代の楽焼鉢での出来事だと言う事ができると思います、。「楽家」秘伝の製造法が公開されてしまった訳です、。


画像3枚目は、エビアンが「西暦1800年型」と決めている鉢です、。1800年以後の作品ではあり得ないし、1700年代の製造かも知れませんが、それを証明する資料もありません、。
大きさはグッと小さくなり、現在の鉢へと近づいて来ます、。この頃まで、デザインが全部「太鼓胴」なのは偶然なのか決まっていた事なのかは判断できません、。


******************************

楽焼鉢の時代特定には・・・

①、鉢の形や使用された土の種類と古び方、轆轤引き痕があるかどうかなど、。
②、使用された釉薬や顔料の種類、。(簡単に言うと色の種類)
③、絵付け紋様のデザイン、。

などを総合して判断するようにしています、。


******************************


①、万年青鉢や石斛鉢は1830年代には形が決まって来たようですが、蘭鉢や風蘭鉢はもっと時代が下ると思われます、。

②、1800年型には「加茂黒」「茶赤色土」「白色土」の泥漿や「瑠璃釉薬」を使った鉢は存在しますがそれ以外の色は見られません、。1830年になると「緑色釉薬」で鉢に文字(品種名)を書いた鉢が見られるようになります、。この「緑色」が「テールベルト」によるものかどうかは今の所判断不能です、。
1852年頃になると、鉢縁に金泥を塗ったものが見られるようになります、。この1852年で江戸後期は終わります、。翌年1853年のペリー提督黒船来航~明治維新までの15年間は風来記では幕末と呼ぶようになりますから、。江戸後期の楽焼鉢に有った色は「黒・白・茶赤・緑・金・瑠璃、」ということになります、。


③、「古典の楽焼鉢」に描かれた紋様は、文字を除くと大体が「日本の伝統紋様」です、。
日本の伝統紋様は、「中国起源の紋様」と「西陣や友禅などの着物文化からの導入紋様」との総合紋様です、。中国由来の模様は決まった模様の連続模様が多く、「四瑞 」の他には「亀甲」「格子」「唐草」「七宝」などを横へ繋げたり範囲を埋めたりするものが多い紋様です、。日本の伝統紋様には「絵画的要素」が加わったものが多く見られます、。「松」「梅」「桜」「小鳥」などです、。
こういう「古来の伝統紋様を楽焼鉢」に導入するようになったのは「幕末以後、特に明治初期以降、」のことです、。それも特に着物界からの導入でした、。「一柳さん」の絵師グループの功績が大きいと思われます、。

「江戸後期」では伝統紋様の導入は無かったものと判断しますが、着物界以外の世界で使われて来た伝統紋様の描かれた鉢は江戸後期にも見られます、。「龍」「獅子」「琵琶」などを描いた鉢が1850年頃には使われていた絵図が存在します、。、。鉢の胴体部分全面にではなく、鉢の正面1点にのみ「龍や獅子」を描いたのです、。色は極彩色ではなく「白色のみ」とか「白色に少し緑色」とかでの絵付けです、。



明治に入って絵師「一柳」(仮名)が、「替わり」(楽焼鉢の面を縦や横の線で区切って区切りごとに違う文様を描く、)の手法を取り入れ、現在まで残っている「古典楽焼鉢」が完成します、。


*******************************

<付録・本日着信の新情報>

「短冊屋さん情報」として本日聞いたばかりなのですが、明治の京都の楽焼鉢製造窯として、新たに2窯の名前が判明しました、。これで京都の楽焼鉢窯は5軒の名前が判明したことになります、。

◆短冊屋窯(祇園・和楽):祇園
◆浮田楽徳窯:祇園建仁寺東南角
◆大虎窯:東山区馬町
◆福井楽印窯
◆佐々木松楽窯:京都府亀岡市


*******************************
by evian_th | 2013-08-27 21:16 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 江戸後期の植木鉢       ... 京楽焼3番目の窯「大虎窯」  ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.