TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


楽焼鉢の絵付け様式の呼び方             No.500
b0034163_23335427.jpg
b0034163_2334643.jpg
b0034163_23341869.jpg
b0034163_23343617.jpg
b0034163_23345368.jpg
b0034163_2335317.jpg
b0034163_23351221.jpg
b0034163_23352091.jpg
b0034163_23352971.jpg
b0034163_2335393.jpg
b0034163_23354848.jpg

◆2013年12月、。   楽焼鉢、絵付け様式の呼び方


京楽焼植木鉢、古典の伝統紋様の呼び方
エビアンが鉢の説明文を書く時に使う用語はできるだけ日本古来の伝統紋様の用語を使うようにしています、。

「日本古来の伝統紋様」というのは、過去数百年間の長時間に渡り京都の主として「西陣や友禅など着物界」で作られ使われ続けた「絵柄」であり、その夫々の呼び方も伝えられてきたものです、。
京楽焼鉢などの陶磁器界の紋様も同じです、。着物界から引用したものです、。

①と②は「段替わり」(だんがわり)
楽焼鉢には用いられることが多い手法です、。胴部分に横線を何本か引き、その各々の段によって絵模様を変える手法のことを「段替わり」と呼びます、。引かれる線の数は絵柄や絵師によって様々です、。

③と④は「片身替わり」(かたみがわり)
「縦線を引き、左右で絵柄を変える」手法を「片身替わり」と呼びます、。「短冊家」や「福富京楽堂」で多く使われた様式ですが、他の窯元の鉢にもあると思います、。④の鉢写真では上下に横線を引き、その中央部分を「片身替わり」にしています、。

⑤と⑥は「霞取り」(かすみどり)
主として「風景画」の場合に絵に遠近感を持たせるためや途中を省略する場合に「霞」や「雲」が掛かったように見せるために考え出されたデザイン、。
古典模様では⑤のように横方向から掛かります、。これを⑥の鉢のように「上下の縦方向」へ応用したのはエビアンの独断です、。
古典紋様用語から探しに探しても縦方向に掛かるデザインは見当たらず、デザイン的に最も近い「霞(雲)取り」を引用して使っています、。
これには異論があると思います、。が、もし異議を言われるなら「伝統に基づいた古典用語」の中から対案を提示して下さると助かります、。「後になって作った用語」を言われても、それは受け入れられません、。他は全部伝統用語なのですから、。

⑦と⑧は「総絵付け」(そうえつけ)
縦や横の線で区切らず、鉢の胴部分全面に一つのテーマの絵付けを施した様式を「総絵付け」と呼びます、。

⑨は「繋ぎ紋」(つなぎもん)
よく練り込まれ簡略化された図柄の連続模様のこと、。画像は「亀甲・花菱・繋ぎ紋」(きっこうはなびしつなぎもん)、。「波」の絵で「青海波模様」は一つの扇型の連続と見るのではなく、全体で「青海波」(せいがいは)という文様なので「繋ぎ紋」とは呼びません、。

⑩は「散らし紋」(ちらしもん)
古典模様を全面に散らばしたデザインを「散らし紋」と呼びます、。画像は「舞扇」を散らし、その扇の中へ更に絵を描く場合もあります、。画像は「舞扇散らし紋」(まいおうぎちらしもん)、。

⑪は「尽くし紋」(つくしもん)
一つのテーマに基づいた各種の絵を集めた紋様を「尽くし紋」と呼びます、。画像は「秋草尽くし紋」、。くどい呼び方をすれば「秋草尽くし紋の総絵付け」、。



(このスレッド、追記するかもしれません)
by evian_th | 2013-12-15 23:36 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 平成26年・謹賀新年     ... 奥地蘭、豆弁蘭優品黄花「金紋」... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.