TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


京楽焼「五柳万年青鉢」                No.521
b0034163_15274356.jpg
b0034163_15275265.jpg
b0034163_1528023.jpg
b0034163_1528780.jpg
b0034163_15281430.jpg

◆2014年10月、。   京楽焼「短冊家、五柳絵付け万年青鉢」


京楽焼、短冊家、五柳絵付け万年青鉢
10月のトップ画面は豪華な「五柳鉢」、。
「鉢縁下」(はちべりした)には「片輪紋」風に半分埋もれたような「雪輪紋」と「花唐草紋」、。「腰」部分は少し豪華にアレンジした「青海波」を描き、主役の「胴」部分は「菊花紋と花唐草」、。「段替わり」の間には「菊花と雲形」を描き、全体としていかにも高級品らしく豪華に見えるように仕上げてあります、。
「台の鉢」は短冊家製、。ほどほどに時代も乗っている様子から明治中~後期の作と思われます、。
(河野祝之氏所蔵)


エビアンが楽焼鉢を調べるようになって初めて出会った「五柳鉢」は、下に掲載の立岩信彦氏所蔵の青海波紋万年青鉢でした、。「五柳寿運」という絵師が如何に優れた技の持ち主であったかを教えられた鉢です、。胴部分全体が「青海波紋様」という地味な絵付けながら、その技の凄さを思い知らされる逸品です、。
「腰部分」の菊花の隙間を埋めるように描かれた「雲形」の手馴れた描き方を見れば、五柳という人がどれ程凄腕の職人だったかが知れます、。
「足」には五柳特有の「唐草と三本線」、。五柳は鉢の足には「菊花紋」を(あまり)描かなかったようです、。足に菊花紋を描くのは「楽徳窯の一柳」と「佐々木松楽窯」「大虎窯」であるように見えます、。短冊家製品にも五柳鉢にも「足の菊花紋」は(あまり)見かけないと思っています、。(例外があるといけないので、慎重に書いてます、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。)、。


楽鉢の調べ初めに上画像のような豪華な「五柳鉢」に出会わなくて良かったと思っています、。最初に見たのが上画像の五柳鉢だったなら、「五柳」の職人としての腕前の凄さは理解できず、ただ豪華さに目を奪われたことでしょう、。
そう言う意味で、始めて見た「五柳鉢」が下画像の鉢だったという幸運に恵まれました、。この鉢は「五柳」の職人としての持てる技の総合品だからです、。

b0034163_15282316.jpg

b0034163_1165499.jpg

by evian_th | 2014-09-30 22:00 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 楽焼「五柳万年青鉢」     ... 京楽焼鉢・大虎・福井楽印   ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.