TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


京楽焼鉢「短冊家紫金牛鉢」              No.532
b0034163_2132560.jpg
b0034163_2133396.jpg
b0034163_213436.jpg
b0034163_2135246.jpg

◆2015年2月、。   京楽鉢「短冊家・紫金牛鉢」(こうじばち)


◆京楽焼・短冊家製紫金牛鉢、。
久々に「紫金牛鉢」、。いいですねぇ、。明治の福富京楽堂のカタログにある「紫金牛鉢」というのや、大正時代の錦園堂・手島揫二窯のカタログにある「仙人掌鉢」(サボテン鉢)というのは「風蘭鉢」を含むのだろうと思います、。「風蘭鉢」は明治20年前後に「紫金牛鉢」を基本にして、旦那さんの注文に応じて、その高さを様々に変えた結果としての鉢型だったろうと見当を付けています、。

画像の「紫金牛鉢」は「菊花散らし紋」の総絵付け、。見事なバランスで各種の菊花を描いています、。鉢の窯元は短冊家、。製造年代は古くは無く、見た目に昭和の初め、。使用法や保存法で時代乗りは変わるものですが、多分まぁ、あまり古くは無いと思われ、。しかし、いい鉢です、。(口径9.3センチ、高さ8.3センチ、西口郁夫氏蔵)

--------------------------------------------------------------

今月この鉢をトップ画面に使うのには相当考えました、。最も大切な「正面画像」が無いからです、。しかし、この鉢の良さを使わずにしておくのは可哀想だし、エビアンが紫金牛鉢を好きなので、。
「植木鉢画像撮影」には、どうしても「正面画像」は必要です、。「お見合い写真」でも「運転免許証写真」でも正面から写します、。横顔や上から頭頂部を見下ろし画像では役立ちません、。当然のことですよね、。

下画像は上掲の1枚目と2枚目とを継ぎ合せて合成しました、。
これが「正面画像」です、。

1枚目は頭頂部見下し画像、2枚目は横顔画像、。第一、和服美人が脚を開いて膝を曲げたような角度は下品です、。足を左右に開いた画像は、その部分の胴の絵付け説明にどうしても必要な場合に限られる角度だとエビアンは考えます、。

3本の足を順に正面に据えて眺めると、3本のどこかに必ず「正面」が存在します、。同じように見えても、必ず「正面」は在ります、。「一の足」「二の足」「三の足」とある筈です、。無神経に撮影せずに正面を確認しましょう、。せめてもの絵付け絵師に対する敬意を払って、。
脚は「一の足」を正面としますが「二の足」「三の足」は左右均等に見えるような角度で、。
上部の「鉢縁」は「横一直線」になる角度、かまたは、縁上面の向こう側が少しだけ見える程度、。この「正面画像」が必ず必要ですし、これ一枚の撮影には随分と神経を使います、。
b0034163_214267.jpg

by evian_th | 2015-01-31 21:04 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 京楽焼「短冊家蘭鉢」     ... 短冊家東洋蘭鉢        ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.