TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


楽焼万年青鉢                         No.536
b0034163_16164788.jpg

b0034163_16170204.jpg

b0034163_16171379.jpg

b0034163_16172310.jpg

b0034163_16173397.jpg

◆2015年5月、。   楽焼万年青鉢


明るく暖かい初夏の気候に誘われて、華やかな鉢を掲載したくなりました、。「楽焼万年青鉢」、。
「御所車に白鶴図」、。
この鉢画像は随分前からもらっていたのに使えなかったのは、この鉢の正体が判明しなかったからです、。白状すると、今も分からないのです、。

製作された年代は、製法と土目・顔料などから、明治後期(明治30年)~大正~昭和初期までの45年間のどこかでしょう、。「京楽焼」とも言えない、「東京楽」とも言えない、「三河楽」かも知れないが出来過ぎだ、などと考える内に時間が経過してしまいました、。同じ窯元、同年代、同様の絵付けを施した「蘭鉢」もあり画像を頂いているのに、それでも決め手にならないのですからお手上げです、。

「三段の段替わり」を取っている所は古典の決まり事を守ってますし、足に描かれた菊花とも言えないような絵も一応古典鉢の形式を踏襲しています、。正面の「御所車図」も古典の紋様です、。が、古典はそこまでで、腰部分には古典紋様は描かれず、「鉢縁下」の一段目の片輪紋のような花模様も曖昧です、。
強いて言えば、2枚目・3枚目画像には「白鶴」の他に「松」と「笹(竹)」が描かれており、だとすると、この「コスモス」のように見える花は「梅」なのかな、「松竹梅紋様」かなとも思ったり、。まぁ、決め手に欠ける鉢です、。「陶土」もベージュ色で、これもどこの土かが分からない原因の一つです、。

こういう絵付けは愛楽園杉浦重平さんが錦園堂・手島揫二窯での修行を終えた初期の頃に作られた鉢にも存在します、。事実、この鉢の現所有者の前の持ち主は東京の人だったそうですから、手島時代の終わり頃に杉浦重平氏や勘之助氏が作っていたとしてもおかしくはないのです、。
それに第一、「錦園堂・手島揫二窯」と言えば「波千鳥紋様」と決め込んでいる人が多いのですが、昭和7年出版の本に掲載されている東京の萬年青愛好家棚の写真に写っているのは「手島製の七々子鉢」ばかりで、「波千鳥鉢」などは全く見当たらず、どういう経緯を経て「手島といえば波千鳥」になってしまったのかも判然としません、。この万年青鉢が「手島揫二窯」であっても不思議はないのです、。現所有者は「手に持つと見た目よりも軽い、」と仰ってます、。「手島鉢」かも知れません、。
また、「手島窯に居た杉浦重平」が作った鉢なら「東京楽」なのか「三河楽」と呼べばよいのかも判りません、。

どうも「京楽焼」とも思えない所もあるので、案外上記のような鉢「東京風三河鉢」ではないかと考えてますが決め手はありません、。「手島鉢の陶土」は「灰色」が多いからです、。それと、鉢の胴部分辺りに「鋏み痕」があるらしいからです、。もう、全く混乱してます、。仮説を立てて窯元の特定をするのですが、ことごとく否定されます、。「三河鉢」だとすると、随分出来の良い三河鉢です、。今まで見た中でも秀逸です、。

あ~、でも、やはり「京楽鉢」の線も捨て切れないなぁ、。本当に分からないのです、。これだけ上出来の鉢なのに窯元特定できないのは何とも歯がゆい、。

この鉢のサイズは大きいのです、。「21.5cm×高さ23cm」、7寸鉢ですね、。
鉢底画像で足裏に水抜き穴が開いているから新しいのじゃないか、という疑問は当たりません、。「江戸時代の古い短冊家の万年青鉢」で、サイズの大きい鉢の足には穴が開けてあったのは「短冊堂落款」のある古く大きい鉢で確認済みです、。足穴は必ずしも時代特定の決め手にはなりません、。(飛田邦之氏蔵)




by evian_th | 2015-04-30 22:00 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 京楽焼・佐々木松楽鉢     ... 楽焼鉢「福富京楽堂」蘭鉢   ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.