TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


手島六角鉢・三河鉢                      No.606
b0034163_12481368.jpg
b0034163_12482025.jpg
b0034163_12483040.jpg
b0034163_12483956.jpg
b0034163_12484578.jpg
◆2018年7月、。   手島揫二「六角鉢」


「7月の月替わりなのに風来記のトップ画面の更新が無いぞ、と皆さんが心配しているが、元気なのか?生きてるか?」と京都の丸山健氏から電話を頂いた、。。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。生きてます、。先日の地震以来、考え事があったり個人的な用事が有ったりする内に、月が替わってしまっている事に全く気付かなかった、。風来記を始めて以来13年半になりますが、こんな事は初めてです、。ご心配を頂きまして、ありがとう御座いました、。

◆手島揫二「六角鉢」と三河鉢のことなど・・・、。
「手島六角鉢」に関しては、何年か前に書いた通り現在の古典園芸界に10個ー15個程度現存します、。「手島六角鉢」には手島揫二自身が製作した鉢と手島の弟子である興楽園杉浦勘之助が製作した鉢とが含まれます、。どちらも「手島鉢」として販売されたので、見た目や手触り感に多少の違いはあっても「全部が手島鉢」です、。その全部に「瑠璃釉薬」が使用されているところから、製昨年は明治30年以降~大正時代のものです、。落款は「ひらかなで”てじま”」というものと、漢字で「手島」というものとの2種類があります、。

掲載画像は釜揫手島揫二自身の製作で、使用されている陶土は「西端粘土」、。京土を使って何かを植え込まれていたらしく、京土の染み出た使用感が何とも言えない良い時代乗りを表現しています、。京土は「七条土」とも呼ばれ、京都七条近辺(JR京都駅を中心とする東西数キロ範囲)の”どぶ土”を乾燥させて砕いたもので、植込み用土として明治・大正の両時代から昭和18年頃まで広く古典園芸界で使用された用土です、。この土が水やりの水に溶け、鉢から染み出て鉢表面にこびり付いた様子が、古典楽鉢愛好家にとっては何とも言えない良さを感じさせるのです、。

「手島鉢」というのは、東京市本郷区駒込林町11(現・東京都文京区千駄木5丁目)に窯があった「東京楽」ではありますが、来歴が判明してみれば、半分は「三河楽鉢東京支店」のようなものです、。強いて言うなら、2代目錦園堂・手島揫二鉢は「東京楽鉢」と呼べるかも知れません、。元は、初代釜揫手島揫二が「愛知県碧南市西端の楽鉢」の宣伝と販路を広げる目的で東京に窯を構えたのでした、。

三河楽鉢は、明治18年頃に西端の桃源社メンバーが常滑から指導を受けようと呼び寄せた滝田椿渓の弟子・伊藤善之助と西端の手嶋揫二とが西端粘土を使った楽鉢を完成させたものです、。
手嶋揫二が東京へ転居した明治30年以降は、手嶋揫二が西端に残した愛弟子の杉浦良平と鳥居只吉とが西端楽鉢を製作していたのですが、折からの不況で鉢は売れず、明治38年に閉窯に至ります、。

大正3年に東京の釜揫・手島揫二の元で修業を終えた杉浦勘之助が西端へ帰り「興楽園」を開窯し、その杉浦勘之助の元へ弟子入りしたのが「京樂園・横山孫一」と「三華庵・杉浦清司」です、。
「改楽園・神谷長平」は、子息の良弘氏いわく「おやじは勘之助さんの所へ遊びに行ってる内に勝手に作り方を覚えた」ようで、昭和28年から44年まで楽鉢を製造しました、。ですから技術を盗んだだけで弟子という訳ではありません、。
京樂園は平成25年に、興楽園は平成18年に楽鉢不況のために閉窯し、三華庵は楽焼茶器の方向へ向かったので、西端楽鉢を受け継ぐ窯元は三河安城の「愛楽園」のみという時代になっています、。

明治の三河鉢創成期に、手島たちとは別に西端陶器を焼き始めた中里家初代の鉢も残っているでしょうから、現在我々が見る「三河鉢」がどこの窯元の製品なのかの見分けは非常に困難なものになっています、。
昭和期に焼かれた三河鉢の陶土となる「木節粘土(キブシ粘土)」も、猿投設楽山系の数ヶ所から掘り出されたもので、色も純白から黄色・灰色・鼠色と範囲が広く、余程見慣れないと三河鉢の見分けはつきません、。

掲載画像の手島六角鉢のサイズは、w15.5xh12cm、西口郁夫氏所蔵。

b0034163_12512309.jpg
本年、2018(平成30年)の1月・4月・7月(イースーチーのスジと覚えて頂くと便利,^^;。)の3か月に渡り「手島鉢」と「三河鉢の黎明期」について、お伝えしなければならない人名や正確な年代などの事項は全部書いたと思います、。後の資料となるなら幸い、。
b0034163_12511670.jpg








by evian_th | 2018-07-02 12:53 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
<< 浮田楽徳窯蘭鉢        ... 2018 夏の蘭展 ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.