人気ブログランキング | 話題のタグを見る




TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2022年 06月
2022年 04月
2022年 03月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


金華山銘入り特注鉢          No.665
金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00223407.jpg
金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00224131.jpg
金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00224718.jpg
金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00225465.jpg
金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00230242.jpg
◆2022年6月、。     「蕙蘭・金華山」特注鉢、


猛暑の6月の入り!!!,、。

蕙蘭・タイミンラン古典の銘蘭「金華山」特注鉢、
風来記で「蕙蘭」のことを書くときには、昭和40年代のエビアン自身の体験からの知識で書くのですが、深くは知らない部分は、戦後の蕙蘭界の大商人・和田野寅治氏の文章から引用させてもらっています、。和田野氏は蕙蘭品種の各々について非常に詳しいのですが、その和田野氏でさえ「タイミンラン金華山の誕生は明治時代以前だと言われている、とだけしか書かれていません、。
細葉になりますが、「建蘭・加治谷」の誕生は非常に古く、江戸天明年間(1780年代)のことで、「蘭の葉変わりの元祖と言われている。もので、紀州の鍛冶屋さんで芽変わりしたものだ。」と詳しいのに、広葉の最古参の「金華山」に関しては、明治以前の変化という以外には何も分からないのでしょう、。「金華山」は天下の大銘品「鶴の華」や「金鳳錦」「金鳳」など多くの銘品を生み出した銘品です、。広葉蕙蘭は「金華山」から始まったとも言えるほどなのです、。

今月ご紹介する楽鉢は、「蕙蘭広葉・金華山のルーツ」を証明する上で貴重な資料となるかも知れません、
鉢は口径19.4センチ×高さ19.3センチという6寸5分胴返しの万年青鉢、。新しそうに見えますが、中へ入れる蘭の名前を指定しての鉢ですから2~3回も展示に使用されれて役目を果たしたのでしょう、。京楽・浮田楽徳二代目の鉢です、。非常に丁寧な台の作りと絵付けが施されており、高価な特注鉢であったことがうかがえます、。

正面1の足には「金華山」の銘が入り、1の足の真後ろ側には、この文の下に掲載した何やら意味不明な縦書き3文字が描かれていたようです、。
現所有者さんは不審に思って、表面の文字が描かれた1層を磨き取られたところ、その下からは下方下段の3文字が出て来たのだそうです、。
「四時園」と読むらしいのですが、アドバイザーのお世話になって、何とかかんとか「四時園」であろうということに落ち着きました、。

では、「四時園」とは何か?、蘭を扱う園芸商人の屋号なのか人名なのか?、
日本の歴史上「四時園」という言葉は2度出て来ます、。
初めに登場するのは、安永2年(1772年)熊本藩家老の米田松洞という人物が「四時園詩集・初編・巻1-4 1冊を編し、ということで、どうも「四時園」なる詩人が居たらしいのですが、この鉢とは関係なさそうです、。いや、初代四時園とも言えるので全くの無関係とは言えないのですが・・・、。

二度目に出て来るのは、文化9年生まれの俳人・大原其戎が万延元年(1860年)京都に出て桜井梅室に学び、二条家から宗匠の免許を受け「二代目・四時園」を名乗ります、(四時園とは俳人の名前だったのだ!)、。二代四時園は明治13年俳誌「真砂の志良辺(しらべ)」を創刊し、門人に正岡子規などが居たようです、。(大原其戎1812年~1889年・明治21年没)

どうも、ここらが匂う、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。、、
ではこの鉢の注文主さんが二代四時園さんなのか、というと話しが合わなくなります、。この鉢を製作した二代目浮田楽徳は大正元年~大正11年の人だから、明治21年に他界した二代四時園とは時間がずれるのです、。
大正元年から11年までの間に二代楽徳にこの鉢の製作を注文したのは誰か、は不明です、。では、何故「金華山」の名と「四時園」の名とを同一鉢に描かせたのか、というと・・・、
「金華山の作出か命名かに四時園が深く関わった」ことをよく知る人物が「金華山と四時園との名前を一つの鉢に並べて描いて記念にした鉢、」の証拠だとエビアンは考える訳です、。

ですから、和田野寅治氏が「金華山の命名は明治以前」と言っているので、「金華山」が命名されたのは、大原其戎が京都へ出て来て「二代目四時園」を名乗った万延元年1860年から明治維新までの7~8年間の内のどこか、ということになります、。この鉢はそれを証明した鉢なのです、。
蕙蘭界の歴史上から「闇の部分」が一つ消えることになる鉢でもあります、。

個人的には「四時園は単なる命名者だったとは思えず、四時園の栽培品のタイミンランに黄覆輪が出たので命名したのではないか(つまり、作出者であり命名者でもあった)と考えてますが証拠はありません、。更に追加するなら「この鉢の発注者は、二代目四時園の息子さんとかの近い親族では無いかと想像します、。かなり気合いの入った高価な鉢の注文の仕方ですから、。制作年は、二代四時園さんの33回忌に当たる大正7~8年ではないでしょか、」親族の故人を思う気持ちが伝わる鉢です、。
(鉢サイズは上記、立岩信彦氏所蔵)、。

金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00254063.jpg
記事編集上のご協力者:園芸JAPAN誌大塚主幹、および、風来記御常連(柳瀬)しんちゃん、。(しんちゃんは漢字を扱うプロで、大きな声で漢字を読み上げる仕事をされてます)、。

金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00231063.jpg

金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00231713.jpg
「金華山」の芽変わりの内で最も出世した大銘品「鶴の華」、。
金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00232807.jpg
金華山銘入り特注鉢          No.665_b0034163_00254063.jpg
すみません、大阪の展示会場が宝塚市へ身売りされたようで、リンク先が変りましたので、次の展示会の時に見付けやすいように、参考リンクを張らして頂きます、。
申し訳ありません、。







by evian_th | 2022-06-01 00:03 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
七々子蘭鉢          ... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.