人気ブログランキング |




TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


◆2007年8月、「明治期・尾張・青磁絵付け六角蘭鉢,、。 」    No.101      
◆2007年8月、「明治期・尾張・青磁絵付け六角蘭鉢,、。 」    No.101      _b0034163_101469.jpg

◆2007年8月のトップページ植木鉢画像は「明治期・尾張焼き青磁絵付け六角蘭鉢」です、。
西暦1610年ごろ、九州有田の地に朝鮮から来た陶工・李参平(金ヶ江三兵衛)によって日本初の磁器が焼かれるようになり、全盛期には伊万里港から輸出したので「有田焼」とも「伊万里焼き」とも呼ばれるようになりました、。有田焼は1830年幕末頃まで栄えたのです、。
---------------------
◆西暦1800年~1840年の幕末前後のどの辺かで、「磁器の製法」は、伊万里の陶工によって西日本へ伝えられ、これ以降、尾張瀬戸・京都・紀州などでも磁器が焼かれるようになって行ったようです、。磁器の製法と共に、ヨーロッパから輸入した「支那呉須の代用品である酸化コバルト」も伝わり、伊万里の商人は瀬戸に居を構えて酸化コバルトを商い莫大な財を成した者も出たほどだったのです、。
---------------------
◆「尾張・瀬戸」でのそれまでは、主として「陶器に絵付け」したものを作っていたので、磁器の製法が伝えられた事によって、生活用品が多く焼かれて、明治時代には伊万里をしのぐほどに発展しました、。「瀬戸物」と呼ばれます、。「植木鉢」は明治時代には伊万里よりも瀬戸で非常に多く作られ、現在にも沢山伝わっています、。伊万里焼きに比べると、肉厚で絵付けや文様が派手な物が多いように感じられます、。
---------------------
◆トップ画面の鉢は、青磁の上に更に絵付けし、六面には額縁の中に染付けの花文絵付けが施されています、。コバルトによる絵付けを見ると結構達者で、古伊万里後期の良さがそのまま伝わっている様子が見受けられるものです、。足の形も特徴があり、数多い「尾張蘭鉢」の中では上手(じょうて)ものです、。
--------------------------------------------------------------------------

◆非常に基本的なことですが・・・「陶磁器」と言われる内の「陶器」とは「土を原材料」にしたものを言い、「磁器」というのは「石を材料(ガラス質を含む石)」にした焼き物を言います、。(そんな事くらい知ってらい!!,、馬鹿にするな!!、て怒らないでなぁ~)、。(白磁・や青磁と呼ばれるものは”生地は磁器”で、これに透明釉薬をかけてあるものを言います、。”生地が陶器(土)”で白い不透明釉薬をかけたものは”白交趾”(しろこうち)て呼びます、。青い釉薬ものは”青交趾”(あおこうち))、。(もっと極端に言えば、鉢の中を上から覗いて、(釉薬が掛かってない部分が)「茶色ければ陶器」、「白ければ磁器」です、)、。
--------------------------------------------------------------------------


Yahoo! JAPAN

by evian_th | 2007-07-31 01:29 | 東洋蘭(春蘭)
<< ◆東洋蘭・中国春蘭「万字」(黒... ◆中国春蘭「万字」(萬字),、... >>



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.