TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
◆中国蘭・・・                  (No.27)
b0034163_11523248.jpg
中国蘭の動き・・・
中国の蘭の動きは今春特に注目される分野で、、旧来の銘品では、全体に一時よりも高値になっていて品薄感の有るもの端秀荷・憲荷・人気の珍蝶・翠桃など特に目立ちました。宋梅などでも1本1500~2000円にもなるほど底上げが進んでいます。旧来銘品の芽変わり分野では寰球荷鼎覆輪・光宮が3~4本動き、翠蓋の奇花も動いた模様です。この分野はまだ高価品薄なので活発な動きというほどではありません。
奥地の蘭・・・春剣蘭の兜梅弁花が5本ほど輸入されましたが国内流通はまだ先です。覆輪・縞・は少し流通しています。蓮弁蘭は紫宝蓮が3~5鉢動いたのと剣陽蝶が2~3鉢動いたくらいで何せ銘花銘品と言える物が少ないので動きは活発なのですが銘品は動いてないようです。エビの蓮弁白弁花も業者3人から乞われましたが出しませんでした。朶朶香は銘品と呼べる物が少ないのですが一般物の動きは活発です。本に載った丹賀蝶も業者が繁殖中の物。豆弁蘭はシーズン初めに素心が50鉢ほど輸入されて(濃緑長円弁で舌が小さい物。舌点が下りる物もあり。3~4本立ち3万くらい。)各地の交換会で売られました。奇花も交換会に出るのですが高価すぎて業者も手を出せないので流通はこれからです。
中国蘭・中国春蘭のムードは大変良いのですが、急なブームなので業者も仕入れの段階で今春の動きは玉石混交ムードです。人気をリードするヒーローを育てることが課題ではないでしょうか、、。。。
by evian_th | 2005-03-24 13:02
◆各地展示会入賞品・・・           (No.26)
b0034163_13242573.jpg
◆展示会シーズン真っ最中です、。。
各地の入賞品、特に、最高賞に何が入るか情報集めしています。。展示会の最高入賞品というのは日本中の春蘭界に影響を与え今年の流れを決めてしまうようなところが有るからです、。。
今の所、山の端・女雛・多弁奇花・明星・光琳・・・などが聞えて来ていますが、、そしてそれら銘品を否定するのではありませんが、「それじゃぁ、、何か寂しくない、??」て聞きたいのです、。。今後の春蘭界をどういう方向へリードしたいのか、という方向が見えないもの、。。展示会最高賞というのはそういう使命を帯びたものだと思うがなぁ~、。。
◆新花を求めたら実生しか出て来ない、、。。緑苔素や中国春蘭には乗ってこないのでは春蘭界は行き詰まるだけだと思うがなぁ~、。。
◆ま、好き好きだから、、、ご勝手にどうぞ、。。いつまでもスソ物で遊んでろ、、、てのがエビアンの本音ですん、、。。。何とかしよう、、て気持ちが見えないもん、。。
by evian_th | 2005-03-19 13:50
◆展示会・・・                (No.25)
b0034163_16195862.jpg
これ、公設市場の買い物風景ではありません、。。でも、とても、東洋蘭の展示会風景です・・・とは恥ずかしくて言えませんね、、。
◆展示会風景です、。。(言うてるやん、、。)。。
6日間で8080人もお客さん来て下さっても、東洋蘭関係の人は200~300人じゃないでしょか、、。。あとの7700人の方は「ふーーん。。」とか「ほうほう。」とか言いながら見た人達です、。。でも、即売業者の売店で蘭を買った人達もいるし、蘭界の何かのお役に立っているのかも、、、と自分に言い聞かせて続けています、、。
肩肘張らない気楽さと楽しさ、、が取り得の展示会です、、。。横の方が写真に入ってないのですが、もっといっぱい人がいますん、、。。(写真提供・駄花ちゃん。)。
◆入場料500円を払ってまでご来館下さった皆さんに厚く御礼申し上げます。。。
by evian_th | 2005-03-08 16:35
◆一鉢の蘭が展示会を支える・・・         (No.24)
b0034163_18124746.jpg
たった一鉢の蘭がその展示会を支えてしまうということがある。。その蘭の前に人だかりができて話題を独り占めし、その後の流行の方向を決めてしまうような蘭が展示された場面に何度か出合っています。。
◆最も鮮烈な想い出は昭和48年春・世田谷区民会館での「紅明」デビューに立ち会ったこと、、かなぁ、。それ以前の春蘭界で赤花と言えば金鵄殿や瑞晃のような朱金花の事だったので突然紅色の紅明を見せられた私達は心底驚いたのですし、これが春蘭紅花ブームの幕開けに繋がって行きました、。。(写真はその時の紅明です。)
◆長野で開催された全国大会での「湖帝」(東海のU君出品)、、八王子全国展での「不動丸」(広島のM君出品)、、同じく八王子での「四天王」(千葉のAさん出品)などに偶然立ち会ったのですが、いずれもその後の流れを左右する衝撃的なデビューでした、、。。蘭人たるもの一度はこういう蘭を持ちたいものですがツキを伴わないと、、なかなか、、。。お金も、、か。。
by evian_th | 2005-03-03 18:53



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.