TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2006年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
◆大阪の秋季展示会                (No.70)
b0034163_2392090.jpg
大阪東洋蘭会秋季展示会の御案内
  (ごめ!!,、ちと宣伝、)、。

日時:平成18年10月15日(第3日曜)
◆場所:山本園芸流通センター
     宝塚市山本、阪急宝塚線山本駅、北西へ
     徒歩10分(バスが100台くらい停められる広い
     駐車場があります)、。と言うか、広い駐車場の
     中に展示会場があります、。
     。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
     観覧無料:駐車無料、。
     遠方より車でお越しの方は:中国自動車道・宝塚インターで下りて「旧街道の176号
     線」の「山本」で「セブンイレブン」が角にある信号を北へ道なりに上がって下さい、。
時間展示:午前11時~午後2時(会員は8:30集合、午後5時解散)
      午後2時頃から交換会
午後2時以降は観覧頂けません、。
       昼食は会員以外には出ません、。 お茶はあります、。
展示品:この季節に展示できる東洋蘭全般、。
◆入会ご希望の方は:http://www.aon.gr.jp/AON/cultivation/kakuchi-rankai.htm
       AONサイトから、または「余剰苗ページ」からエビアンへメール下さい、。
--------------------------------------------------------------------------
蘭界の動きは、今から1ヶ月間は夏休みでしょうが、、6月には奥地蘭の蓮弁蘭銘品に動きがありました、。中・高級品が新数寄者のお棚へ納まる傾向が見え始めたようです、。新数寄者が出てきた事は歓迎すべき動きですね、。
中国春蘭一花の需要は全国的規模に定着したようです、。この分野には地域差は見られません、。九州が特に熱しているようですが、ま、全国どこもそうです、。
九華は一部の人に熱烈な支持を受け、数寄者の数は限られるのですが、地域による偏りは無く、全国夫々の地域に愛好家が出てきました、。強いて目立つ地域を言うなら、埼玉・岡山でしょうか、、この両県は突出していますね、。また奥地蘭銘品高級品が多く納まっている所とも重なります、。
日本春蘭は地元産の蘭に熱心なのが西日本の最近の傾向ですが、特に愛知・三重・岐阜・などの中部地方の熱心さは目立つところです、。日春全体の好みの傾向は変わり花・チャボラシャです、。チャボラシャは単に葉芸の時代は過ぎ花を期待の時代のようですが、この分野には韓国製の実生物が多いので注意したいところです、。
韓国春蘭柄物は、4~5品の極く高級品の他は、一段の値下げ傾向が見られ、今後は買い易くなった柄物が全国へ広がる事に期待したいところです、。まだその動きは目立ちませんが、、。
by evian_th | 2006-07-22 23:20
◆南京十錦鉢・・・                    (No.69)
b0034163_0191486.jpg

南京十錦・黄地花模様・丸鉢、皿付き、。(なんきんじっきん、きじはなもよう、まるばち)
「十錦鉢、」は派手な絵付けをしたものが多く、磁器質なので「時代、」(使用感や経年による汚れ、)も乗りにくく、あまり高級品扱いはされません、。良い物を探すのに苦労する分野です、。
トップ画面の鉢ならかなり良い方です、。黄色地に釘で唐草模様を一面に付け、その上から絵付けしてあります、。一対もの(左右逆の同じ絵付けをしてある、)の一個だけ載せました、。清朝・乾隆年の製造、。但し以前にも書いたように、最近の中国からの陶磁器製品には裏の「落款」までを含めて一つのデザインという風な勝手な都合で、今作った物にも平気で乾隆年製・康煕年製などと書きますので、全体の時代の乗り具合を判断しないと騙されます、。
by evian_th | 2006-07-13 00:35



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.