TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
中国奥地蘭「濃緑平肩大輪豆弁蘭素心」      No.221
b0034163_0163965.jpg

◆2008年10月、。   濃緑弁平肩大輪の豆弁蘭素心

貴州省貴陽での中国蘭花全国大会の折、「玉屏簫笛」と共に商人さんが持って帰った豆弁蘭で、風来記に全部(と言っても5本くらい)が来ているハズなのだけど、「旧版・中国蘭花図鑑」P.46左上隅に非常に似た蘭が掲載されている、。
そんな筈はないと思い、よくよく見ると、捧心が違うし、舌もこちらが緑苔おとめ素心なのに対して花図鑑掲載分は黄苔素であるように見える、。捧心は好みにもよるだろうけど、こちらの方が兜かと思うほどの硬捧心だから違いは歴然だった、。日本で既に命名されている蘭なのかと一時は驚いた、。貴州省というのは豆弁蘭素心の分野では優秀な蘭の産地なんだろうか?、。大輪です、。「青龍古蘭」と命名、。
by evian_th | 2008-10-29 00:30 | 奥地蘭(中国蘭)
華幸園「中国と日本の植木鉢展示会」       No.220
b0034163_12573649.jpg

◆2008年10月、。  中国と日本の植木鉢骨董展示「華幸園展」
東洋蘭風来記に何かとご協力いただいている華幸園さんの展示会、。
by evian_th | 2008-10-23 12:42
日本春蘭紅花「神楽姫、」               No.219
b0034163_2172494.jpg

◆2008年10月、。   日本春蘭、幻の銘花「神楽姫」
今春、花を見る事ができた蘭の中で最も嬉しかったものです、。「幻の銘花」と言われ、数年に一度どこかのお棚で開花するにすぎない花が自分の目の前で咲いているのは感動的でした、。展示会前の気ぜわしい日々に5日間ほどに渡って数百枚も撮影したのに、ピントが合った画像が撮影できなくて、コンパクトデジカメの限界を感じ、残念なことでした、。が、この深い紅色と凛とした神秘的な雰囲気を見られたのは幸運でした、。

展示会案内は必ずしも日付の早い順に並んでませんのでご注意ください、。

第17回・全日本東洋蘭秋季美術品評大会(全東連)
時:2008年10月22日(水)・23日(木)
所:東京・蒲田「プラザ・アベア」2階(東京都大田区西蒲田8-3-5

第27回 春蘭(秋季)展示大会(全春連)
時:2008年11月1日(土)・2日(日)
所:芝・弥生会館(東京都港区海岸1-10-27
主催:全国日本春蘭連合会

全東連会長交代披露・記念大交換会
時:2008年11月30日
所:東京・大森「東急イン・5階オークルーム」(JR・大森駅駅ビル内)

播磨愛蘭会・第29回寒蘭展示会
時:2008年11月22日・23日
所:いなみ万葉の森「憩いの館」兵庫県加古郡稲美町国岡

2008東洋蘭総合大展示会
時:2008年10月24日25日26日
所:東京上野グリーンクラブ
主催:日本伝統園芸協会

東洋蘭・京都愛好会・寒蘭展示会
時:2008年11月2日
所:平安会館1階ロビー

紀州蘭友の会・寒蘭展示会
時:2008年11月15日16日
:(風土記の森)紀の国文化センター

全国寒蘭連合会展示大会
時:2008年11月14日・15日・16日
所:熊本県球磨郡相良村総合体育館

日向寒蘭連合会展示大会
時:2008年11月21日・22日・23日
所:宮崎県宮崎市「MRTミック・ダイアモンドホール」

全国東洋蘭総合展示大会
時:2008年11月28日・29日・30日
所:博多スターレーン

千秋楽
時:2008年12月6日・7日
所:都城地場産業振興センター

土佐愛蘭会本部展
時:2008年11月14日・15日・16日
所:南国農協会館(高知県南国市大ソネ乙894-1

寒蘭の里・土佐宿毛展示大会
時:2008年11月22日・23日
所:宿毛市総合運動公園(芳奈)

第2回 中国杭州寒蘭展示会
時:2008年12月12日13日14日
所:東京、上野グリーンクラブ
by evian_th | 2008-10-21 02:18 | 日本春蘭(春蘭)
中国奥地の蘭・香り豆弁蘭黄花          No.218
b0034163_2351754.jpg

◆2008年10月、。   奥地蘭・香り豆弁蘭黄花

一度だけ余剰苗出品した蘭、風来記の香り豆弁蘭は気に入っている、。不思議に非常に優秀、。画像の蘭は副弁の姿勢がいいのと、”中空”の様子がいい、。奥の方で幅細く前面で幅広になって個性を主張している舌もいい、。買った時に仮名のラベルが出て来たけど、案の定、日本春蘭か寒蘭のような命名法なので、無視、。奥地蘭は中国蘭または中国春蘭なんだから、それなりの命名ルールがあるから、。花弁の赤スジはキャップ遮光で取れるのじゃないかと思われ、。今年はキャップしてみている所、。
by evian_th | 2008-10-14 02:44 | 奥地蘭(中国蘭)
日本春蘭「秩父錦」       No.217
b0034163_242592.jpg

◆2008年10月、。    日本春蘭「秩父錦」
by evian_th | 2008-10-07 02:08 | 日本春蘭(春蘭)
東洋蘭植木鉢、中国荒紫泥ラッパ鉢         No.216
b0034163_063227.jpg

◆2008年10月1日、。  東洋蘭植木鉢・中国荒紫泥ラッパ鉢

落款「葛徳和」製の荒紫泥ラッパ鉢、。一見無造作に見える作り、特に鉢底の”底穴の抜き方”や"申し訳程度の3か所の切り高台”の切り方は無造作ですが、それが逆にこの鉢の良さを引きたてているように感じます、。画像上部の鉢縁を注意深く見ると、一度形を整えて、その上から再度同じ泥を重ねて二重構造に仕上げられています、。細心の注意を払いながら一見無造作に見えるように作る、上手い下手の見本を見る思いがします、。一対物の片方だけを掲載、。
沢山作った内の2個だけがエビアンの手元にあるのでしょうが、30数年前この鉢を手に持った時に初めて葛徳和という職人の想いが伝わって来るような気がして、以来泥物が好きになるキッカケになった鉢です、。(口径20センチ、高さ17センチ、)、。


by evian_th | 2008-10-07 02:07 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
中国春蘭・奇花「翆蓋蝶」と「秋季展示会案内」   No.215
b0034163_10303132.jpg

◆2008年10月、。       中国春蘭「翆蓋蝶」

旧来の中国春蘭の内、芽変りは葉芸ばかりなのに対して、花変りは(有名な所では)この「翆蓋蝶」があるのみです、。九州で変わり、2人の人に買い出され繁殖の後、関西を中心とした愛好家数人と台湾人商人経由で台湾・中国から注文が多く、需要に追いつけていない蘭です、。
by evian_th | 2008-10-04 01:16



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.