TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
手島揫二鉢                           No.598
b0034163_13534683.jpg

b0034163_13535604.jpg

b0034163_13540212.jpg

b0034163_13553378.jpg

b0034163_13541987.jpg

b0034163_13542912.jpg

b0034163_13543720.jpg

b0034163_13544443.jpg


◆2018年1月、。   手島揫二窯

謹賀新年。本年もよろしくお願いします。



東京・手島揫二窯の新事実、。
新年は「手島揫二窯」の2つの事実のお話から始めます、。

手島揫二は2人存在した、。
この事をエビアンが知ったのは、楽焼鉢を調べ始めた直後(10年以上前になりますが)に最初に出会った真実です、。上画像、7枚目資料の向かって左端の古い書籍の記述に「団子坂上に住する手島揫二氏の先代同名」という文章を見つけたのでした、。「錦園堂・手島揫二」には「同名の親」が居た、ということになります、。「これは大変な事を知ってしまった、鉢相場に影響するといけないので人には言えないな、」と思い、風来記では隠し通して来たのでした、。

その後、初代・手島揫二が明治39年1月に「万年青と仙人掌の銘鑑」(7枚目画像右端)を発行していた事実を知った人が出て来て、もう隠せないかな、と思い始めてはいました、。昨年2017年12月になって、8枚目画像の資料を入手するに至り、その左端に「楽忠は、駒込動坂・錦園堂・手島揫二氏義父の師なりし」という記述を見て、これはもう本当のことを書いておかねばならないと観念したのです、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。


ここで2つばかり整理しておきますが、初代は「楽焼植木鉢製造販売・手島揫二」と名乗り、二代目(7枚目画像中央)が「錦園堂・手島揫二」と名乗っていたようです、。初代は、明治15年頃に「東京市本郷駒込千駄木林町11番地」に窯を開き、二代目は大正7年に「東京市本郷区駒込林町11番地」に窯があったようですから、同一場所ですね、。
訂正になりますが、7枚目画像の書籍文中から、エビアンは過去に「手島窯」の場所について「団子坂上がる」に存在したと書きましたが、8枚目画像の資料による「動坂の上」が正しい場所であったようです、。
千駄木は坂の多い土地で、名前の付いた坂だけでも7つ8つ存在します、。初めに読んだ本の筆者が「動坂と団子坂」とを取り違えたようです、。訂正しておきます、。「動坂」はドウザカと読み、不動坂の略称だそうです、。


「楽忠は、駒込動坂・錦園堂手島揫二氏義父の師なりしという」という記述には驚きました、。
「手島鉢」に多く存在する「青海波紋を使った波千鳥文様」に使われる釉薬は「金」と「瑠璃」とだけです、。その「瑠璃釉」の混合などは、なんと「大坂の楽忠に教わっていた」のです、。
上画像「万年青鉢」と「蘭鉢(未使用)」は初代手島揫二の作品ですが、そういわれれば「瑠璃釉」の混合などは人に教わらなければ自分で出せる色ではありませんものねぇ、。いやぁ驚きました、。「手島の瑠璃釉のルーツは楽忠にあり」でしたか、。

もう一つ、「楽忠窯」は明治12年ごろに閉窯した、と聞いていましたが、明治初期に大阪の市場の将来性に見切りをつけた「楽忠」が「東京・動坂」へ明治初期に窯を移し、明治12年に閉窯したのか、それとも、明治12年に大阪堺の窯を一旦畳んだ後に東京動坂で再び窯を開いたのかは、現在までのところ判明していません、。
8枚目画像の挿絵にあるように「動坂」落款と「楽忠」落款とを押印して「大坂楽忠」と区別したのでしょう、。こういう鉢が現存するのかどうかも分かりませんが、見てみたいものです、。

いずれにせよ、初代手島揫二に鉢作りを教えたのは、東京動坂で窯を開いた楽忠だったという驚愕の事実が判明したことは、誠に喜ばしい出来事です、。

事実は小説よりも奇なり、という言葉を思い知った出来事でした、。

b0034163_13524029.jpg

この項目ご協力者様(順不同)
華幸園住田幸弘様・蛭田梅里園様・米谷青彰園様・立岩信彦様・杉野達実様・笠原信雄様

b0034163_13524029.jpg

万年青鉢7.5x7cm。蘭鉢9x13cm。
「手島揫二」の初代と二代目との関係は実の親子ではありませんね、。「義父」というのですから「娘婿」か「養子」かでしょう、。いずれにしろ「手島鉢の相場」には何の関係もありません、。

b0034163_13524029.jpg
この項目は、2018年4月「手島鉢の全て、スレッドNo.601」で、一部訂正および追加になります、。








by evian_th | 2018-03-26 14:54 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
春季展示会2018                        No.597
b0034163_22114514.jpg


◆ 春季展示会2018


056.gif展示会は必ずしも開催日の早い順には並んでいませんので、ご注意ください。


大阪東洋蘭会 2018年 春季展示会
時:2018年3月10日(土曜日)。(1日限り)
所:兵庫県宝塚市山本 山本園芸流通センター(広い駐車場の中に展示会場あり)
午前10時~午後1時展示、午後1時~午後4時交換会




全国日本春蘭連合会 春季春蘭展示大会(全春連)
時:2018年3月17日・18日、。
所:上野グリーンクラブ(東京都台東区上野公園3-42)




兵庫春蘭友の会 春蘭遅花展示会
時:2018年3月31日~4月4日
所:相生園芸センター




兵庫春蘭友の会 春蘭新芽展示会
時:2018年x月x日
所:相生園芸センター




花ごよみ 春の蘭展
時:2018年3月30日~4月2日
所:花ごよみ(広島市佐伯区薬師が丘)




中部蘭趣会 春蘭展示会
時:2018年3月9日・10日・11日
所:名古屋市 庄内緑地グリーンプラザ




中部蘭趣会 遅花展
時:xx年x月x日・x日・x日
所:名古屋市 庄内緑地グリーンプラザ




紀州蘭友の会 春蘭展示会
時:2018年3月10日・11日
所:スーパーセンターオークワ パームシティー和歌山店3階(和歌山市中野31-1)




蘭遊楽座 花物展
時:2018年3月4日
所:東京 大森 「大林寺」




蘭遊楽座 正札入札会
時:2018年x月x日
所:東京 大森 「大林寺」




全日本東洋蘭 春季美術品評大会(全東連)
時:2018年3月18日・19日
所:東京蒲田 プラザアペア




北関東中国奥地蘭愛好会 中国奥地蘭展示会
時:2018年2月24日・25日
所:埼玉県  熊谷市緑化センター展示室




蘭花村蘭展
時:2018年1月7日・8日
所:蘭花村(静岡県浜松市西鴨江町3645)



d0103457_00444877.jpg

春の「各地展示会情報」は、ハガキでお知らせ下されば順次掲載します、。








by evian_th | 2018-03-07 00:23 | 東洋蘭春蘭展示会
福富京楽堂蘭鉢                         No.600
b0034163_21464777.jpg
b0034163_21465469.jpg
b0034163_21470392.jpg
b0034163_21471148.jpg
◆2018年3月、。   東京楽「福富京楽堂蘭鉢」


さて、春、三月に入りました、。蘭界人には楽しく気忙しい季節で気持ちも華やぎますね、。
それで、画像的にも華やかな印象を受ける「福富京楽堂の蘭鉢」を掲載、。

福富京楽堂に関しては、資料的には楽鉢調べ初めの頃に茨城県の蛭田梅里園さんから貰った「明治33年発行の福富の価格表」が存在するのみ、。他の窯元も資料は多いとは言えないのですが、福富窯に関してはこの価格表だけが、かつて明治の昔に(と言っても120~130年ほど前に過ぎないのだが)その存在があったことを示しているだけなのです、。
以来、風来記も楽鉢窯元を調べてますが、今の所、これ以上の事は判明していません、。

丁度、昨日のこと、某窯元に関する新資料を送って下さった、。こういう風に、楽鉢資料は出る時には出るもんだなぁと感動したばかりです、。
「福富京楽堂窯」に関しても、東京という土地柄ですから郷土史を研究しておられる人も多い事でしょうから、諦めずに探し続けたいと思っています、。

画像は「福富京楽堂」の特徴を良く表した蘭鉢、。
福富は京楽鉢の短冊家の系統に、エビアンの頭の中では分類される鉢です、。テールベルト(天然緑土)でキッチリと「段替わり」の古典様式を踏み、鉢縁下に鋸歯紋(ぎょしもん)を描く所など、京楽とは一見似て居ないようでありながら、エビアンの目には京楽鉢が透けて見えるのです、。いずれ資料も出るだろうと楽観しています、。
w13×h17cm、。(鈴木学氏所蔵)


b0034163_22082877.jpg
資料提供:蛭田梅里園さん

b0034163_22212129.jpg




by evian_th | 2018-03-01 00:03 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.