TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
秋季展示会2018 ・・・・・ No.609


◆秋季展示会2018


寒蘭展示会
時:2018年11月3日(13:00~16:00)
所:京都・御所西平安ホテル1F金閣
東洋蘭 京都愛好会









廣畑園寒蘭展示即売会
時:2018年x月x日
所:廣畑園(高知県宿毛市)






展示会情報は「ハガキか封書」でお知らせ下されば、順次掲載します、。








by evian_th | 2018-10-07 23:27 | 東洋蘭春蘭展示会
手島揫二・二代目                      No.610
b0034163_16450777.jpg
b0034163_16451583.jpg
b0034163_16452662.jpg
b0034163_16453384.jpg
◆2018年10月、。   二代目・錦園堂・手島揫二、


今秋の展示会情報は、前スレッドNo.609にあります、

今年は「手嶋揫二鉢」と「三河鉢」の誕生に関して、画期的な資料が出て来て「楽鉢界の不明の部分」が一気に解明できた年です、。
1月には、大阪府堺市に窯のあった「楽忠」が、明治11年に大阪の窯を閉じて東京本郷駒込「動坂」で再び窯を開いていた事が分かりました、。
4月・7月には、「初代手島揫二鉢」と「三河鉢」の誕生が、同じ根っこから発生していた事が判明しました、。

これで完璧だなと思っていたら、今回更に「二代目・手島揫二」に関する追加資料を愛楽園さんがお送りくださったので下記します、
b0034163_16463081.jpg
二代目・手島揫二、
初代の手嶋揫二は、常滑の陶工・滝田椿渓とともに「西端楽焼」を生み出し、「釜揫」と称する窯を起こし、明治30年まで西端で窯を続けたが、後を弟子の杉浦良平に譲って東京に移住した、。揫二45歳の時でした、。
本郷駒込「団子坂」に窯を起こし、万年青の流行に乗って関東に西端楽鉢を広めて行き、業界で「手島鉢」と呼ばれるほどのブランドとなって行ったのでした、。そして大正7年に66歳で逝去します、。

初代の手島揫二には跡継ぎの男児がいなかったので、娘に愛知県西端から杉浦文次郎(明治16年生まれ)を婿養子として迎えていました、。大正7年、この婿養子が「二代目・手島揫二」を襲名し、その家業をますます発展させたのです、。二代目手島揫二は窯の屋号を「錦園堂」と名付け、万年青鉢・蘭用高鉢・仙人掌鉢を製作しました、。

昭和18年1月28日、空襲によって窯が破壊されると、二代目手島揫二は窯を閉じ、戦禍を逃れて娘婿の故郷高浜へ疎開した、。目を悪くした二代目手島揫二は二度と窯を開くことはなかったといいます、。そして、昭和44年(ちょうど50年前だ)、86歳で逝去しました、。

◆したがって「手島鉢」は、明治18年に初代釜揫手嶋揫二によって愛知県で誕生し、
明治30年に東京へ窯を移し、
大正7年に初代の逝去にともなって二代目に引き継がれ、
昭和18年に二代目錦園堂手島揫二によって閉窯された、ということになります、。

手島家の墓所は西端栄願寺東にあり杉浦家が管理していたが、墓じまいをして東京へ移されました、。(二代目手島揫二の孫手島功氏談)、。

(*訂正)
風来記では過去記事で、「娘婿である二代目手島揫二は西端粘土などには愛着も何も無い東京の人だろう、」と書きましたが間違いでした、。訂正しておきます、。
b0034163_16464313.jpg
「手島鉢」といえば「波千鳥紋」の絵付けばかりが有名ですが、下の広告の写真を見れば、豪華な絵付けを施した「錦鉢」も制作していた事が分かります、。この写真は、以前ご紹介した広告とは違い、手嶋揫二の肩書の「錦園堂」とも書いてないし、杉浦勘之助の窯元名の「興楽園」とも書いてないので、初代の手嶋揫二が修行を終えて西端へ帰郷した杉浦勘之助を応援するために共同で広告を出したものと思われます、。
なんしろ、明治38年に勘之助が上京して手島に弟子入りした時には義務教育の小学4年生を終えたばかりの10歳の少年だったといいます、。それから10年間修業をし、勘之助20歳の時に西端へ帰郷したのですから、応援したくなろうというものです、。
b0034163_16454251.jpg
b0034163_16460071.jpg
2018年は1月4月7月10月と2か月置きに「手島鉢と三河鉢」とを取り上げました、。非常に有意義な特集を書けたことは光栄です、。多くの御協力者様のお陰であると、感謝しています、。
b0034163_16463695.jpg
今月のトップ画面の鉢画像(上の4枚)は、有賀蘭万園さんが持っていたものを野田谷治夫君に頼んで買って来てもらったもの、。蘭用高鉢とはいえど高いにもほどがあるというほど不釣り合いに背が高い鉢です、。5号鉢、。この鉢を買う時に野田谷君に持ち出された楽徳鉢の方を何時まで経っても思い出す、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。変な取引をしてしまったなぁ~、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。

b0034163_00114402.jpg
資料提供:愛楽園さん、梅里園さん。









by evian_th | 2018-10-01 00:15 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.