人気ブログランキング | 話題のタグを見る




TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_20593286.jpg
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_20593969.jpg
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_20594819.jpg
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_20595535.jpg
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_21000224.jpg
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_21001297.jpg
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_21001965.jpg
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_21002680.jpg
◆2021年(令和3年)1月、。     日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢、


◆昭和16年4月16日17日18日に東京府立上野美術館に於いて開催された
日満華蘭蕙大展覧会」の時に(恐らく)出品者に配られた「二代目錦園堂手島揫二製作の記念蘭鉢」です、
口径16.5センチ高さ22センチで5寸5分の大鉢ですが、実際に手に取ると6寸鉢ほどの大きさに感じる鉢です、。恐らく胴部分の太さが5.5号鉢よりも太いのでしょう、。

実は画像の鉢はこの展示会の正式な記念鉢ではありません、。正式な鉢は6号鉢3~4個が作られました、。当時の東京には楽鉢窯元は「錦園堂二代目手島揫二窯」しか存在しませんでしたので手島が受注し”台の鉢”のみ作りました、。絵付けは外注で手島では無い陶画工(絵師)に注文され、正式なものには「純白の鳳凰模様」が描かれました、。(多分鳳凰だったと思いますが、エビアンは実際に見たのですが、純白の鳳凰というのも変な話で白鳥とか丹頂鶴とか白鷺だったのかも知れません)、。
それで画像の鉢は、その展示会の出品者や協力者などに配られた(商人が別注した)記念鉢だったものと思われます、。

こちらの鉢も絵付けは二代目手島揫二とは思えません、。イッチン使いは手慣れてはいるのですが、果たして楽鉢作者がこのような突飛な絵付けをしただろうかと思うと、違うような気がします、。手島揫二の総絵付けがどんなものか不明ですが、手島は「気に入った!」となったら「その絵付けばかりに偏る傾向がある」ように「波千鳥紋」を見る度に思うので、もしもコレが手島なら他にも沢山の古代の壁画風(こういうのを何と呼ぶのかな)同じような絵付け鉢が残っているはずなのに見ません、。メインの「鳥人間」のようなのは分りませんが、その横など空間に描かれた絵は絵文字かも知れないのでヒエログリフと呼んでも良いのかも知れません、。

画像7枚目の「鉢裏画像」をよく見て頂くとお分かりのように、この鉢は「胴体を作った陶土」と「足を作った陶土」は別々の陶土です、。
「足」の方は、親子2代に渡って思い出の出身地である「愛知県碧海郡の西端粘土」を使ってあります、。「足」だけ土が「赤い」でしょ、。(二代目錦園堂・手島揫二は初代の娘婿で愛知県西端出身・明治16年生まれの杉浦文治郎といいます)、。

昭和16年4月と言えば日本はまさに戦争中です、。その戦時下に於いてもこのような文化行事が催されたのは記憶すべき事です、。「春蘭趣味」というのはそうであるべきなのでしょう、。

この項、ご協力者:手島揫二画像提供は岩田秀生様(萬年青界)、。日満華大展覧会資料コピーは園芸JAPAN誌・大塚剛史様、。アドバイス:華幸園住田幸弘氏、。鉢納品は相生園芸センター浜崎輝夫氏、。ご協力に感謝!!!,、。

日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_21011743.jpg
当時のポスター
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_21012537.jpg
日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_22485052.jpg
どこかのフィルターに抵触するらしく、記事が削除され真っ白画面になってしまうので、書きたいことを書けなかった、。

日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢          No.647_b0034163_21011743.jpg







# by evian_th | 2021-01-02 21:24 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
布施覚鉢製造終了          No.646
布施覚鉢製造終了          No.646_d0103457_23574456.jpg


布施覚鉢製造終了          No.646_d0103457_23574927.jpg


布施覚鉢製造終了          No.646_d0103457_23575654.jpg


布施覚鉢製造終了          No.646_d0103457_23580751.jpg

◆2020年12月15日、。     布施覚鉢の製造終了!!


コロナウイルスによる激動の2020年(令和2年)を終えるに当たりどうしても書いておかなければならないことがある、。
もう既に皆さん御承知だとは思いますが・・・

現代絵師(陶画工)として本邦随一の名声を長年に渡り独占してきた「布施鉢」の制作者「布施覚氏」が今年3月初旬から行方不明です、。
最後に携帯で話した人が「今どこに居るか」と訊いた所「山の中だ」と答えられたそうだが、それが3月上旬の夜8時ごろだったといいますからチョッと異常なものを感じます、。布施さんの家や家財道具・仕事関係のもの・制作中の鉢に至るまで、家の中のもの一切は3月中旬には誰かの手で片付けられたようです、。何も残っていません、。病気にでもなって施設や病院にいるのかどうなのかも一切分りません、。一緒にゴルフをするような親しい商人さんも、布施さん個人の家族のことなどプライベートなことは一切知らないので、布施さんのその後がどうなったのかを知る人は蘭界には居ません、。

そんな訳で、今後「新たな布施鉢」が誕生する余地は無くなっています、。
「布施鉢」は昭和・平成・令和・と作り続けられ、蘭界・萬年青界・風蘭界・長生蘭界に作品が残っています、。
台となる鉢の窯元は「愛楽園」や「澤製陶」の鉢で布施さん自身は絵付けをするだけの純粋な「絵師(陶画工とうがこう)」にすぎません、。それなのに「布施鉢」と呼ばれるのはその絵付けの腕前が天才的だったからでしょう、。
楽鉢歴史上で絵付けだけで鉢を呼ばれるほどの絵師は「五柳寿運」と「布施覚」しか居ません、。

50年後・100年後に残る現代鉢があるとすれば「布施鉢」はその筆頭でしょう、。
加茂黒を使った素焼き鉢に古い時代の石の粉で作った顔料を使って絵付けされた「明治期の古典鉢」はその存在数が少なすぎて需要を満たせない現実からすれば、また最近では中国も買い入れている状況からすれば、「布施鉢」辺りが最も需要が多い鉢になるのでしょう、。

「このまま今年を終える訳には行かないから、布施さんのことを一度書くよ」とエビアンから伝えると、「あまり激しい言葉では煽らないでくれ!」と商人さんからは釘を刺されてるからこのくらいにします、。値上がりするのは困るみたい、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。でもな、必然だよな、。

布施覚鉢製造終了          No.646_d0103457_23595425.jpg









# by evian_th | 2020-12-15 15:00 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
錦園堂二代目手島揫二         No.645
錦園堂二代目手島揫二         No.645_b0034163_23483342.jpg
錦園堂二代目手島揫二         No.645_b0034163_23483986.jpg
錦園堂二代目手島揫二         No.645_b0034163_23484727.jpg
錦園堂二代目手島揫二         No.645_b0034163_23485531.jpg
錦園堂二代目手島揫二         No.645_b0034163_23490021.jpg
◆2020年12月、。     錦園堂・二代目手島揫二「波千鳥紋蘭鉢」、


師走!!,、。
早くも「師走」、。今年も多くのご訪問者様にお世話になりました、。昨年の今頃には予想もしなかった時代に突入しています、。風来記ご訪問の皆様方の御安全を何よりも願っています、。(昨年12月から本年4月まで入退院を繰り返したエビアンに心配されてもご迷惑な話でしょうけど、)、。「おまゆー」という声が聞こえて来そうです、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。
で、それ(コロナ)に伴って「蘭界」も激変している最中で、まだどうなるかの結論は出ていません、。世界中のあらゆる仕組みの有りようが問われ変化を余儀なくされている最中です、。

「東洋蘭風来記」では「余剰苗出品」の復活もあり、以前にも増して蘭界発展に協力していこうと思っているところです、。
蘭界で今、最も問われているのは「交換会の有りよう」です、。二番目が「展示会」、。
「交換会」の方は恐る恐る開いてみたりする所も出て来てはいるのですが、以前のままを復活させただけではいずれ感染者が出て中止に追い込まれるのは目に見えていますから、徐々に模索して行くことになるでしょう、。
「ネット」への依存度が強まると現段階では見られています、。事実「ネット系商人」さんの売り上げは伸びているようです(今のところは)、。先がどうなのかは未知数の世界です、。
「スマホ」への依存度が高い日常では「ネット東洋蘭」がある程度まで伸びるのは理解できます、。

じゃぁ「東洋蘭風来記」は頑張らないといけないなと思っている今年の12月のエビアンです、。
皆様方のご協力が必要です、。15年前から奥地蘭や中国蘭を東洋蘭風来記から人気出来たのは、皆様方のご協力の賜でありエビアンの誇りです、。
コロナ時代の東洋蘭界を切り開くのも東洋蘭風来記からと思って努力するつもりです、。
何卒宜しくご協力の程をお願い申し上げます、。
錦園堂二代目手島揫二         No.645_b0034163_23492421.jpg
「錦園堂二代目手島揫二窯」の「波千鳥蘭鉢」、。
実は来月の参考のための掲載です、。最も二代目らしい作りをされた鉢は、と考えるとこの波千鳥になりました、。
二代目手島揫二が錦園堂と名乗り楽鉢を製作するのは大正7年、初代・釜揫手島揫二の他界に伴って窯を引き継いで以来です、。当然、大正7年以前から初代の製作を手伝ってはいたでしょうけど、大正7年までの作品は初代のものとされます、。二代目は大正時代の残り7~8年と、昭和18年に空襲で窯が壊されるまでの、合計25~26年間の製造です、。

「初代・釜揫手島揫二」は愛知県三河地方の地下から産する「赤味がかった西端粘土」で作品の大部分を作りました、。西端粘土は目が荒くて割れやすいので他の粘土を混ぜることもありましたが基本は「西端粘土」です、。
「二代目・錦園堂手島揫二」は愛知県猿投産の地下40メートルから採れる「木節粘土(キブシ粘土)」で作品を作りました、。基本的に手島窯は「大正7年」を堺に陶土が変化します、。
今月上掲の蘭鉢は「陶土も手も」二代目の特徴を良く表わしている作品です、。
大きさを訊いてないのですが、印象で言うと5寸から5.3寸くらい、。(飛田邦之氏蔵)

錦園堂二代目手島揫二         No.645_b0034163_01011782.jpg
<楽鉢各部の名称>、。「鉢縁下」(はちべりした)、段替わり(だんがわり)、
錦園堂二代目手島揫二         No.645_b0034163_09172285.jpg
錦園堂二代目手島揫二         No.645_b0034163_01011782.jpg







# by evian_th | 2020-12-01 00:38 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
お陰様で満16年          No.644
お陰様で満16年          No.644_b0034163_22464614.jpg
◆2020年11月、。     お陰様で満16年、


東洋蘭風来記
お陰様で満16年、。
多くのご訪問に感謝!!!,、。今後とも何卒宜しくお願いします、。

お陰様で満16年          No.644_b0034163_22465954.jpg
お陰様で満16年          No.644_b0034163_22470562.jpg





# by evian_th | 2020-11-19 22:53 | 東洋蘭(春蘭)
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17123120.jpg
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17123857.jpg
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17124498.jpg
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17125412.jpg
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_21512360.jpg

浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17131196.jpg
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17131879.jpg
◆2020年11月、。     初代浮田楽徳万年青鉢、


早いもので、もう11月、。コロナ・コロナと騒いでいる内に1年が過ぎようとしています、。
「コロナウイルス」に罹れば下手すりゃ1週間の命、という考えがエビアンを「今の内に楽鉢コレクションの箱書きを・・」という気持ちにさせました、。

画像の「チョッと見の五柳鉢」も「箱書き」を進める内に4~5年ぶりに手に取ったのです、。以前はこの鉢の事を「浮田楽徳窯の鉢に五柳寿運の絵付け、」だと思っていたものです、。時間は人間を育てますね、。今回これを見た瞬間に過去の考えは間違いだったことがすぐに判りました、。普通に「浮田楽徳の台に浮田楽徳自身の絵付け鉢」だと判断しました、。言ってみれば「単に浮田楽徳窯製の万年青鉢」に過ぎません、。

じゃぁ上掲5枚目や6枚目画像に見える「鉢内側の白丸とその両側の青色と赤色の点」は何者であるか?、五柳鉢じゃないのか?、と当然ながら疑問が湧いて来ます、。
初代浮田楽徳は江戸後期1830年の生まれ、1861年に31歳で窯を開き、幕末の数年間と明治時代45年間を造り続け、大正元年83歳で他界します、。
「五柳寿運」は短冊家の最隆盛期を強力に支えた外注絵師です、。エビアンは、この二人の関係は血の繋がった身内、叔父甥か従兄弟の関係、年齢差30歳かもう少し、だと考えています、。
短冊家の隆盛期は明治25年に「短冊家錦画鉢模様控」を作り、45年後の昭和10年に「短冊家価格表」を発行していますから、その頃まで、昭和15年くらいまで五柳寿運は生きたと思われます、。
そうだとすると、大正元年に83歳で他界した楽徳よりも30年後まで五柳の方が活躍した(生きた)わけで、年齢差も30年程度かもう少しかなぁと考える訳です、。

・・・であるとすれば、「楽徳が五柳鉢を真似るのは変だ!」と思ったのです、。五柳の狩野派絵師としての師匠格の楽徳が「五柳写しを造る筈がない、」のです、。
年齢差から考えても、「この、鉢内側に白い丸印を初めに描いたのは楽徳の方ではないか、」「五柳は師匠が時々白丸を描くのを見て、師匠了解の上で自分の作品にも丸印を入れるようになったのではないか、」、年齢差、時間差から推察すれば「楽徳が先だ」と思う方が自然の流れです、。
上掲の画像を見ながら、そう思った訳です、。

古典園芸界ではこの「五柳の白丸印」について諸説語られてきました、。今また新しい考えを付け加えたいと思います、。今後の検証の参考になれば光栄です、。
弟子が師匠の真似をするのは職人の一段階ですが、師匠が弟子の真似をした作品を作ることは有り得ません、。五柳は楽徳よりも30歳以上年下です、。この辺を考え合わせて頂きたいと思います、。



浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17132466.jpg
「楽徳が白丸印し」を描いたのは何のためか?、は判断が付きません、。「五柳はサイン入りの鉢も五と柳の落款」も存在するけれど、全部の自分の絵付け鉢に「白丸」を描いたのも「一種のサイン」でしょう、。他の目的があったとは思えません、。
「楽徳はなぜ最初に鉢内側に白丸を描いたのか」は,今後の研究で答えが出るかも知れません、。
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17160210.jpg
エビアンは自分の所有する鉢以外の「○が2つ」や「○の両側に青色の点」などの鉢を見たことがありません、。それらが全部「浮田楽徳鉢」かどうかも写真さえ見てないので判断できません、。
「浮田楽徳の鉢」である場合は、それらは「五柳写し」ではありません、。「五柳よりも古い絵付け鉢」の可能性があるからです、。
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17160210.jpg
年末になって、とんでもない爆弾を落として申し訳ありません、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。だから「東洋蘭風来記」は面白いのだ!!,、。
浮田楽徳万年青鉢五柳風            No.643_b0034163_17160210.jpg








# by evian_th | 2020-10-31 22:00 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.