TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


◆植え替えでも・・・               (No.29)
b0034163_17151651.jpg
◆陽気につられて植え替えでも・・・
蘭界のニュースもお伝えする程の事が無いので風来記ご無沙汰してますん、。。
良い気候になりました、。桜も満開、、昔ならこの時期までには植え替え完了していたものですが近頃は肩の力も抜けて、、植え替えしたい時にだけ、、という事になってます、。
◆植え替え室は8畳くらい。。写真に入らない左右も天井まで用土。。地面も選別した用土、、鉢はここには入りきらないので別に。。左のプラスチック容器は実際に使用する土入れです。。皆さんそうでしょうけど、、足の踏み場も無いん、。
・・・・・・・・・・・・・・・
◆蘭界のニュースが聞えて来たらお知らせします、、ね。。。
# by evian_th | 2005-04-08 17:30
◆動きが見えない・・・             (No.28)
b0034163_1142527.jpg
◆4月に入りました、、。。。
蘭が最も活発に取引される季節に居るはずなのですが、、正直に言って、動きらしい動きが無いんです、。。日本春蘭も韓国春蘭も風蘭や寒蘭も、、、聞えて来ない。。。
たまに聞えてくるのは中国蘭・中国春蘭の動きばかりなんです、。。朶朶香チャボラシャが高価に動いたとか、、、etc。。
全体として活発なのは一言で言えば中国蘭なのですが、、それは別として他の分野はと言うと、、今のところ不明なのです。。それで風来記の間隔が開いてしまいました。。
日本春蘭・紅花好きな人は居てそこそこ売れてはいますし、緑苔素初め素心好きは全国に居られて売買はあります。柄物愛好家も買っているようです。。が、一つの大きな流れでは無いので特記するほどではありません、、。。
思うに、過去のブームの時のように蘭の供給地が一地方からでは無くなってきていますし愛好家の情報収集力もネットなどを通じて迅速多様になって来ましたので愛好家各々が一方向へ流される事なく主体性を持ってコレクションし始めたからかも知れません。。そうだとすれば、、蘭界も新時代を迎えつつあるのかも、、。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、そうではなくて、愛好家が次の時代に備えて何を買っておいたらよいか迷っているだけかも知れません、。。。そういう時にはご自分の好きな蘭だけをお買いなさい、、とお勧めしたいのです。。他人に良い物だからと言われて買った物は後で値下がりしたらイヤになるものです、、。。「こういう時代は自分を信じる」、、、ね、。。。
# by evian_th | 2005-04-01 01:41
◆中国蘭・・・                  (No.27)
b0034163_11523248.jpg
中国蘭の動き・・・
中国の蘭の動きは今春特に注目される分野で、、旧来の銘品では、全体に一時よりも高値になっていて品薄感の有るもの端秀荷・憲荷・人気の珍蝶・翠桃など特に目立ちました。宋梅などでも1本1500~2000円にもなるほど底上げが進んでいます。旧来銘品の芽変わり分野では寰球荷鼎覆輪・光宮が3~4本動き、翠蓋の奇花も動いた模様です。この分野はまだ高価品薄なので活発な動きというほどではありません。
奥地の蘭・・・春剣蘭の兜梅弁花が5本ほど輸入されましたが国内流通はまだ先です。覆輪・縞・は少し流通しています。蓮弁蘭は紫宝蓮が3~5鉢動いたのと剣陽蝶が2~3鉢動いたくらいで何せ銘花銘品と言える物が少ないので動きは活発なのですが銘品は動いてないようです。エビの蓮弁白弁花も業者3人から乞われましたが出しませんでした。朶朶香は銘品と呼べる物が少ないのですが一般物の動きは活発です。本に載った丹賀蝶も業者が繁殖中の物。豆弁蘭はシーズン初めに素心が50鉢ほど輸入されて(濃緑長円弁で舌が小さい物。舌点が下りる物もあり。3~4本立ち3万くらい。)各地の交換会で売られました。奇花も交換会に出るのですが高価すぎて業者も手を出せないので流通はこれからです。
中国蘭・中国春蘭のムードは大変良いのですが、急なブームなので業者も仕入れの段階で今春の動きは玉石混交ムードです。人気をリードするヒーローを育てることが課題ではないでしょうか、、。。。
# by evian_th | 2005-03-24 13:02
◆各地展示会入賞品・・・           (No.26)
b0034163_13242573.jpg
◆展示会シーズン真っ最中です、。。
各地の入賞品、特に、最高賞に何が入るか情報集めしています。。展示会の最高入賞品というのは日本中の春蘭界に影響を与え今年の流れを決めてしまうようなところが有るからです、。。
今の所、山の端・女雛・多弁奇花・明星・光琳・・・などが聞えて来ていますが、、そしてそれら銘品を否定するのではありませんが、「それじゃぁ、、何か寂しくない、??」て聞きたいのです、。。今後の春蘭界をどういう方向へリードしたいのか、という方向が見えないもの、。。展示会最高賞というのはそういう使命を帯びたものだと思うがなぁ~、。。
◆新花を求めたら実生しか出て来ない、、。。緑苔素や中国春蘭には乗ってこないのでは春蘭界は行き詰まるだけだと思うがなぁ~、。。
◆ま、好き好きだから、、、ご勝手にどうぞ、。。いつまでもスソ物で遊んでろ、、、てのがエビアンの本音ですん、、。。。何とかしよう、、て気持ちが見えないもん、。。
# by evian_th | 2005-03-19 13:50
◆展示会・・・                (No.25)
b0034163_16195862.jpg
これ、公設市場の買い物風景ではありません、。。でも、とても、東洋蘭の展示会風景です・・・とは恥ずかしくて言えませんね、、。
◆展示会風景です、。。(言うてるやん、、。)。。
6日間で8080人もお客さん来て下さっても、東洋蘭関係の人は200~300人じゃないでしょか、、。。あとの7700人の方は「ふーーん。。」とか「ほうほう。」とか言いながら見た人達です、。。でも、即売業者の売店で蘭を買った人達もいるし、蘭界の何かのお役に立っているのかも、、、と自分に言い聞かせて続けています、、。
肩肘張らない気楽さと楽しさ、、が取り得の展示会です、、。。横の方が写真に入ってないのですが、もっといっぱい人がいますん、、。。(写真提供・駄花ちゃん。)。
◆入場料500円を払ってまでご来館下さった皆さんに厚く御礼申し上げます。。。
# by evian_th | 2005-03-08 16:35
◆一鉢の蘭が展示会を支える・・・         (No.24)
b0034163_18124746.jpg
たった一鉢の蘭がその展示会を支えてしまうということがある。。その蘭の前に人だかりができて話題を独り占めし、その後の流行の方向を決めてしまうような蘭が展示された場面に何度か出合っています。。
◆最も鮮烈な想い出は昭和48年春・世田谷区民会館での「紅明」デビューに立ち会ったこと、、かなぁ、。それ以前の春蘭界で赤花と言えば金鵄殿や瑞晃のような朱金花の事だったので突然紅色の紅明を見せられた私達は心底驚いたのですし、これが春蘭紅花ブームの幕開けに繋がって行きました、。。(写真はその時の紅明です。)
◆長野で開催された全国大会での「湖帝」(東海のU君出品)、、八王子全国展での「不動丸」(広島のM君出品)、、同じく八王子での「四天王」(千葉のAさん出品)などに偶然立ち会ったのですが、いずれもその後の流れを左右する衝撃的なデビューでした、、。。蘭人たるもの一度はこういう蘭を持ちたいものですがツキを伴わないと、、なかなか、、。。お金も、、か。。
# by evian_th | 2005-03-03 18:53
◆自己紹介もどき・・・              (No.23)
b0034163_110312.jpg
◆自己紹介もどき・・・
このHPも大変沢山の人にアクセス頂き、初めての訪問者も増えましたので、一度、自己紹介を簡単にでもしておかないと無責任なので・・・
当初の計画では「知る人ぞ知るHP」を目指して作ったもので本名はなるべく伏せて書こうと・・・で、ハンドルネームだけでオープンしたのですが、蘭界はここ数年で大変化を余儀なくされると考えますので、ちょとご挨拶を・・・
◆本名を書いてなくて済みません。。。
このHPの管理人・大阪のエビアン・竹ノ内 功忠と申します。
(エビアンは経営していた和食店・海老庵から・・・)
首根っこまでドップリと蘭界に浸かっておりますので、どちらかと言うと商人の側の人間です、。。なるべく公平な立場からの情報の提供に努力しますが、今更青臭い正義感を振りかざす年令でもありませんので、キーを叩く指先が鈍ることも多いかも、、、。。。
◆今後とも当HPを宜しくお願いします、、。。。(ちと長文になったなぁ~、、。。))
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆当初はドマニアだけが知っている・・・てHPにしよ思ってたん、、。。それがGoogleで検索したら、東洋軒・風来軒というラーメン屋に上位へ行かれて、いい年してカッカ して検索エンジンにヒットしようと・・・つい、、。。
                                      エビアン・竹ノ内
# by evian_th | 2005-02-27 01:30
◆オークションの例の中国蘭詐欺について・・ <号外>
ネットオークションの例の中国蘭・・・詐欺事件としてオークション主催者側に保障を求める運動を起こした人達がおられます。
◆詳しくはここのリンクページから「AON」のページをご覧下さい。
または、下記URLへアクセスして下さい。。。
http://www.aon.gr.jp/kd/complaint.htm
# by evian_th | 2005-02-25 09:45
◆ 今春の動き・・・              (No.22)
b0034163_22262098.jpg
◆今春の蘭と蘭商の動き・・・
ふむう、、。。。まさかこれほど急激に中国への動きが急加速するとは思わなかった、というのが私ばかりでなく、商人達の一致した意見、感想、心情ではないだろか、、。「動きは中国かな~、、と思ったので杭州寒蘭あたりから始めようかと思っていたら、ちょと出遅れてしまって、、」・・・と私に漏らした商人が居たな~、、。。それくらい急激な変化でした、。。人気を仕掛ける時には1年くらい前に教えて貰えませんか、、と言われたけどエビ自身1年前には思わなかったよ、。。。東洋蘭風来記に中国蘭を一生懸命連載してたけど、、。。。
東京ドームも中国蘭大会のようになっているし、、愛好家の変化が早すぎて、、とも言う業者もいました、、。
3月に四川省成都で開かれる中国の全国大会には日本の商人も大挙して見に行くようですが、何せヘチ物の多い所なので良い物を買えることは無いでしょう。。。それで台湾商人などと組んだ商人が2~3の蓮弁蘭などを今春日本へ持ち帰ることが出来たら今春はそれで上出来です、、。。。信用できる良い物はそれ位しか無いので同一品に何組もの商人の買いが入っているようですね、、。。。
ともかく今の動きは愛好家が握っています、。。愛好家が買う物を求めて商人が走るという方向は、いつの間にか案外正しい姿に成っているのかも、、。。。
# by evian_th | 2005-02-23 22:54
◆ 強制開花・開き始め~・・・          (No.21)
b0034163_12175869.jpg
◆前に書いた加温室の様子・・・
展示会まで10日を切ったので温度調節を15度~25度に上げ加温中、、。既に開花した物は玄関へ持ち込み、色が悪くて出品出来ない物は蘭室へ戻したのでかなり余裕もできました、、。。
ここは庭にある約1坪半の作業室、てか休息場所、、。周囲の壁の棚は飾り鉢の置き場。。。大工に作って貰った普通の小屋だけど、ここへ動力線4キロの温風器を入れてあり強制開花室にも使用してますん、、。。。
この部屋の前が二つの蘭室入り口と園芸店で売っているガーデンチェアを置いた休憩場所、、、ポット植えの玉花蘭や春蘭も有ってここでの煙草とコーヒーの美味いこと美味いこと、、。。。(左手前はワーデアンケース)。。
# by evian_th | 2005-02-19 12:37
◆ 写真撮影に忙し・・・         (No.20)
b0034163_2253575.jpg
東洋蘭風来記用の写真撮影風景です。。
ダイニングの食卓の上に背景紙立てを立ててグラデーションペーパーを吊るしてるだけ、、。蛍光ライトと反射紙で光を補って、、デジカメは手ぶれし易いので小さな三脚も使いますん。。。
もう朶朶香や豆弁蘭が開いて来ましたので撮影に忙しいです、、。。。これから蓮弁蘭・春剣蘭・中国春蘭一花・日本春蘭・と続きますからねぇ~。。当分は楽し忙しかな~。。。
# by evian_th | 2005-02-09 22:15
◆さぁて、、と、いよいよ開花へ・・・       (No.19)
b0034163_22361589.jpg
いよいよ今春の開花へ向かいます、、。
中国奥地の蘭・朶朶香・豆弁蘭・蓮弁蘭・春剣蘭・を玄関へ取り入れました。玄関はタイル部分が約1坪です。光は戸口からの一方向からだけなので株の正面を戸口に向けて置くと花がそちらへ向かって開きやすいようです、、。温度は人間の生活空間ですから5度~15度くらい、。約1~2週間で開花してくれます。
ここへは、開花に時間のかかる物・九州産や紀州産、縞物覆輪花、綾の花、なども早目に入れておきます。展示会搬入は2月28日なので出品物は15日くらいから庭の加温室へ入れることになります。これからの1ヶ月は家の中が蘭だらけ、、です、、。。。
あ、それから露雪も展示会の2週間前には開花させてくださいね、、。咲き上がりに2週間を要しますから。。開花から2週以内の露雪は展示会へ出品されたくないなぁ~。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヤフー・ビッグローブ・インフォシーク・ニフティー・からお出で下さったみなさん、、、、ようこそお越し下さいました。。。
◆2月6日。庭の開花促進室(加温室)、、ても、1坪ほどの物置に動力線4キロの温風器を入れただけの部屋、に日本春蘭60~70鉢持ち込みました。。。サーモ目盛り8度~15度にセットして加温開始。。。約1週間の「冬眠の打破期間」とします。。その後温度を上げて開花へと向かいます。。。ここへは中国蘭も入ってくるから100鉢以上を加温することになるなぁ~、、。。。
# by evian_th | 2005-02-02 22:52
◆春が始まりました・・・            (No.18)
b0034163_0281816.jpg
中国蘭花図鑑」からお出で下さった方、ようこそお越し下さいました。
杭州寒蘭」から来て下さった方も、ようこそ。。。

東北蘭展が始まりますね。いよいよ今春の東洋蘭シーズンの開幕です。蘭商さん達のワゴン車が蘭を沢山積んで東北へ向かいました。
この後東京ドーム展・・・と続き、一気に「春」です。
台湾経由で中国の春剣蘭や豆弁蘭も花着きで入荷し始めましたし春蘭シーズンも、もうすぐそこです。楽しい春を期待しましょう。私も春剣蘭は玄関に取り込みました。春剣蘭は開花までにゆっくりとした加温で1ヶ月は要しますから。
紅花の遮光キャップはもう取り除きましたか?今年は冬眠が完了しない内に加温強制開花ということになりそうですね。冬眠は5度以下で60日、10度以下で80日、それ以上だと90日を要しますからね、今年はとても完全な睡眠を取れてないでしょう。(写真は春剣蘭の素心)
# by evian_th | 2005-01-29 17:12
◆「中国蘭花図鑑」 出来上がり◆      (No.17)
b0034163_1413069.jpg
中国蘭花図鑑」(新企画・自然と野生ラン別冊)が出ました~。。。て、出版社の回し者みたいだけど、、、。
25年ぶりくらいの中国蘭の本ですからね、、嬉しいですよ、、。見慣れた筈の中国蘭が新鮮に見えます。品種の解説文がいい、特に一茎九華のがいい、、。。。他には新しい分野の中国蘭を見られるのも楽しいです。数箇所の間違いもあるけど(特に私の蘭や鉢で、、うっうっ、、)全体としては、この値段(1050円)では上出来じゃないかな~。。品種があいまいだった物にも各方面の先生に意見を聞いて一応の結論を出してあるのも良かったと思います。(「憲荷」や「天緑」など、、。)ご一読をお勧めします。
日本春蘭であれ寒蘭であれ、「花物鑑賞の基本は中国蘭にある」のですから、中国蘭をもう一度見直し基本を見つめ直すことで、日本春蘭や寒蘭を別な視点から鑑賞するきっかけになれば良いと願っています。  
◆この本の九華の解説文を読んで「この解説文を書いた人はスゴイ・!」と思えたら、そう理解出来たあなたがスゴイ! 上級者です、、。            (竹ノ内)              
# by evian_th | 2005-01-22 14:26
◆これも古典園芸界の文化・・・             (No.16)
b0034163_2062774.jpg
これ、何だか分かりますか?
東洋蘭や万年青などの取引をする時に使う「そろばん」です。
昭和40年代くらいまで蘭商さん達の胸ポケットに入っていました。人前でも取引金額を知られずに売買できるというスグレモノ。皮製・玉(珠)も皮製、、。。二つ折りにして相手に渡します。私はこういうのも蘭の文化だと考えて、今でも背広の胸ポケットに入れて使っています。若い春蘭商人たちに珍しがられます。
# by evian_th | 2005-01-20 20:19



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.