人気ブログランキング |




TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 08月
more...

フォロー中のブログ
東洋蘭風来記奥部屋
東洋蘭 花図鑑 東洋蘭 ...

検索

タグ


タグ:鉢・古鉢・植木鉢 ( 57 ) タグの人気記事
歌仙絵「六歌仙図万年青鉢」                 No.624
b0034163_23471218.jpg
b0034163_23472197.jpg
b0034163_23472818.jpg
b0034163_23473681.jpg
b0034163_23474202.jpg
b0034163_23474733.jpg
◆2019年9月、。   歌仙絵「六歌仙図万年青鉢」、


珍しく大阪では全国に先駆けて秋色漂う9月の入りになりました、。不用意にうたた寝などすると肌寒いほどです、。

今月の鉢は、2017年4月に「武者絵万年青鉢」スレッドNo.581、としてご紹介したことのある万年青鉢の再掲載修正版です、。言い訳めきますが、あの時は1の足画像と足部分拡大画像しかなくて、窯元判断も何もできずに記事を終えたのでした、。
この鉢は珍しく彷徨う習性があるらしく、再び姿を現してくれたので、今回は後悔無く拝見できました、。10年以上前には四国にあってエビアンも視野の隅に見覚えがあったのですが、その直後に四国から東京へ納まり、これはもう見られないかと思っていたのです、。ところがその後更に茨城県へ渡り、更に更に愛知県へ渡るに至って、富貴蘭全国大会の参考出品の会場で「園芸ジャパン編集子」によって撮影されたものです、。

前回2017年には「武者絵」などとエビアンの無知ぶりを全国に晒す羽目になり,大いに恥ずかしく感じていたので、今回は絵付けの内容に関しては風来記2代目顧問(と勝手にエビアンが思っている)の鳥山伸一さんにお教え頂いた、。

「歌仙絵」(かせんえ)というジャンルに属する絵だそうです、。内容は百人一首でも知られた場面を描いたもの、。
1の足の人物は(背中に矢羽根を背負った人物は)在原業平、。2の足の人物は大友黒主、端の方の前折れの烏帽子を被った人物は文屋康秀、。3の足は小野小町とその両脇の坊さんは僧正遍昭と喜撰法師、。
「大和絵」の絵付けは見事な物です、。(楽鉢は「唐絵・からえ」ではなく「大和絵・やまとえ」が主流であることは大いに嬉しい事です、。)なんしろ江戸時代の狩野派は「唐絵」が主流で「大和絵」は日本古来の絵であるのに反主流派の肩身の狭い思いをした時代でしたから、。

今回、上から画像や鉢底画像を拝見するに至って、ようやく気持ちも落ち着きスッキリしました、。
佐々木松楽窯製の「京楽鉢」でしょう、。佐々木松楽窯は明治38年に京都市東山区清水寺門前町2丁目で開窯し、初代と2代目とは「楽鉢」も製造しましたから、この鉢の時代は明治後期の頃の作品、。土目の古さやその他の特徴から初代の作品、。風格有る一品ですね、。15㎝×15㎝、。(愛楽園杉浦慎治氏所蔵)


b0034163_13430321.jpg
2017年のスレッドNo.581は・・・
クリックで飛びます。
b0034163_15010361.jpg
今秋から来春へかけて、この後も続々と銘鉢が登場します、。

b0034163_15010361.jpg






by evian_th | 2019-08-31 23:00 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
京楽鉢「楽徳蘭鉢」                         No.578
b0034163_20143085.jpg

b0034163_20143788.jpg

b0034163_20145196.jpg

b0034163_20150099.jpg

b0034163_20150850.jpg

b0034163_20151572.jpg

b0034163_20152373.jpg

◆2017年1月、。


新年おめでとうございます、。今年も「東洋蘭風来記」の風来記ページを宜しくお願いします、。


◆京楽鉢「浮田楽徳製菊花唐草紋蘭鉢」、。
新年は楽徳蘭鉢です、。珍しく無傷完品、。楽徳鉢にしては見た目よりも重く、短冊家製品ほどの重みがあります、。
1の足、2の足、3の足の正面に菊花紋を置き、他は唐草模様とその間の空間は緑色の点々(ドット)を細かく打ってあります、。段替わりの横線は描かず、腰の部分には金泥で雷紋をきっちりと描いてある鉢、。ヘリ上面には雲形のような唐草紋のような文様を金で描いてあり、高級品だった事をうかがわせます、。

高級品というよりも高価格品だった様子です、。が、どうもこの鉢は大旦那の注文制作だったらしく、楽徳が喜んでは製作していなかったような印象を受けます、。”楽徳らしさ”を発揮させてもらえなかったような気がします、。「金を多用せよ」「足の正面に菊の花を描け」とかいう小うるさい注文をされて、嫌々ながらというほどではないにしろ、何かしら”楽徳が乗ってない”ような気がするのです、。旦那からは相当ふんだくって鬱憤を晴らしたことでしょう、。最下段7枚目は前所有者さんの頃に撮影された画像で、金色や緑色が少し強すぎますが、この鉢の色を表しています、。(142mm×180mm)

b0034163_17004780.jpg
ところで、この鉢の「唐草紋」の隙間にビッシリと描き込まれた「細かな点々」は、「正式には何と呼ぶべきなのだろう」と常々考えて来た、。風来記では過去には「細かな点々」などと書いてきたのだが、ヒョンなことから判明したので書いておきます、。
奈良春日大社の社殿から発見された平安時代の「金鈿荘の太刀(きんでんそうのたち)」の純金のツカ部分に掘られた文様の隙間にビッシリと鏨で打ち込まれた細かな点々を「魚子(ななこ)」とNHKBSで放送していました、。800年ぶりに複製を作り春日大社に収蔵することになり、現代の人間国宝の人たちが協力して2年半かかって複製品を造り上げる様子を記録した番組中にスーパーインポーズで表示されたから信頼できる情報だと思います、。
楽焼鉢の世界では、「魚の子紋」は別個にイッチン描きや筆描きで「魚の子文様」は存在しますが、本来の意味からすれば「魚の卵に似せた細かな点々」は「魚の子紋」と呼ばれるようですから、今後は説明を加えながら「魚の子紋」という呼び名も使っていこうと思います、。


b0034163_20430483.jpg
浮田楽徳は京狩野大和絵派の絵師でしたが、1830年生まれで1861年(明治維新7年前)に窯を開き、大正元年に他界しており、その作品は紛れもなく明治時代の製作で、こんなに安心して時代が分かる窯元もめずらしいものです、。残された作品の多さを見ると短冊家や手島揫二と同数程度残っていて、絵師から窯元へ転身してからは、楽鉢製作一筋に打ち込んだのでしょう、。絵師といっても職人ですから、お客の旦那が買ってくれてこその商売で、この点でも旦那筋にも愛されたのでしょう、。

「浮田家」といえば、宇喜多秀家と加賀前田藩から嫁いだ豪姫は徳川家康に対する逆族として八丈島へ流刑に処されますが、その間も加賀前田家は毎年お金と米とを八丈島へ送り続けます、。家康の死後は一部親族は許され江戸へ戻りますが、この人たちも前田藩の江戸屋敷に住まわせて面倒を見ます、。代々それは引き継がれ、270年後の明治2年に赦免された時に浮田家の人々の職探しなどの面倒を見たのも加賀前田家だったといいますから、加賀前田家の義理堅さは大したものです、。凄いものです、。

浮田家の一族は現在は中国地方と九州地方、一部は東京方面に住んでおり、京都で探しましたが京都には居られないようでした、。(浮田一蕙や浮田楽徳の子孫の方が現在も京都にお住まいなら、伺ってご先祖のお話を聞こうと思い探したところ、現在の京都市に浮田姓のお宅が3軒あり、うち一軒は歯科医を開業されているので、人を介してその歯科医さんに聞いてもらったのです、。残念ながら浮田一蕙や楽徳の血縁者ではなく、エビアンが探している浮田姓の人は現在は京都には居られない、と歯科医さんから聞きました、。)

b0034163_22154779.jpg

歴史を振り返れば、西暦1600年代に絵師尾形光琳・陶工尾形乾山兄弟のように、京都の呉服商・雁金屋の次男三男という恵まれた環境に生まれ、才能に恵まれたのに、膨大な親の遺産を遊郭に入り浸って使い果たすような(ある種)天才も居り、様々だなぁと感じます、。余談ながら、尾形兄弟の曾祖母は本阿弥光悦の姉に当たり、従兄弟は楽家4代目の養子に入り、楽家5代目になった宗入であったという芸術家の血筋も引いています、。

この尾形光琳乾山と同時代の1600年代後半には、オランダ・デルフトの絵師(というより画家)フェルメールも出ています、。フェルメールも親から娼婦の館(まぁ売春宿)を受け継ぎ、自分は画商として生計を立てていましたが、ある時、自分でも絵を描いてみたところ評判が良く、生涯で34点の名画を残しますが、途中でアフガニスタンで産しヨーロッパで精製されたラピスラズリのウルトラマリン顔料に憑りつかれ、死んだ時には膨大な借金が残ったと言われます、。

真面目に楽鉢製作に取り組んで生涯を送った絵師も居れば、才能とお金に恵まれながら後世に名作品と名を残したけれどお金は使い果たした絵師も居たという歴史の皮肉も知ることになる楽焼鉢の研究です、。

b0034163_21194844.jpg
「画家とお金」の関係では、フェルメールと同じオランダデルフト出身の画家、フィンセント・ファン・ゴッホも思い出します、。日本の明治時代に当たる時代の画家(わずか100年チョイ前の人)で、その存命中に描いた絵は1点しか売れず、生活は苦しく、ゴッホの生活と絵画用品代金は弟のテオが結婚もせずに働いて支えたといいます、。今になってヨーロッパではゴッホ美術館ができ、その絵は高価に取引され、郷土が生んだ大芸術家のように自慢しますが、わずか100年前に理解して買ってもやらずに今頃になって何だ、とエビアンは思うのです、。












by evian_th | 2017-01-03 21:20 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
京楽焼蘭鉢「佐々木松楽窯」              No.509
b0034163_1223158.jpg

◆2014年4月、。   
by evian_th | 2014-03-31 12:23 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
東洋蘭楽焼鉢「魚の子鉢」              No.392
b0034163_084041.jpg

b0034163_085388.jpg

b0034163_0951.jpg

b0034163_025888.jpg

b0034163_092647.jpg
b0034163_093945.jpg
b0034163_094910.jpg

◆2011年4月1日、。   東洋蘭「楽焼魚の子紋様万年青鉢」

京楽焼七々子紋万年青鉢、。
先月に続いてのマニア好みの鉢、。3寸ばかりの中に愛好家をうっとりさせる魅力を秘めた明治期楽焼鉢絵付け絵師の業をご覧下さい、。
先月掲載の「五柳鉢」との共通点があると感じて頂けたら、それで十分です、。ほぼ同時期の製作、。見惚れてしまう鉢です、。               (鳥山伸一氏所蔵)


この画像の撮影はプロのスタジオ撮影、。エビアンは今まで、蘭でも鉢でも、その良し悪しは撮影者の蘭や鉢に対する認識度の問題、て思ってきたが、そうでもなかった、。この撮影者は写真のプロではあるけど蘭や鉢の素人の筈、。「プロ」てのは凄いものだと思ったね、。見事にこの鉢の持ち味を引き出し切ってる、。画面左側からの光源が強すぎて、鉢の影が右側へ強く出過ぎてるように思うが、。
by evian_th | 2011-04-01 00:09 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
東洋蘭・京楽焼鉢「五柳」               No.388
b0034163_055182.jpg

b0034163_0553179.jpg

b0034163_0554374.jpg

◆2011年3月1日、。   京楽焼「五柳」絵付け鉢

東洋蘭・京楽焼万年青鉢、「五柳」絵付け鉢、。
「五柳」の鉢を数多く見た人向きの一品です、。「菊花紋」はわかるのですが、隙間を埋めるように塗られた(描かれた)「白い雲状の文様」が何を意味するのかが不明です、。白い雲状の文様の間に描かれた「金色の龍の爪足」のような紋様との組み合わせで、「五柳」さんには意味があるのでしょう、。チョッと惹かれる玄人好みな鉢、。(飛田邦之氏所蔵、撮影)



・・・・・・・・2011年春の展示会・・・・・・・・
----------------------------------------------------
059.gif日付の早い順から並んでいるとは限りません。会期にご注意ください059.gif
----------------------------------------------------

大阪東洋蘭会 春季展示会
時:2011年3月13日(第2日曜日)(一日限り)
所:兵庫県宝塚市山本園芸流通センター(広い駐車場あり)(てか、広い駐車場の中に展示会場あり)
展示:午前11:00~午後2時まで。午後2時から交換会。
午後2時以降は展示品をご覧頂けません。


第40回 春蘭春季展示大会
時:2011年3月19日・20日
所:芝 弥生会館 2階大広間(東京都港区海岸1-10-27)
全国日本春蘭連合会(全春連)


第26回 全日本東洋蘭春季美術品評大会
時:2011年3月18日・19日
所:プラザ・アペア2階(東京都大田区西蒲田8-3-5)
全日本東洋蘭連合会(全東連)


紀州蘭友の会 春蘭展
時:2011年3月12日・13日
所:風土記の森 紀の国文化センター


播磨愛蘭会 第31回春蘭展示会
時:2011年3月19日・20日
所:いなみ万葉の森 憩いの館


蘭遊楽座 花物展
時:2011年3月5日
所:東京大田区大森中「大林寺」


兵庫春蘭友の会春蘭展
時:2011年4月2日~6日
所:相生園芸センター



あいち花フェスタ・名古屋国際蘭展2011

時:2011年3月11日~14日
所:ナゴヤドーム


岡本蘭舎 春蘭展示即売会
時:2011年3月9日~4月3日
所:岡本蘭舎(三重県名張市つつじが丘)


蕙雲会九華展
時:2011年4月15日~18日
所:東京・阿佐ヶ谷地域区民センター


東洋蘭 京都愛好会 春蘭展示会
時:2011年3月21日
所:京都・平安会館
(駐車場は烏丸通北行きから進入)
by evian_th | 2011-02-28 00:57 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
京楽焼鉢「五柳」                     No.383
b0034163_12282963.jpg

b0034163_12284823.jpg

b0034163_1229580.jpg

b0034163_12291775.jpg

b0034163_12293098.jpg

◆2011年2月、。   京楽焼「五柳」絵付け万年青鉢

京楽焼「五柳」絵付け花唐草に草花紋散らし万年青鉢、。明治中後期、。
メインは「花唐草」ですが窓のように開けた雪輪紋の中には「青海波」(せいがいは)あり「亀甲繋紋」があり、胴部分や足部分には「雲形」あり「稲妻紋」ありという風に「五柳寿運」渾身の力作というか、「五柳」のデザイン見本のような楽焼鉢です、。台の鉢は短冊屋製と思われますが手に取って見た訳ではありません、。
                           (伊藤勝美氏蔵、撮影:夢楽さん)


・・・・・・・・2011年春の展示会・・・・・・・・
----------------------------------------------------
059.gif日付の早い順から並んでいるとは限りません。会期にご注意ください059.gif
----------------------------------------------------

芳華会中国蘭展
時:2011年2月8日~13日
所:神代植物公園


大阪東洋蘭会 春季展示会
時:2011年3月13日(第2日曜日)(一日限り)
所:兵庫県宝塚市山本園芸流通センター(広い駐車場あり)(てか、広い駐車場の中に展示会場あり)
展示:午前11:00~午後2時まで。午後2時から交換会。
午後2時以降は展示品をご覧頂けません。


第40回 春蘭春季展示大会
時:2011年3月19日・20日
所:芝 弥生会館 2階大広間(東京都港区海岸1-10-27)
全国日本春蘭連合会(全春連)


第26回 全日本東洋蘭春季美術品評大会
時:2011年3月18日・19日
所:プラザ・アペア2階(東京都大田区西蒲田8-3-5)
全日本東洋蘭連合会(全東連)

by evian_th | 2011-01-31 12:30 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
手島鉢                           No.377
b0034163_061211.jpg

b0034163_062514.jpg

b0034163_063542.jpg

b0034163_064645.jpg

b0034163_065836.jpg

b0034163_071054.jpg

b0034163_072149.jpg

◆2010年12月、。    手島揫二鉢

「手島鉢、」としては最も古い時代の萬年青鉢、。
瑠璃釉薬を贅沢に使用し、手の平に乗るほどの小さな鉢にも拘わらず、非常に丁寧な仕事を施してあります、。
極く古い「手島鉢」と「短冊屋鉢」との小さいサイズの万年青鉢に限り、鉢縁のツバ部分の裏側(下側)が帽子のツバのように直線的に(平らに)作られた製品が存在し、比較的高級品に見られるようです、。
友人から贈られた頂き物なのですが、足の造りといい波千鳥文様の丁寧さといい「手島揫二鉢」の特徴を非常によく表している鉢で、この小さな万年青鉢の中に手島揫二の全てが表現されている鉢です、。
by evian_th | 2010-12-12 00:07 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
京楽焼鉢「黒楽鉢」                    No.376
b0034163_065100.jpg

b0034163_061720.jpg

b0034163_063322.jpg

b0034163_064640.jpg

◆2010年12月1日、。     京楽焼き蘭鉢「黒楽蘭鉢」

年末を飾る1枚は、変哲もない「黒楽焼蘭鉢」です、。
「なんだ、黒楽鉢じゃないか、」というなかれ、。これが案外残ってないんです、。時代は鉢裏の土目の古さから、大正時代と思われます、。この時代の「万年青鉢」は残っているのですが、「蘭鉢、」となると、これがなかなか、。
画像はほぼ実物大、。ほとんど未使用で保存されていたのでしょう、。特別高級品でも何でもなく、「作り鉢」「使い鉢」の部類ですから、当時は万年青鉢ほどではないにしても相当数が製作されたハズなのですが、こういうのは意外に残らないんです、。みなさんの周囲にも存在するかも知れません、。でも、「高級錦鉢」ほどには数は無いですよ、。未使用でも「100年」近い時代を経て土が古び、時代が乗っています、。
by evian_th | 2010-12-01 00:07 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
東洋蘭「手島揫二落款入り六角鉢」その③      No.367
b0034163_101334.jpg

b0034163_102456.jpg

b0034163_103559.jpg

b0034163_104544.jpg

b0034163_105554.jpg

b0034163_11842.jpg

◆2010年11月1日、。     東洋蘭「手島揫二落款入り六角鉢」その③
                                           (所蔵:飛田邦之氏)
解説は「下スレNo.365」に書きます、。(このスレッドは重いので)、。
鉢の大きさは、大体、画像は実物の8~9分のサイズになってます、。実物はあと1~2割大きい程度「直径14センチ、高さ13センチ、」程度です、。
by evian_th | 2010-10-31 01:02 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢
東洋蘭「手島揫二落款入り六角鉢」その②      No.366
b0034163_0555685.jpg

b0034163_056877.jpg

b0034163_0562165.jpg

b0034163_0563270.jpg

b0034163_0564518.jpg

b0034163_0565750.jpg

◆2010年11月1日、。     東洋蘭「手島揫二落款入り六角鉢」その②
                                            (所蔵:立岩信彦氏)
解説は「下スレNo.365」に書きます、。(このスレッドは重いので)、。
by evian_th | 2010-10-31 00:57 | 東洋蘭鉢・楽焼鉢・古鉢・ラン鉢



TOP写真風来記余剰苗掲示版リンク

Copyright(C) 2005 東洋蘭風来記 All rights reserved.